“多分付き合っている”はアウト!「実は遊んでるだけ」の男の特徴

2019年11月14日 21時00分

恋愛 anan

デートもエッチもするけれど、ちゃんと付き合っているのかどうかわからない彼。「彼氏みたいな人」との関係は曖昧すぎて、うまく表現できないかもしれません。ただ、そんな彼のことを本気で好きなら中途半端な付き合いはやめたほうがいいでしょう。彼の本音を聞き出して、本気で好きにさせる必要があります。

文・沙木貴咲


彼氏がいるのかどうかを聞くと、「彼氏みたいな人はいる」「たぶん付き合ってると思う」と答える女子がいます。それは付き合う一歩手前の状態なのかと思いきや、仲良くしていながらも正式に彼女と認められていないことがほとんど。いわゆる曖昧な関係になっているのですが、そこから本気の恋人同士になれるんでしょうか? 男性の本音から探ってみます。


「彼氏みたいな人」の本音



彼氏みたいな人と表現するのは、「彼氏になってほしい」という願望が少なからずあるから。でも、女性はそう思っていたとしても男性はどうなんでしょう?



「一緒に遊ぶにはいいけれど彼女にするのは違う、という子はいる。好きな人がいない時はひとりでご飯食べるのが寂しいし、人肌が恋しくなったりもするから、そういう時に声をかける子はいる」(29歳男性:飲食店勤務)


お互いに性格や趣味が合えば、毎週末を一緒に過ごしたり、ショッピングに出かけたりすることもあるようです。そんな付き合い方が続くと、『たぶん付き合っている』と思うようになるのは当然かもしれません。ただ、恋人同士みたいなことをしていても、男性が本気じゃないとただの痛い思い込みになってしまうわけで……。



「男は本気で惚れた女性には、『好きだ』とか『付き合って』と言うことが多い。ちゃんと言うことで彼女を自分のものにできるし、言わないと他の男に取られるんじゃないかと不安になる」(31歳男性:アプリ企画制作)


つまり、彼氏のようなことはしても付き合いたいと言ってこない男性は、都合のいい女がほしいだけということ。たとえ体の関係があっても、男性からすれば女友達という感覚しかないのでしょう。それはもはや彼氏みたいな人というより、セフレと表現したほうが合っているかもしれません。


本気の恋になりかけている可能性は?



一緒にいることが多いけれど恋人関係と言いきれない場合、男性が真剣交際を望んでいて告白のタイミングを探っているだけ、という可能性はないんでしょうか?



「大学時代に、友達関係が長く続いた後でちゃんと付き合うようになった彼氏がいる。でもそれは、恋愛があまり上手じゃない年頃だったからだと思う。社会人になってこなれてくれば、男の人は本気だと曖昧にしないし、中途半端に仲良くする人はヤリたいだけだと思っている」(31歳女性:総務)



「恋愛経験が多くない男性はアプローチが下手だから、付き合うまで時間がかかる。4回、5回デートしてもホテルに誘わなくて、焦れてこっちから誘うと慌てて告白してくるとか。でも、そういうタイプは真面目で臆病だから遊びの可能性は低い」(27歳女性:営業事務)


年齢が若いとか、恋に奥手という男性は、本気で好きでも自分の意志をハッキリできず曖昧な状態に陥ってしまうのでしょう。ただ、こういうタイプは体の関係が先行することがほぼないので、会うたびにセックスをするのに何も言わないという男性は違うはず。やっぱりセフレになっている可能性があります。


「彼氏みたいな人」は彼氏になる?



女友達やセフレとしか見ないからこそ、男性は曖昧な関係に甘んじているわけで。中途半端な付き合いを続けるだけでは、本命彼氏にするのは難しいでしょう。


ただ、絶対にムリではないので、努力と工夫次第で本気で好きになってもらうことは可能です。「一緒にいるのがラクな存在」「セックスが気持ちいい相手」だけでなく、彼が興味を持って目が離せなくなる魅力を作ることが大事。外見はもちろん、内面を充実させることは欠かせないでしょう。


たとえば、仕事や趣味に夢中になってみるとか、習い事を始めてみる、今まで目を向けたことのないジャンルの本を読んだり、映画を見たりするということも良さそう。これらは恋愛にまったく関係ないのですが、自分の人間性をより豊かにすることで男性からの注目度は変わるのです。逆を言うと、内面に物足りなさがあることが、本命彼女に見てもらえない理由になっているのだといえます。


自分が充実している女性は男性の目に輝いて見えます。都合のいい女として軽く扱うのがもったいないと思われるようになるでしょう。




©Tim Robberts/Gettyimages

©Oliver Rossi/Gettyimages

©Oliver Rossi/Gettyimages


anan

2019年11月14日 21時00分

恋愛 anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。