【歌以外で男子を虜に…】カラオケで「ドキッとさせる」テク3つ

2017年07月09日 19時45分

恋愛 anan

最近カラオケ行ってますかー? 一時ほど流行はしていませんが、なんだかんだ三次会などで盛り上がれるカラオケ。デートならばふたりきりになれるカラオケ。以前ほど頻繁に行かなくなったため、行くときには思いっきりドッキンと好印象を与えたいですよね。……でも私、超絶オンチなんです~ぅ。という子のために今回は、“歌は上手くないけど……カラオケでドキッとさせるテク”をご紹介します。

文・塚田牧夫


「いぇーい!」タッチ



カラオケというのは、下手な人ほど“歌いに行く場所”と勘違いしていますが、どちらかというと、“歌を聴きに行く場所”。しかも知人のたいして上手でもない歌。これにできる限り、ノリノリで反応できる人が“カラオケ上手”。


歌が上手いのは重宝されますが、そこまで求められるものではありません。そこでおすすめなのが、曲の終わりに「いぇーい!」と盛り上げること。


曲の途中で、「フゥ! フゥ!」など合いの手を入れるテクもありますが、歌が下手な人はリズムをとるのも苦手だと思いますので、おすすめしません。


歌の終わりに「いぇーい!」と盛り上がりながら、両手を挙げてハイタッチをパーン! なんだかんだボディタッチ効果がありますので、軽く“ドキッ”とさせられることができるでしょう。ボウリングと同じですね。



スカートでジャンプ



さらにノリノリの曲になったら、ぜひ使ってほしい大技は“思わずジャンプ”。これはとくにスカートでして欲しいところです。


激しい曲にノリノリになって思わず飛び出たジャンプで、スカートがふんわり。「おぉ!?」と男子の視覚はスローモーションに……。


ギリギリの絶対領域と、ほんのり起こる風から香る女子っぽいニオイに、これまた“ドキッ”を演出できるでしょうね。



決めポーズ、バキューン!



いよいよ自分が歌う番。とはいっても下手だったら、振り付けで誤魔化すしかないですね。


ダンスに自信があるのならば、もはやマイクを持っている意味があるのだろうか……と思われるような激しい動きをするのもアリです。はっきりいって、歌が上手いよりも踊りが上手いほうがセクシーですから。


もし「踊りには自信がないです」という子でも、アイドルが歌うような邦楽の振り付けならば、ちょっと練習すればできるはず。実際の振り付けを完コピしても、それはそれで知っている相手だと盛り上がるでしょうが、オリジナルで付け足すのもオススメ。


とくに曲の最後に“バッキューン”とお目当ての男子を狙いうちするような拳銃ポーズは、かなり効き目があります。フィギュアスケートのキム・ヨナ選手が007のテーマで最後に決めたポーズですね。これで狙い撃ちされた男子は、周りのヒューヒューの影響もあり、“ドキドキッ”は避けられないでしょうね。


カラオケでドキッとさせるテクをご紹介しました。


もちろん一曲でも上手にラブソングを歌いこなせれば、さらに本気の「ドキッ」が期待できます。


恋をするほど、歌詞が理解できて、歌は上手になっていくもの。音程とリズムを集中して正確にとりつつ、歌詞に感情を込めれば、実力以上に男子をメローっとさせることができます。カラオケは恋との相性がとても良いので、ぜひ練習してみてください。




(C) wavebreakmedia / Shutterstock

(C) Anya Stogova / Shutterstock

(C) LightField Studios / Shutterstock
anan

2017年07月09日 19時45分

恋愛 anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。