不幸な恋愛は終わらせました...女性が不倫沼から抜け出した方法4選

2021年08月30日 20時45分

浮気・不倫 恋愛 anan

不倫をしてドロ沼の状態に陥ってしまうと、そこから抜け出すことは難しくなるかもしれません。でも、「今のままでいるのはよくない」と感じているのなら、なんとかして自ら「不倫をやめよう」とすることが大切です。そこで今回は、経験のある女性たちに聞いた「不倫をやめることができた方法」をご紹介します。

「期限」を決めた




「いけないことだとわかっていながらも、彼のことが好きだからどうしても不倫をやめられずにいました。


でも、さすがにいつまでもこのままではダメだと思い、30歳までに関係が進展しないなら終わりにしようと決めたんです。


結局30歳を迎えても彼とは不倫関係のままだったので、別れました。32歳になった今は、違う男性と結婚して幸せに暮らしています」(30代・女性・不動産)


「いつかは奥さんと別れてくれるかも」なんて淡い期待をいつまでも抱いていると、不倫から抜け出せなくなってしまいます。


そのため、ズルズルと不倫を続けることに後ろめたさや不安を感じているのなら、はっきりと別れる期限を決めるのも1つの手です。「今年の秋まで」とか「年内いっぱい」とか、「30歳になるまで」などと区切りをつければ、無駄に不倫関係を引きずるようなこともなくなるはず。


「最悪のケース」を考えた



「私が上司と不倫をしていたとき、女友達も不倫をしていたのですが、友達は相手の奥さんに不倫がバレ、慰謝料を請求されることに。


それを目の当たりにしたときに、急にものすごく怖くなって……。


ちょうど仕事も嫌になっていたときだったので、転職して上司ともキッパリと縁を切りました」(20代・女性・IT)


もしも不倫がバレてしまったら、それ相応の代償を払うことになります。それによって人間関係が崩壊したり、仕事に支障をきたしたり、慰謝料を請求されたり、家族を悲しませることになったり……。


そういった最悪のケースに陥ってしまった場合を一度真剣に考えてみると、そのデメリットの大きさゆえに「もう不倫はやめよう」と思えるはずですよ。


「はっきりして」と迫った




「彼の『妻とはうまくいっていない』という言葉にまんまとのせられていた私。


ですが、一向に奥さんと別れる気配が見られなかったので、あるとき『奥さんと離婚するか、私と別れるか、はっきりして』と迫ったんです。


そうしたら『離婚はできない』と言われて……。その瞬間一気に彼への気持ちが冷めて、正気に戻りましたね」(20代・女性・ネイリスト)


2人の関係をこの先どうしていこうと考えているのか、きちんと相手に聞いてみると気持ちに整理がつけられるかもしれませんね。


「結局は遊び相手でしかない」ということが改めて分かることで、自分の中で諦めがつく可能性は高いでしょう。ただ、うまい言葉に乗せられてしまうと同じことの繰り返しになってしまうので、言葉ではなく男性の行動で判断することも大事ですよ。


すべてを「消去した」



「けじめをつけなきゃいけないのになかなかできずにいたら、不倫経験者の友人から『強制的に断ち切るしかないよ』って言われました。


連絡先とか思い出の品とかを全部捨てて、内緒で引っ越しもして、SNSも消去したら、そのまま自然消滅させることができました。


彼にはもう二度と会うことも連絡をすることもないと思います」(30代・女性・飲食)


終わりにしたいけれど終わらせることができないのなら、不倫に関係するものをすべて消去してしまうことが一番手っ取り早いのかもしれません。そうやって強引にでも関係を切ってしまえば、いつまでも不毛な時間を過ごさずにすむはず。


最初は寂しく感じるかもしれませんが、その気持ちはきっと時間が解決してくれるでしょう。


好きだからといってダラダラと不倫関係を続けてしまうと、時間だけがどんどん過ぎていくことに。


不倫がバレてとんでもないことになる前に、今回ご紹介した方法を参考に一刻も早く不倫から足を洗うことをおすすめします。



©Wavebreakmedia Ltd/gettyimages

©Drazen Zigic/gettyimages


※ 2021年8月30日作成


文・山田周平

anan

2021年08月30日 20時45分

浮気・不倫 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。