結婚式のお呼ばれドレス、どこで買う?服装マナーからおしゃれ通販店舗まで解説!

みなさんこんにちは!
三十ウン歳にして3度目の結婚式お呼ばれラッシュを来月・再来月に控えているアラサーライターのIBURIGAKKOです☆

結婚式や2次会、パーティーなどにお呼ばれした際
『どんな服装で出席したらいいの?』『マナーがわからない!』『おしゃれなお呼ばれドレスはどこで買えるの?』
などなど、服装について悩んだこと、みなさん一度はあるのではないでしょうか。

筆者もお祝いの場に参加した回数は数知れず…ですが、やっぱり服装に関しては毎回悩んでしまうものです。

大切な人の晴れ舞台だからこそ、失礼のないようマナーをしっかり守りつつ、お祝いの気持ちを込めて華やかな装いで参加したいですよね!

そこでこの記事では、必ず知っておきたい結婚式の服装の基本マナーから、よくある疑問を解決するQ&Aコーナー、年代別のおすすめドレス、おしゃれなドレスが購入できる通販店舗を徹底解説していきます!

 

結婚式の服装マナーをおさらい!注意すべき5つのポイントとは?

初めて結婚式に出席する方は、服装のマナーがわからず戸惑ってしまいますよね。
また“何度か出席したことはあるけれど、実はいままでなんとなくで服装を選んでいた”という方も、いま一度基本の服装マナーをおさらいしていきましょう!

【1】白や、白に近い色みの服装

結婚式 白

まず、絶対に避けなければならないのが白い衣装。
これが1番気をつけなければならない結婚式の服装ルールです!
花嫁の特権である白と同じ色の衣装は絶対にNG。
薄いベージュやピンク、イエローなど写真写りによって白く見えてしまう色も注意が必要です。
白っぽく見えてしまう色みは無難に避けるか、そういった色みのドレスを着用する場合は羽織りや小物でメリハリをつけて白に見えない工夫をすることが必須です!

【2】殺生を連想するアイテム

結婚式 レオパード

ファーや毛皮、アニマル柄といった殺生を連想させるアイテムもおめでたい結婚式にはふさわしくありません。
ファーボレロなどの羽織りものはもちろんのこと、小物であってもNG!
革素材の靴やバッグも避けたほうがいいでしょう。

【3】全身真っ黒

結婚式 黒

華やかさを大切にしたい結婚式で、全身真っ黒のコーディネートは喪服のような印象になってしまう為NGです。
とはいえ、黒いドレスが結婚式で絶対にNGというわけではなく、
小物づかいや光沢のある素材・レースなどで華やかさをプラスすれば問題ありません。
※黒いストッキングも喪服をイメージさせてしまうことから、マナー違反となっています。

【4】過度な露出、素足

結婚式 露出

ボディラインがハッキリと出るタイトな服装や、膝上5㎝よりも短い丈のスカートなど露出の多いドレスは花嫁よりも目立ってしまいます。
昼間の時間帯の挙式、披露宴などは露出を控えたドレスをチョイスしましょう。
肩が出るデザインのドレスを着る場合はボレロやショールなど、羽織りものの着用がマストです。
また、素足も厳禁!フォーマルな場では必ずストッキングを着用しましょう。

【5】カジュアル・地味な装い

結婚式 カジュアル

派手過ぎる服装は控えるよう記述しましたが、華やかなお祝いの場で普段着と大差のないカジュアルな装いや地味過ぎる装いもNG。
綿素材やプリント柄のワンピースなどは避け、サテンなど程よく光沢のあるドレスを着用して出席しましょう。
また、カラータイツや柄タイツもカジュアルな印象になってしまうので×
小物類に関しても、大きなサイズのバッグや紙のサブバッグ、サンダル・オープントゥ・ブーツ(もちろんスニーカーも!)などは避けましょう。

 

【お呼ばれドレスの選び方】よくある疑問Q&A

【Q】ファーボレロをお店で勧められた!NGじゃないの?

ファー

【A】基本はNG。カジュアルなパーティーや2次会など、場合によってはOKなことも。

筆者も経験したことがあるのですが、お呼ばれドレスを選ぶ際に、お店の販売員さんからファーボレロを勧められることってけっこうありませんか?
あれ、けっこう混乱しますよね。(そもそもオケージョンコーナーにファーボレロが並んでいるのは何故なのか筆者的にはかなり疑問です…。まぁ、オケージョンドレス=結婚式とは限らないからなのかもしれませんが…)
『マナー的に大丈夫なんですか?』って聞くと、『最近はわりと大丈夫みたいですよ~!』という謎のゆるーい回答が返ってきて震えあがったことがあります。
そんなわけで筆者も気になって調べたところ、基本的にはやっぱりフォーマルな場での着用はNGのようです。
ただし、親戚・年配の方などがあまり参加されないパーティーなど、カジュアルなシーンにおいてはわりと許容されることが多いよう。
けっこうグレーなアイテムなので、迷ったら避けたほうが無難と思っておいたほうが良さそうです。

【Q】1.5次会や2次会のみ参加の場合の服装は?

