彼女より友達優先!...タイプ別「優先順位ぐちゃぐちゃ彼氏」の特徴と対策 #110

2021年03月04日 22時30分

男性心理 恋愛 anan

彼が私を大切にしてくれない! なんだか私って、愛されていないかも! そう思ったら、もしかしたら彼の中での人間関係の優先順位がおかしなことになっているかもしれません。彼女をイラつかせたり病ませてしまう男性に共通する、人間関係の優先順位ぐちゃぐちゃ男子の傾向を3つご紹介します。

【おおしまりえの恋愛道場】vol. 110


恋愛より友達優先! 彼女を病ませる優先順位ぐちゃぐちゃ男性の3パターン



彼ともっと仲良くしたいのに、なんか尽くすほど雑に扱われてるかも。私って大事にされてないかも。もしかして彼はもう私のことが好きじゃないのかな…。なんて不安を抱えて恋愛している女性はいませんか。


実はそれ、彼の中での人間関係の優先順位がめちゃくちゃだから起きているのかもしれません。そもそも私たちは、「仕事か恋愛か」といった、物事の優先順位については敏感に考えるものの、人同士の優先順位についてはあまり考えを巡らせません。また、おかしいと思っても、嫌われるかもと思って我慢してしまう傾向があります。その結果ダメになってしまう恋愛を筆者はたくさん見てきました。


もちろんこの人間関係の優先順位は、女性でも男性でもおかしな人はたくさんいるのですが、今回は特にパートナーを大事にしない男性によくある、優先順位ぐちゃぐちゃ男のタイプを3つご紹介します。後半ではこういった優先順位がおかしくなった関係を改善させるアプローチについても紹介します。


彼女が病んでいく、優先順位ぐちゃぐちゃ男の3パターン


私って大事にされていない 彼との未来が見えない 好きなのに一緒にいるとツライ

こんな風に思うなら、彼の中であなたの優先順位がどこにあるのか、ちょっと考えてみましょう。今の恋愛がうまくいかない原因や対策が、わかってくるかもしれません。まずはよくある3つのケースから紹介します。


家族もしくはお母さん優先!


独身の男性にも時々いますが、結婚後の男性によくあるケースとして聞くのが、この家族第一優先な男性たち。いきすぎたものはマザコンなんて呼ばれますが、もっと複雑なタイプも存在します。


例えば父親にコンプレックスを抱きすぎて、いつも父親と張り合い続け、そして超えることを第一優先にして仕事に邁進しまくる男性が過去にいました。

これって気づきにくいものの、本質は彼女よりも父親への歪んだ愛や傷ついた心を優先しているから起きています。


わかりやすくきょうだいや母親を優先していくだけでなく、過去に抱いた家族への特別な感情を優先することも、家族を優先しすぎるケースとして当てはまります。


友達優先!


男性の中には(女性の中にもいますが)、ハタから見ると「いい男」に見えても、付き合ったら全然ダメなタイプというのが存在します。その典型が、彼女より友達優先タイプ。例えば彼女とのデートより、友達との約束を優先してねじ込む人とかがわかりやすいでしょう。


過去に取材したなかでは、彼が友達のペットを溺愛しており、彼女との時間より友達のペットに会いにいく時間ばかりを確保するという悩みを聞きました。

ペットと聞くと微笑ましいものの、当の彼女はブチギレ気味で、ペットと言いつつ実は浮気している可能性があると疑いを抱いていました。


友達を過度に優先する傾向は、女性よりも男性の方に多い印象です。これは複数人での人間関係の意味合いが、男女で少し異なることに理由があります。


女性が思う複数人でのグループ関係がいわゆる「コミュニティ」のような、ゆるいつながりであるのに対し、男性同士の場合それは目的がなくても「チーム」になりやすく、結束力が高かったり、自分の役割や、いる意味を見出しやすいといった傾向があります。つまり、彼女とのつながりよりも、チームとして求められる自分を、優先順位の上にあげてしまうから起きるのです。


いつだって自分優先!


最後にご紹介する自分優先についても、男性に限った話ではありません。また、普段の生活ではむしろ自分をある程度優先しないと心が疲れてしまうので、ダメなこととも言い切れません。しかし恋愛では100%自分のルールやペースを優先していると、あっという間に相手との関係は悪くなります。


自分を優先しすぎる男性によくある実例は、彼女がデートしたいとか電話したいとか言ったとしても、常に自分のしたいこと、自分のリズムを優先する男性です。って、これ、女性にも多いんですけどね。また、わかりにくいケースでいえば、同棲したら自分ルールを押し付ける人とか、頑なに自分の暮らしやすさを優先をする人も自分優先と言えるでしょう。


自分を優先しすぎる人の根底には、強い自立心が隠れています。自分が正しい。全部自分でできる。ゆえに自分のペースを乱すものは余計な存在。くらいに思っています。ちなみに多くの人は年齢を重ねるほど、経験によって自立心は高まっていくので、意識しないと「自分絶対優先」の傾向は強くなりがちです。


優先順位ぐちゃぐちゃ彼氏は、自分を見つめるチャンス



3つの優先順位ぐちゃぐちゃ男子についてご紹介しました。どれも仕組みや対象は異なりますが、解決をしていくには、その場その場で問題に対処するより、もう少し深い部分にも意識を向けて見たほうが良さそうです。


ここでは2つの解決へのヒントをご紹介します。


無理に理解を示しすぎない


相手が好きだと、どうしても違和感を覚えてもぐっと我慢し、相手に合わせてしまうことってあると思います。でも、こうして無理に理解を示しすぎると、自分の中での不満感も溜まるし、相手は相手でその関係性が当たり前になっていくしで、良いことがありません。


なんとなく好きという気持ちでごまかして理解を示す前に、不満感があるという状態をしっかり自分で気づき、そして気持ちを感じたうえで、相手を優先するか自分の希望を優先するかを考えてみましょう。


自分は大事にされないのが当たり前だと思ってない?


心理学の世界では、自分に見える世界というのは、自分の思い込みが現れたものだといわれています。例えば自分はブスだと思っていたら、自分から見える世界は、「自分はブス」という思い込みを裏付けるような出来事や言動を意識的に拾ってしまいます。


彼氏の優先順位がめちゃくちゃな場合、実はあなた側には「自分が大事にされるはずない」といった思い込みがあり、無意識に大事にされない態度を取っているかもしれません。


その結果、彼が本当にあなたのことを雑に扱ってきているのかもしれません。「自分は大事にされるはずない」。この言葉を、自分に一度聞いてみるところから始めましょう。


人間関係の優先順位がおかしい人は、だいたい恋愛でトラブルを起こします。なぜなら、恋愛というのはパートナーを優先順位の1番に起き(常にとは言いませんが)、お互いきちんと向き合うという約束を交わす関係性だからです。


片方がパートナーに向き合おうとしているのに、もう一方が違ったら、温度差に揉めるのは当然ですよね。彼の態度に不満や悩みを抱えている人は、少しその仕組みや解決策について考えてみると、2人にとってより良い関係が見えてくるかもしれません。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト


10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。




©EmirMemedovski/Gettyimages

©Estudio13G/Gettyimages

©Tomas Rodriguez/Gettyimages


文・おおしまりえ

anan

2021年03月04日 22時30分

男性心理 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。