大した仕事もしていないくせに...一生許さない「モラハラ夫の卑劣な言動」3選

2022年01月21日 20時00分

お仕事 恋愛 anan

世の中には、モラハラ気質のある恐ろしい男性が存在します。その本質を見抜けずに、モラハラ男性と結婚してしまうと、地獄のような夫婦生活が待っているのだとか…。今回は、本性に気づかずモラハラ夫と結婚してしまった妻から、身の毛もよだつ体験談を聞いてきました。

「こんなマズい飯、食えるかよ」




「夫はもともと優しかったのですが、結婚してしばらくしてから豹変し、今では何かにつけて私を否定するようになりました。ある時、私が作った料理を一口食べて『こんなマズい飯、食えるかよ』とポツリ。ずっと我慢してきましたが、その発言がキッカケで、私の中で何かがプツンと切れて…。今は着々と、水面下で離婚の計画を立てています。


夫はとにかく外面が良いタイプ。交際期間も短かったので、結婚前は夫の本性に見抜けなかったんですよね。結婚は勢いも必要だけど、ある程度慎重になることも大切だなと思い知りました」(31歳/メーカー)


モラハラ夫は、妻を全否定する発言や暴言を繰り返し、平気で傷つけるようなことをします。そんな夫と一緒に暮らしているうちに、自己肯定感が低くなり、自信をなくしてしまう女性もいるようです。


そういう男性に限って、外面は良いタイプが多いです。そのため結婚前は、優しく紳士的なフリをしているので気づきにくく、結婚してみたらモラハラ男だった…というパターンをよく耳にします。


付き合っている相手に少しでも違和感を感じた場合は、一旦慎重になった方が良いのかもしれません。


「誰のおかげでこんな暮らしできていると思ってるの?」




「夫婦で揉めごとがあるたびに、夫が口にするのが『誰のおかげで、こんなにいい暮らしができていると思ってるんだよ。もっと俺に感謝しろよ』という言葉。確かに夫の稼ぎがよいおかげで、経済的には何不自由ない暮らしはできているのですが…。


私が少しでも不満を漏らしたりすると、そのセリフを言われるのでいい加減うんざりしています。友達からは『それってモラハラじゃない?』と言われるのですが、自分でもよくわからず悶々とした日々を過ごしています。


正直、彼の年収につられて結婚を決めたことは否めず、浅はかだったと後悔することもあります」(30歳/音楽関係)



「誰のおかげで生活できると思っているんだ」というのはモラハラ夫が口にしがちな常套句。自分より稼ぎの低い妻や、専業主婦の妻に対してこのようなセリフを放つモラハラ男性は非常に多いです。


例え夫の収入で暮らしが成り立っている場合でも、妻は妻で役割をこなしているはずなのに、そのような言葉をぶつけられてしまうのは辛いですよね…。


こちらの女性のように、条件ばかりに目が眩んで結婚を決めてしまうと、思わぬ結末に後悔することもあるようです。条件よりも、性格の相性や価値観の方が、夫婦生活を維持するためには重要なのかもしれませんね。


「大した仕事もしていないくせに」




「今はもう離婚していますが、元夫が典型的なモラハラ男でした。結婚当時は共働きだったんですが、家事は全て私の仕事。彼に協力してほしいと頼むと『俺の仕事の方がずっと大変なんだから、家事は任せるよ』の一点張りなんです。


でもある時、残業で私の帰りが予定より遅くなってしまったんです。帰宅すると、夫が先に帰っていて、夕飯がないことでかなり不機嫌でした。私が慌てて『仕事が忙しくて遅くなっちゃった。今すぐ作るね』と言ったら、『まずは“ごめんなさい”だろ!? 忙しいなんて言っても、大した仕事もしていないくせに…!』と怒鳴られて、絶句しました…。


そういえば結婚前のことを思い出してみると、女性を見下す発言がかなり多かったです。結婚してからは、妻の私を完全に下に見るようになったので、男尊女卑タイプの男性には注意が必要です」(33歳/小売)


日頃から周囲の女性を見下すタイプの男性は、結婚するとその矛先がすべて妻に向かうことがあります。あまりにも男尊女卑の気質が強い男性とは、結婚生活において苦労する可能性も。


このタイプは、女性が働くことに対して理解のないことが多く、妻が仕事を通して自己実現することに一切賛同してくれなかったりします。


また、モラハラ男性は気に入らないことがあると相手が悪いわけでもないのに、謝罪を強要することがあります。中には土下座しろと言われたことのある妻のエピソードも…。


以上、モラハラ男性と結婚した経験のある女性から聞いた、経験談を紹介しました。どれも耳を疑うような発言ばかりで、想像するだけで恐ろしい夫婦生活ですね…。


モラハラ男性との結婚を避けるためには、結婚前に相手の本質を見抜くことが非常に重要なようです。




©BUKET TOPAL/Gettyimages

©urbazon/Gettyimages

©South_agency/Gettyimages


文・小泉幸

anan

2022年01月21日 20時00分

お仕事 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。