横にいるだけでムラムラする!? “オス”を目覚めさせる女の秘密

2018年08月29日 18時30分

恋愛 anan

セックスの回数が減ってきた……。以前は会う度に彼から激しく求めてきたのに、最近はいいムードになっても、彼のアソコの反応が鈍かったり、愛撫も少なく、ワンパターンのセックスで終わってしまったり……。そんな状態が続くと「もう女として見られていないかも?」と不安になってしまいますよね。付き合った頃のように熱く求められるためには、すっかりおとなしくなっている彼の“オス”の部分を目覚めさせる必要があります。彼の「エッチしたい!」という本能を呼び覚ますには、ある重要なポイントが2つあるのです。

文・遠藤加奈 PR・ LCラブコスメ


彼をムラムラさせるのは「特別な香り」



彼を興奮させようと、彼をストレートに誘おうとする女性も多いようですが、実はこれは逆効果。男性には元々“狩猟本能”が備わっており、自分で獲物をゲットしないと満足できない人が多いと言われています。では、彼が飛び付きたくなる“獲物”に自分がなるためには、どうしたらよいのでしょうか。


まず1つ目のポイントとなるのが、“香り”。

人間の五感の中では、嗅覚だけが脳の本能をつかさどる部分と直結しています。嗅覚を刺激した情報は、脳の“理性的に考える部分”を通らずに、一気に“感情的に感じる部分”へ伝わるのです。しかも、そのスピードはなんと0.2秒以下と言われています。つまり、“香り”を上手に使いこなせば、瞬間的に彼の感情に直接アプローチし、あれこれ考える前に自然と彼のムラムラを呼び起こすことができるかもしれないのです。


実際に、LCラブコスメが男性に行った香りに関する調査で、「香りをかいでエッチをしたくなったことがある」と答えたのは92%! やはり、男性は嗅覚で本能的にムラッとしてしまうことがあるのです。


しかし、どんな香りでもいいわけではありません。男性がムラッとする“香り”とは、清楚さと無防備さを想像させる、“特別な香り”なのです。





そこで、この“特別な香り”をまとって彼の本能を急激に目覚めさせた、女性たちのエピソードをご紹介します。




「胸元と太ももに“特別な香り”を1プッシュして職場に行くようにしたら、男性から声をかけられる機会が増えました。また、夫からは『最近、色気って言うか……フェロモンが半端ない!毎日でも抱きたい』と言われました。普段そういうことを言わない人なので、正直ビックリです。夜も胸元と太ももに1プッシュしておくことで、普段より長く愛撫されるようになり、お互いにとても気持ち良いエッチができるんです」みき(仮名)33歳/パート



「“特別な香り”をつけた夜、ベッドに夫と座って喋っていたら、夫がいきなり私を押し倒して胸を触ってきたのです!そのままパンツの中に手を入れられ『ズボンが邪魔で触りづらいなぁ、脱いで』って言われました。普段、セックスに消極的な夫の言葉とは思えませんでした。挿入してからフィニッシュまでも、いつもより長くて、これは“特別な香り”が、夫のスイッチを入れるきっかけになったとしか考えられませんでした」さくら(仮名)32歳/パート


※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。





彼女たちが使っていた“特別な香り”とは、LCラブコスメの『リビドーロゼ2018』。男性に女性として意識させ、彼の“オス”の部分を刺激するベッド専用香水です。





“特別な香り”の秘密は、約80種類もの香り成分を組み合わせた、LCラブコスメ独自の配合にあります。フェロモンを意識した「オスモフェリン」やセクシャルな気分を高める「イランイラン」など、男性をムラムラさせる香りを絶妙に組み合わせているのです。


使い方はカンタン。デートの前やベッドに入る前に、内ももや胸の谷間など、彼が顔をうずめたくなる場所にシュッとひと吹きするだけなんです。まるでお風呂上りのような“特別な香り”で本能を刺激された彼は、あなたを求めずにはいられなくなるはず。ただし、この『リビドーロゼ2018』は、本命ではない男性の本能も目覚めさせてしまうかもしれないので、ここぞという場面以外での使用は控えたほうがいいでしょう。


とはいえ、“特別な香り”を使って彼をムラムラさせても、まだまだ油断は禁物です。服を脱いだときに、同じ嗅覚によって彼の興奮が一気に冷めてしまう可能性が残っているのですから……。





彼を夢中にさせるのは“清潔感”のあるカラダ


せっかく嗅覚で彼の本能を呼び起こしても、同じ嗅覚のせいで、すぐに淡白な彼に逆戻りしてしまうことも。特に注意したいのが、女性のデリケートゾーンの臭い。どんなに好きな相手でも、独特のあの臭いは受け入れ難く、それがトラウマになってしまう男性もいるのです。





