「何歳までに結婚」は危険な思考!?...ダマされやすい女性の特徴

2020年09月17日 20時30分

結婚 恋愛 anan

現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、結婚詐欺に遭った26歳女性。三松先生が、結婚願望を抱く女性が忘れがちな重要ポイントをお伝えします!

文・三松真由美


【レスなひとびと】vol. 89


日富美(26歳)危機予測レス。なんも考えずリスキーな結婚に向かい、ギャン泣きするはめに。



「ひふみんは、結婚したい病だからね。結婚詐欺には気をつけなよ」


大好きな女子友、芽依がレモネードを飲みながら諭してくれる。日富美は女子校時代から芽依に憧れて大人になった。芽依のファッションをまねしたり、芽依の文房具とおそろにしたり。就職も芽依のアドバイスどおりキラキラ雑貨のチェーン店。親よりも芽依の言うことを信じている。


好きになった男子もまず芽依に紹介し、ダメ出しが出たらバイバイしてきた。いま、彼氏はいないが、“結婚したい病”のため、マッチングアプリやネット婚活に励んでいる。


そんな日富美の前に、突如現れたアスリート系さわやか青年。チーママが客同士をマッチするお見合いスナック『PICORO』で知り合った。彼の名は三郎。日本のスポーツ選手のリタイア後のキャリアを応援する会社を作りたいと、夢を熱く語る。何度か一緒に飲みに行く。そして、エッチ4回済み。


日富美の“結病”が重篤化したのは言うまでもない。今回は芽依に会わせてNG出るのが嫌なので、紹介はしない。それほど、自分を信じている。


「芽依、三郎くんと結婚するよ。運命の出会いなんだ。将来のことちゃんと考えてるし。日本に貢献したいって」


「ひふみん、出会って3か月そこらで結婚決めちゃダメよ。危ないよ。裏の顔があるかも」


「ないない。三郎くんは日本に元気を与える正義の味方だよ。細マッチョで、エッチも…すてき」


芽依は「日本を元気に」なんて言うやつはビッグマウス男だ、住所調べろ、履歴書もらえとうるさく言うが、日富美のスマホは式場の検索履歴でいっぱいだ。


恋愛気分上昇中の日富美に三郎が笑顔で頼む。


「クラウドファンディングで集めた資金があと180万足りないんだ。ひふみん、出資してくれないかな。この事業がうまく走り出したら、一緒に住もう!!」


“結病”とは恐ろしいもので、思考力を鈍らせる。ネットバンクに貯金していた201万の残高が21万に一瞬で変貌。


その後の展開は、悲惨なものになった。芽依に抱きついて、泣きじゃくる日富美。背中をさする芽依。


合掌。

【三松さんからのコメント】

「日本人の意識調査」(平成30年調査/2751人)では必ずしも結婚する必要がないと答えた人が約7割。恋人がほしいと思っていても婚活する人は25%未満と言われています。


マッチングアプリが盛況なようですが、“結病”女性はそれほど多くはない。わたし、プライベートで若年未婚女友達と遊ぶたび、その中のひとりに「彼氏紹介してください」と言われています。彼氏=人生を彩る異性のフレンド、という感覚です。でもって気に入れば入籍が理想…的な。


でもでも、ひふみんのような“結病”女性も確実にいますね。そんな方々は「結婚なんて勢いでするもんです」「直感が鋭くないと運命の相手を見逃す」と申すのですが、その考え方がリスキーだ。勢いは大事ですが、危機予測能力も備えておかないと、何かを失う。


昨年、婚活歴10年、35歳でやっと理想の相手が現れて結婚パーティをした女性がいます。彼女は理想が高かったので、相手の欠点を見つけると結婚に踏み切れなかったのです。そのうえ「35歳までに!」の“結病”でした。この目標設定が仇になり、危機予測能力が消失。2か月未満で離婚騒動。ただいま、争っています…。いつの日か、このお話もお伝えしましょう。


「結婚への憧れも、目標設定も持ってるほうがよいけれど、危険予測センサーは常に作動させとかないと最高に悔しいことになる」


三松 真由美

恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にHanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。コミック『「君とはもうできない」と言われまして』(kadokawa)好評発売中。




©fizkes/Gettyimages

anan

2020年09月17日 20時30分

結婚 恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。