実はいい夫になる...! 結婚後も幸せになれる「生涯共にすべき男性の特徴」

2021年12月20日 19時30分

結婚 男性心理 恋愛 anan

結婚は幸せになるためにするもので、不幸せになるとわかって結婚する人なんていません。でも、夫婦になって家庭生活を送るようになってから、「相手選びをしくじった」と気づくケースは後を絶たず……。離婚経験者が語る【幸せな結婚をするために避けたい人】の特徴とは?

「好きだから仕方ない」と許している部分がある



好きな人の欠点は“あばたもエクボ”に見えるので、ある程度は許せるはず。でも、本当は許せないレベルなのに、「好きだからまあいいか」と許している人は恋人止まりになってしまうでしょう。


なぜなら、恋心で自分の本音を何とかごまかして一緒にいるだけだから。好きな人を嫌いになりたくないと、かなり無理のあるイメージ補正がされているので、恋心が少しでも薄れれば「大好き」は瞬時に「大嫌い」に変わってしまいます。


冷静に考えれば、そのお相手には失望に値するマイナスポイントがあるのです。そして、欠点をスルーできるほど寛容な恋心はそう長くは続きません。恋人としてはまだしも、結婚相手には不向きでしょう。


生涯のパートナー選びにもっとも重要なのは、恋心のピークを越えても共に生活していけるかどうか。一緒にいるために恋愛感情で自分を鼓舞しなければいけない相手には、やっぱり限界を感じるはずです。


また、私は離婚経験者ですが、「子どもが生まれたら夫は変わるはず」「転職すれば気持ちを入れ替えてくれるだろう」という期待はほとんど期待で終わります。成人男性の価値観、人生観はまず変わりませんし、妻の気持ちを汲んで夫が変わる努力をしても1か月で元に戻ります。変わってほしいと思うところが少なく、ありのままを愛せる人を選ぶことが大切です。


一点集中タイプの彼女大好きマン



恋人同士であれば、彼女である自分よりも仕事や男友達を優先する彼氏に不満を抱くかもしれません。でも、結婚相手となると頼れる友人が多く、さまざまな方向に興味を持つタイプがいいでしょう。「奥さんが一番」と妻だけに執着したり、仕事以外に関心を持てなかったり、あるいは交友関係が狭く薄かったりする人は結婚後に頼りなさを覚えるはずです。


夫婦は唯一無二の味方としてタッグを組み、世間そのものと向き合い戦うコンビです。人生をたくましく生き抜くパートナーとしては、“武器”をたくさん持っていたほうが良いに決まっています。


視野が広く好奇心が旺盛だと、価値観が柔軟で物事を多角的に見ることができます。また、人が好きで友だちが多いタイプは困ったときに助けてもらいやすく、何もしなくても棚ボタ的ラッキーを受け取りやすいでしょう。


しかも、結婚して数年も経てば、夫婦でベッタリする機会は恋人同士だったころより減っていきます。妻としては「亭主元気で留守が良い」と思うようになり、意識が外に向いている夫とはちょうど良くバランスが取れるのです。


ただし、現実逃避するために外出してばかり……というのは本末転倒。私の元夫は結婚生活がギクシャクし出して家に寄り着かなくなり、問題を解決するための話し合いにも消極的でした。意識は外向けであっても、夫にはそもそも家庭を守り夫婦関係を良く保つことに前向きであってほしいものです。


真面目さより、受け流せる適当さが大事



真面目で誠実な彼氏は有力な夫候補になりますが、真面目すぎる人は逆に結婚生活でつまずきやすくなります。「こうしなければならない」と偏った思い込みにとらわれて身動きが取れなくなるでしょう。小さな失敗が命取りになるかもしれません。また、そういうタイプと一緒に生きていくのは堅苦しく、疲れることが多いはずです。


それよりは、「これでうまくいかなかったら別の方法を試せばいいじゃない。それでも失敗したらやめればいいんだよ」くらいにゆるい人のほうが、夫婦として長く一緒にいられます。つらい状況を迎えても気持ちがラクになり、悲観することなく前向きに日々を送れるでしょう。


人生は山あり谷あり。常識をしっかり守って生きることすら難しい場面もあるはずです。まっすぐ前だけを見ている人より、多少よそ見をしている人のほうが、トラブルの種に気づきやすく困難を乗り越える術に長けています。


しかし、私が離婚した元夫のように、問題の核心を見据えることなく「どうにかなるさ」と楽観するのは家庭が崩壊する元になります。適当であっても、物事の本質は見過ごさない人が夫としては理想的でしょう。


結婚は離婚しない限り永遠に続くもの


恋愛と結婚は違うとよく言われますが、一番の大きな違いは結婚が離婚しない限り永遠に続くものだということ。また、恋愛の判断基準は「好き・嫌い」であるのに対して、結婚の判断基準が「一緒に生活していける・いけない」である点も大きいでしょう。


婚活では、60代を迎えたときの結婚生活を具体的に考えることで、相手選びの基準が変わるかもしれません。夫にふさわしいのは男性として魅力的かどうかより、一人の人間として尊重できることが大事です。




©Letizia Le Fur/Getty Images

©Carina König / EyeEm/Getty Images

©Westend61/Getty Images


文・沙木貴咲

anan

2021年12月20日 19時30分

結婚 男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。