男性の多くは女性に対して清潔なイメージを抱いているので、デリケートゾーンの臭いは男性にとってマイナスの印象が大きいようです。


また、デリケートゾーンの黒ずみも同様です。男性に不潔な印象を与えてしまうだけでなく、「この子、結構遊んでるのかも……」と誤解されることも。


そんな誤解を抱かれたままでは、彼からセックスに誘われなくなってしまうのも当然と言えるでしょう。


やはり、彼に「ずっとこの子を抱き続けたい」と思わせるためには、“デリケートゾーンの清潔感”を保つことは不可欠。日頃からデリケートゾーンのケアをしておくことは、彼に対するエチケットでもあります。


そこで、清潔なデリケートゾーンを保つことで、セックスに劇的な変化があった女性たちのエピソードを見てみましょう。



「デリケートゾーン用の石鹸でケアを始めたら、彼の舐め方が明らかに変わりました。『あれ?いつもならもう終わってるはずなのに。そんな舐め方今までしなかった……』そんなことを思ってるうちに、普段よりも大きな快感の波に襲われました。いつもより長い時間をかけて丁寧に舐めてくれるようになったんです!」あやめ(仮名)28歳/製造業



「彼は私のアソコをいつも舐めてくれますが、デリケートゾーン用の石鹸を使いはじめてから、ラブタイムでは今まで以上に丁寧に舐めてくれるようになりました!『美味しい、ずっと舐めていたい』『何かケアしてるの?』と、私以上に私の変化に敏感でした(笑)毎日使っているので、急なラブタイムでも気にせずイチャイチャ出来ます♡」ゆずき(仮名)26歳/スタイリスト





彼女たちがデリケートゾーンのケアに使っていたのは、LCラブコスメの『ジャムウ・ハーバルソープ』。「ジャムウ」とはインドネシアで古くから伝わるハーブで、3分間の泡パックで臭いや黒ずみの元となる汚れを包み込み、洗い流すデリケートゾーン用石鹸です。





着色料や防腐剤、石油系界面活性剤などの添加物は不使用。デリケートな部分もやさしく洗えます。


3分泡パックの方法は、泡立てネットでもっちりとした泡を作り、デリケートゾーンにのせるだけ。3分後に洗い流せば、古い角質汚れが洗い流され、すっきり爽快です。


ニオイだけでなく、黒ずみの元も一緒に洗い流せるので、肌の透明感もアップ。バストトップやワキなども同時にパックすれば、臭いや黒ずみが気にならない、清潔で美しいカラダを目指せます。





彼の“オス本能”が目覚めるアソコのケアと特別な香り



彼がだんだんとセックスに淡白になっていくのは、単に付き合いの長さだけでなく、女性側に原因があることも。「彼からの誘いが減った」「以前のように横にいるだけで彼がムラムラしない」と感じたら、まず自分のカラダをチェックしてみましょう。


いつまでも彼から熱く求められ続けるために、日ごろから『ジャムウ・ハーバルソープ』でデリケートゾーンのケアを。そして「ここぞ!」というときに『リビドーロゼ2018』の香りをまとって彼の“オス”のスイッチをオンにしてください。


女性として必要不可欠な清潔感と色気を保ち続ければ、彼は飽きることなく「何度でも抱きたい」と、あなたを求めてくるはず。“オス”の本能が研ぎ澄まされた彼と、いつまでも濃密な時間を過ごしていきませんか?


「LCラブコスメ」は、女性が運営している女性のためのヘルスケアブランド。誰にも相談できない恋やカラダのお悩み解決をサポートをしています。「ラブコスメ」で検索すれば、あなたにぴったりのアイテムが見つかるはずです。





【参考】

LCラブコスメ-ベッド専用香水『リビドーロゼ2018』


LCラブコスメ-デリケートゾーン用石鹸『ジャムウ・ハーバルソープ』


LCラブコスメ-【個数限定】リビドーロゼ2018&ジャムウ・ハーバルソープ特別セット


【関連記事】

・初セックスで決まる!? 「一夜限りの女」と「何度も抱きたい女」の決定的な違い


・今すぐ抱きたい…!クールな彼を「一瞬で欲情させた」女の秘密


・イクまで止まらない…!彼のクンニ時間が長くなる「美しいアソコ」の作り方


・92%の男性がムラッ…彼を欲情させて、セックスに導く2ステップ


anan

2018年08月29日 18時30分

恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。