なぜ...男が「3回目のデートに彼女を誘わない」理由 ♯102

2019年03月07日 21時00分

デート 恋愛 anan

ちょっとイイ感じの異性とのデート。2回目のデートまでは順調だったのに、3回目のデートの約束がこない……。こちらから誘ってみても、具体的なスケジュールをもらえない! これってどういうことなんでしょう? 今回は男性意見を交えた、3回目のデートへのアプローチ方法をご紹介します。

イラスト・角侑子


3回目のお誘いが来ない理由


【リアルな夫婦生活】vol. 102


2回もデートに行ってお互いに「楽しかった」と言っているにもかかわらず! なぜ、3回目でぱったりデートの予定がなくなってしまったのでしょうか。そのことについてライター・角の身近にいる男性陣に理由を伺ってみました。



「1回目のデートはお試し。2回目のデートは印象の再確認。3回目まで付き合うつもりはない。っていうことで、脈ナシだと思う。僕の場合は、だいたい初対面で付き合えるか・付き合えないかが決まっているから。もしかしたら1回目でナシだと思っても、2回目ではアリになるかもしれないと思って会う。だけど2回目でナシだと判断したら必要以上に会うことはもうないよね。よほど何かがない限りは難しい」(営業 34歳)



うっ……。キツイ言葉だけど、確かにそうかもしれませんね。2回目のデートでナシだと思った理由などは人によって違いますし。ただ、3回目から積極的に連絡をしないということで暗にフェードアウトを狙っているという可能性があるみたいです。なんとかそこから起死回生する方法はあるのでしょうか。

LINEで関係を構築しなおす


2回のデートで相手が自分のどこを見て恋人候補から外したその真意は本人しかわかりません。それを無理に「どうしてデートしてくれないの?」としつこく聞くのは逆効果なので気をつけてください。デートのお誘いがないだけでなく、こちらから提案しても曖昧に交わされてしまう場合はいまは無理に会おうとしないほうが良さそうですね。


代わりにLINEを使って仲良くなりましょう。LINEであれば、お誘いを断るほどのストレスはかからないし、返したいときに返せるので相手にとってそこまでストレスではありません。相手にとって興味のある話を意識的に投げかけると、彼にとってもLINEのやり取りが楽しくなるかもしれません。


LINE上での話題を増やせば必然的に、二人で会うきっかけ作りもできるので距離感を測りながら、アプローチを続けましょう。

友達枠を超えられない場合は……


LINEを通じて仲良くなれたからといって、必ずしも相手が恋心を持ってくれるとは限りません。というのも、女性は男性と信頼関係を築いていく段階で相手のことを恋愛対象として見直す傾向がありますが、男性は第一印象の段階ですでに恋愛対象としてアリかナシの判定をしています。


3回目のデートでお誘いがなかった場合、つまり一度恋人としては「ナシ」と判定された場合、それをくつがえすことは容易ではないことを心得ておきましょう。


とはいえ、当初はもしかするとアナタの人間性を誤解していて、関係性を築いていくうちにその不安要素が払拭されたから恋心が芽生えた……というケースもあるので、諦めずにできる範囲でアプローチをしていくことをオススメします。


それでもなお、友達枠を超えられないと判断した時は、執着しすぎても時間の無駄と捉えて次に好きになれるパートナーを探すよう方向転換を。

追いかけすぎないのも大事

男性と女性では考え方も、距離の取り方も全く違いますよね。その全く違う考えを探りながら恋の駆け引きをしていくのが恋愛の醍醐味でもありますが、あまり脈のない相手を長い時間追いかけ続けるのも気持ちが疲れてしまうだけかもしれません。


デートを重ねても進展がない、良いところまで行ったのにフェードアウトされている気がする。そんな時は、自分の大切な時間を使ってまで、追いかけたいほど魅力的な相手かどうかを今一度見直して、ご自身にとって良い判断をなさってくださいね。








♡ 足立梨花&生駒里奈サイン入りエコバッグが当たる!anan×COOL CHOICE Twitterキャンペーン


anan

2019年03月07日 21時00分

デート 恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。