【A】挙式・披露宴よりも少しくだけた服装がOKな場合も。会場の雰囲気が重要!

『1.5次会や2次会のみの参加の場合、挙式や披露宴から参加する時と服装の違いはあるの?』
と疑問に思う方も多いかと思います。
1.5次会・2次会のみの場合は挙式・披露宴参加時よりも比較的くだけた服装も許容される傾向にありますが、会場の雰囲気によって適した服装が異なります。
会場がホテルや結婚式場の場合は、挙式・披露宴参加時と同様にフォーマルな服装で参加するのが望ましいでしょう。
レストランやカフェバーなどセミフォーマルな場所が会場の場合は、少しカジュアルでもOK。
羽織ものをボレロやショールからジャケットに変えたり、アクセサリーを華やかなものに変えるだけでもカジュアルダウンした着こなしに変化させることができますよ!
※2次会といえどもデニムや綿の洋服、スニーカーやサンダルなどはNG!あくまでもセミフォーマルを心がけましょう。

【Q】春夏や秋冬…季節によって結婚式の服装は変えたほうがいいの?

ガーデンウェディング

【A】必須ではありませんが色みや袖丈で季節感を出しても◎

季節によって服装を絶対に変えなければならないというルールやマナーはありませんが、
春夏の結婚式やガーデンウェディングなどは明るく涼しげな印象のパステルカラーを選んだり、秋冬は深みのあるワインレッドやネイビーなどを選ぶとより季節感が出て◎
素材も春夏は軽やかなシフォンやサテン、秋冬は重厚感のあるベロアなどがおすすめ。
秋冬の結婚式で会場までアウターを着用していく場合、深みのあるカラーのドレスを選べばアウターの色みと合わせやすいというメリットもあります。
寒い季節は袖丈が長めのものを選ぶと防寒にもなります!

【Q】マタニティのお呼ばれ服ってどうしたらいいの?

マタニティ 結婚式 ドレス

【A】マタニティドレスがおすすめ!

妊娠中に結婚式にお呼ばれした場合、どんなドレスを着るべきか悩んでしまいますよね。
まだあまりお腹のふくらみが目立たない妊娠初期の段階であれば通常のドレスを着用することもできますが、ウエストが締め付けられるようなデザインは厳禁。必ずゆったりとした着心地のドレスを選ぶようにしましょう。
妊娠中期~妊娠後期の場合は、マタニティドレスがおすすめ。
お腹周りだけでなくバストやヒップ、腕まわりも余裕をもったサイズ選びを。
また、大きくなったお腹に引っ張られてスカートの丈が上がり、思った以上に着用時にスカート丈が短くなってしまうこともあるので、少し長めの丈のものを選ぶようにすると◎

マタニティドレス

授乳口付きレーススリーブロングドレス(Fashionletter)

ロング丈のドレスならむくみや冷えも気にせず着られて◎
授乳口付きのものを選べば産前だけでなく、産後の授乳期間中にも使えて便利です!

 

【2019年最新版】年代別におすすめのお呼ばれドレスをご紹介!

20代におすすめのお呼ばれドレス

◆間違いナシの王道フレアワンピはマストハブ

オケージョンドレス

Aライン フレアパーティードレス(Fashionletter)

ドレス選びで悩んだ時に、選んでおいてまず間違いないのが“Aラインのひざ丈フレアワンピース”!
王道ワンピ・ボレロ・パールアクセの3種の神器があれば、初めての結婚式も安心です♪
20代は明るめのカラーを選んでさわやかに着こなすと◎
シンプルなデザインも不正解ではないけれど、20代は華やかな着こなしが似合うので、リボンモチーフなどどこか1点ポイントになるデザインがあしらわれたドレスがおすすめです。

◆可愛らしさ全開のラベンダーピンクで会場を華やかに

オケージョンドレス

総レース ベルスリーブパーティードレス(Fashionletter)

明るく華やかなパステルカラーが似合うのは20代の特権!
会場をパっと明るく彩ってくれるキレイ色のワンピースなら好感度抜群でSNS映えも◎
可愛らしい色みをチョイスしたら、シルエットは広がり過ぎないすっきりとしたデザインにするのが好バランス。
ヴィンテージライクな総レースで、今っぽさも忘れずに♪

