“マイホームのお金”を出したことを機に暴挙にでる義母... 追い詰められた「38歳妻が下した決断」【後編】

2022年07月03日 20時25分

マネー 恋愛 anan

38歳の佳織さんは、16歳年上の夫と結婚。義父母に援助してもらい義実家の敷地内のマイホームを建て、新婚生活を始めました。ところが転居をしてまもなく義母から「この家は私たちがお金を出して建てたようなものなんだから、その家にある物は私がどう扱おうが勝手でしょう」と言われ、佳織さんのものを勝手に捨てられるようになり、精神的に限界がきていたそう。今回はメンタル心理カウンセラーの並木まきが、義母の暴挙の数々に頭を抱えた女性のエピソードをご紹介します。

なんと夫はマザコン… 義母を止めるのは不可能に



夫に「義母に私の私物を勝手に処分や移動してしまうのをやめてもらいたい」と話した佳織さん。そのときの夫の反応は、佳織さんの想像を絶するものだったと言います。



「夫は『なんで? 母さんたちもお金を出してくれて建った家なんだから仕方ないじゃん』って言うんです。この夫の発言は、義母が言っていたこととまったく同じ理屈で驚きました。そして、夫も義父母とまったく同じ考えの持ち主なんだと知り、私は愕然としてしまいましたね」


私物を勝手に捨てると言う暴挙は、いかなる理由があっても許されることではないと考えている佳織さんに対して、夫はまったく共感をしてくれないどころか「母さんは悪くない」とまで言い切ったそう。


「母さんが捨てたいと思うような物を持っている君にも責任があるんじゃない?」とまで言われ、義母の行為を止めるのは不可能だと悟ったと佳織さんは話します。



「夫がここまでマザコンだとは思いもしなかったのでショックでしたね。でもその頃の私は、もう義母の行為を許せなくなってきていたので、そのあとしばらく悩んだのちに大きな決断をすることにしました」


夫にも義父母にも言わずに別居を決意



夫との話し合いから1か月半の間、佳織さんは義実家との関係に悩み続けましたが、悩んでいる間にも義母の佳織さんに対する行為はおさまるどころかエスカレートし続けていったのだそう。


最初は私物を移動したり処分するだけだったのが、その頃には佳織さんの行動にも難癖をつけてくるようになり、佳織さんは自由に外出することすらままならなくなってしまったとのこと。


義母からの過干渉について、その都度夫に報告しても、夫は「母さんがしたいようにさせてあげてよ」と言うだけで、佳織さんの気持ちに寄り添うことはなかったそうです。



「そんな生活をずっと続けていたら、心身共に疲弊してしまうじゃないですか。だから決断するなら早いほうがいいだろうと思い、私は家を出ることにしたんです」


そして佳織さんは、夫にも義父母にも言わずに友人の家に避難。すでに私物はかなりの量を処分されていたので、当面の間必要なものだけを持って家を出たとのことでした。



「家出をした私に対して、夫も義父母も罵倒するメッセージを送ってくるだけで、寄り添おうとはしてくれませんでした。義父母は『辛抱が足りない』って言うだけでしたし、夫も『わがまま』『自分勝手』と私を非難するだけでしたね。


そういう態度を見て、夫との結婚は間違いで、将来的に関係がよくなることもないだろうと思って離婚を決意しました」


佳織さんが離婚の意思を固めてからも、世間体を気にする夫や義父母はなかなか離婚に同意してくれなかったそうですが、佳織さんが「調停をする」と言った途端に事態が動き、協議離婚をすることができたと言います。



「夫が母親の指示にすべて従うような人だというのは、結婚前には想像もしていなかったです。むしろ私よりかなり年上だし、紳士的な人だと思って結婚しました。


ところが、義母が介入してきたことで夫の本性を知った感じでしたね。もしも義実家の隣に家を建てなければ、ひょっとしたら今でも夫とは普通に夫婦を続けていたかもしれません。


それほど結婚生活には義母の影響って大きいですし、改善したくても私一人ではどうすることもできなかったんです。


そのあと、夫はそのときに建てた家で一人暮らしをしていて、高齢になった義父母は施設に入ったと聞きました。私を介護要員として家庭に迎え入れたかったのかもしれませんが、それならもう少し大事にしてほしかったですね」


現在、佳織さんは素敵な恋人もでき仕事もプライベートも充実した毎日を送っているとのこと。将来的にまた誰かと再婚することも考えてはいるそうですが「もう二度とマイホームを建てる際には、義実家からの援助は受けません」と話していました。


義実家とのトラブルをきっかけに、夫の見えていなかった部分が見えてくる場合もあるようです。今回のケースのように、見えていなかった夫の一面が原因で協力が得られないとなると、妻一人で義実家とのトラブルを解決するのは難しいでしょう。ただ、お金に関しては親戚であってもトラブルの元になりかねないので、できるだけきっちりとしておいたほうがいいのかもしれません。


©maruco/monzenmachi/gettyimages


文・並木まき

anan

2022年07月03日 20時25分

マネー 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。