男性が誘いたくなる...! 気になる彼に効果抜群の「引きアプローチ」

2021年05月24日 20時00分

男性心理 恋愛 anan

好きな人ともっと会いたいけれど、ガツガツして嫌われるのは怖い。とはいえ、「彼のほうから誘ってほしい」と気長に待つのはじれったいはず。そんなときは一歩引いたアプローチがいいでしょう。

サインを出すだけでいい



好きな人と会いたくても誘われないとき、自分から誘っていいのか迷うことがあります。会いたいと言って断られたらショックですし、もし断られたら二度と自分からは誘えないとビクついてしまいますよね。


であれば、「誘ってもいいよ」というサインを出すだけで大丈夫。主導権はあくまで彼に与えて、自分は受け身のスタンスを取ります。たとえば何日の何時は空いているとか、行きたいお店を伝えるとか、すでにある程度の付き合いがある相手なら『誘って』と冗談っぽく言って彼の反応を見てみるのもいいでしょう。


「好き」は透けて見えるくらいがちょうど良い



ほぼ自分から誘うような感じになっても、はっきりとしたデートの申し込みをしない限りは、スルーされてもあまり気にしないことが大事。目的は彼に気づかせることなので、望み通りのリアクションがもらえるまで何度でもトライできます。実際に、男性は女性よりも鈍いところがあるので匂わせるような引きアプローチに気づかない人もいるはずです。


もし、こちらの恋心を察したうえで明確なお断りがあったなら、そもそも匂わせただけなので、「そうなんだー」「やだなー、冗談だよ」といった切り返しができます。また、そうした切り返しをすることで、フラれた自分をフォローすることもできるでしょう。


男性の本音




「こっちから誘っていいのかどうかは正直迷う。女性のほうから少しでも積極性を見せてもらえると『誘っていいんだ』と自信が持てる」(35歳男性・経営者)


コロナ禍ではいろいろな意味で誘いにくくなっているので、女性側からOKサインが出れば、男性も動きやすいようです。たとえば、一対一で会ったことがない相手であれば、個人的にLINEやダイレクトメールをするとか。それも『元気?』などのひと言をポンと投げるのではなく、お互いの共通点や過去に話したことをきっかけに、きちんとしたやり取りができるとデートにつながりやすいでしょう。


というのも、男性は何となくでも脈を感じる女性には真剣交際の可能性を探るため。ノリと勢いだけで会う女性はそもそも本命視しませんし、軽く見られてしまうのです。



「連絡をもらえただけでは脈アリと思わない。個人的に連絡をもらっても用件がなく、いきなり『最近どう?』とだけ言ってくる人は警戒してしまう」(35歳男性・経営者)


好きな人とまだ距離がある場合は、仕事でも趣味でもきっかけを見つけて話しかけるのが良いようです。会話のラリーが続くなら、それだけで「二人きりで会いたい」と思う男性もいます。


控えめであっても前に出るときは出る


肉食すぎると引かれるかもしれませんが、ずっと受け身でいるのも曖昧で男性は困ってしまいます。大切なのはメリハリをつけること。


きっかけは引きのアプローチであっても、彼が乗り気になったらわかりやすい積極性を見せるといいでしょう。彼に「仲良くなれそう。いける!」と確信させれば、向こうからガツガツと来てくれるはずです。




©Luis Alvarez/Gettyimages

©Westend61/Gettyimages

©Hero Creative/Gettyimages


文・沙木貴咲

anan

2021年05月24日 20時00分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。