◆プリッと広がるシルエットがキュートなリトルブラックドレス

オケージョンドレス

フィット&フレア パーティードレス(C.R.E.A.M)

誰でもおしゃれ&高見えするリトルブラックドレスもオケージョンシーンにはハズせないアイテム。
20代はプリッとハリのあるフレアスカートで可愛らしく着こなすのが◎
ウエストシェイプとボリュームスカートのメリハリシルエットで、スタイルアップ効果も抜群です♪
デコルテをキレイに見せる絶妙なカッティングで、品の良い女性らしさも演出。

30代におすすめのお呼ばれドレス

◆30代も気負わず着られるくすみパステル

オケージョン ドレス

レース ハイウエストパーティードレス(Fashionletter)

大人になると20代の時と同じような鮮やかなパステルカラーを身に着けるのはちょっと勇気がいるもの…。
かと言っていつも暗い色みじゃ芸がないし、せっかくのお祝いの場なのにちょっと地味かも…。
なんてお悩み、“アラサーあるある”じゃないですか?
そんな30代のカラードレスにおすすめなのは、くすみパステル。
淡めのマスタードカラーやピスタチオ、ダスティピンクなど、少しくすんだパステルカラーなら大人も気負わずに着られますよ♪

◆パンツドレスで洗練された大人の風格を演出

オケージョンドレス パンツ

セットアップパンツドレス(C.R.E.A.M)

キラキラドレスは20代で卒業!
30代はスタイリッシュなパンツスタイルで大人の風格を演出しちゃいましょう♪
パンツスタイルで重要なのは体型をキレイに見せてくれるシルエット。
程よいゆとりの袖幅や高めのウエスト位置、絶妙なテーパードシルエットが、ミニマムなドレススタイルをワンランク上の着こなしに格上げしてくれます。

◆パーティーや2次会はひと癖デザインで遊び心をきかせて

オケージョンドレス

マント風ワンピース(CELFORD/セレクトショップ ムー)

大人だからって守りに入るのはつまらない!
少しくだけたドレススタイルが許容されるパーティーや2次会などの場面では、遊び心をきかせたひと癖デザインのドレスがおすすめ。
こちらのワンピースはマントやケープのような見た目のショルダーデザインが個性的ですが、他のディテールが限りなくシンプルなので、こなれ感抜群なのにきちんと見えも叶います!
『人とカブりたくない!』という、おしゃれ感度高めの大人の女性に是非着てほしい1枚です。

40代におすすめのお呼ばれドレス

◆派手じゃないけど華やか、その絶妙な匙加減が重要!

オケージョンドレス

レース プリーツスカートパーティードレス(Fashionletter)

キラキラドレスや個性派ドレスで若作り感が出るのは避けたいけど、地味見えも回避したい!
そんな40代におすすめのドレスは、決して派手じゃないのに華やかに見えるデザインのドレス。
落ち着いた色みと長め丈のスカートで大人らしさを保ちつつ、細かなディテールで華やかに見せるのがポイントです。
こちらのワンピースは上品に揺れるドレープと繊細なレースのデザインで、さりげないのにエレガント!
大人が悪目立ちしない“ちょうどいいオケージョンドレス”です。

◆40代のドレス選びのポイントは“きちんと見え×女っぽ”

オケージョンドレス

タックミドルワンピース(C.R.E.A.M)

40代がドレス選びで気をつけたいポイントは、“きちんと見えて、かつ女っぽさも感じられるデザインかどうか”。
年齢相応の品格を求めるのはもちろんですが、品を意識するばかりに地味になって老け見えしてしまうのも避けたいところですよね。
大人世代の童顔甘顔さんは、落ち着いた暖色系のドレスを着るとほっこり地味見えしがち。
あえてちょっと辛めのモードなデザインを選ぶことで、ちょうどいいバランスになって老け見えを回避できます。

◆優しげカラーと細プリーツで“大人の可愛げ”をプラス

オケージョンドレス

ジョーゼットプリーツワンピース(CELFORD/セレクトショップ ムー)

クールな辛め大人顔さんは、キリっとした着こなしをするとキツイ印象になってしまうことも…。
ベージュやブラウンなど、柔らかい色みで優しげな雰囲気を演出するのがおすすめです。
広がり過ぎない膝下丈のAラインワンピースなら、“無理しない大人の可愛げ”が叶います。
細プリーツデザインがフェミニンかつトレンド感もプラス。
ヌーディーなカラードレスは、アクセや小物でメリハリをプラスするのも忘れずに!

50代以上におすすめのお呼ばれドレス

◆控えめな色みと上品なデザインで“きちんと感”を重視

オケージョンドレス

フォーマルパーティードレス(RUIRUE BOUTIQUE)

50代以上の方が結婚式に出席する場合、叔母や母親など親族としてや、仕事関係で出席するケースが多くなってきます。
そういった立場で参加する際のドレス選びで一番に押さえておきたいポイントは“きちんと感”。
お葬式のように暗くなってしまうのはもちろんNGですが、華やかさよりも上品さを重視してドレスを選びましょう。
控えめで、誰に見られても恥ずかしくないドレス選びが必須です。

◆母親として出席するならロングドレス×ジャケットが◎

オケージョンドレス

ミセスセレモニースーツ(アンジェリカ)

母親の立場として結婚式に出席する場合は、もっとも格式の高い“第一礼装”である黒留袖が一般的ですが、最近では留袖と同等の洋装(正礼装)も増えてきています。
正礼装は落ち着いた色みのロングドレス+長袖のジャケットやボレロで、露出の少ない着こなしが特徴です。
ともすると地味になりがちな正礼装では、コサージュなどで華やかさをプラスするのがポイント。

 

おしゃれなお呼ばれドレスが手に入るおすすめ通販店舗5選

安いのに可愛い!アンダー1万円のプチプラドレスなら【パーティードレス通販emile】

オケージョンドレス

お呼ばれラッシュが到来すると、毎週末結婚式続きなんてことも…。
毎回違うドレスで可愛くドレスアップして出席したいけど、正直お財布が悲鳴をあげて困惑してしまうこともありますよね。
【パーティードレス通販emile】は、1万円以下のおしゃれなオケージョンドレスが豊富!
プチプラなだけでなく、1万円以下とは思えない高見え度抜群の可愛いドレスが揃ってるんです♪
ガーリー系からきれいめデザインまで、多彩なドレスのラインナップで目移りしそう!

お手頃価格で小物やアクセも豊富に揃う!【GIRL】

オケージョンドレス

【GIRL】は、ドレスはもちろん小物やアクセの品揃えも豊富。
大人フェミニンなドレスや、トレンド感抜群の小物がお手頃価格で揃います!
アウトレットコーナーも展開していて、商品によってはなんと1000円以下の破格で購入できるものも!
頻繁に結婚式が続くとかわり映えしないコーデになりがちですが、オケージョンアイテムも賢くお買い物していつでも新鮮なおしゃれを楽しみましょう♪

洗練された大人のお呼ばれドレスが見つかる【C.R.E.A.M】

オケージョンドレス

ドレスやスーツなど、フォーマルアイテムを専門に取り扱う【C.R.E.A.M】。
トレンド感がありながらもミーハーっぽくならない洗練されたデザインのドレスが豊富です!
可愛らしいイメージよりコンサバな雰囲気がお好みの方におすすめ。
知的でクールビューティーな印象の着こなしが叶うドレスが見つかります!

大きいサイズやマタニティドレスも豊富な【Fashionletter】

オケージョンドレス Fashionletter

定番デザインからトレンド感のあるデザイン、おしゃれなパンツドレスまで揃う【Fashionletter】。
大きいサイズやマタニティ対応のドレスも豊富です。
個性派過ぎないけれど人とカブらない大人可愛いデザインのドレスが多く、『大きいサイズやマタニティドレスは可愛いデザインのものが少ない…』というお悩みも解消してくれます♪

人とカブらない!大好きブランドのひと癖デザインドレスなら【セレクトショップ ムー】

オケージョンドレス フレイアイディー

『オケージョンドレスってどれも似たり寄ったり。お呼ばれシーンも自分らしい着こなしをしたい!』というファッション感度高めの方におすすめなのが【セレクトショップ ムー】。
スナイデルやフレイアイディー、リリーブラウン、ラグナムーンなど、ステディブランドが展開するトレンド感満載のオケージョンドレスが揃っています。
みんなとカブらない“映えドレス”なら、ゲストの中で一番おしゃれになれちゃうかも♪

 

おわりに

結婚式

結婚式のお呼ばれドレスについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?

最近ではカジュアルな結婚式も多く、お祝いのスタイルも多様化してきました。
それにともなってお呼ばれファッションの常識やトレンドも日々変化しています。

それぞれのお祝いスタイルに合った服装を心がけることが大人のマナー。
失礼のない装いで、大切な人の晴れの日を華やかにお祝いしましょうね!

 

Wow! magazine

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。