ジャンポケ&三四郎「有吉さんに認めてもらいたくて...」 『有吉の壁』裏話

2021年07月31日 20時10分

エンタメ anan

お笑いの新たな主戦場、バラエティ番組『有吉の壁』。その番組の顔ともいえる、ジャングルポケットさんと三四郎さんの5人を収録終わりに直撃。楽しそうな掛け合いはまさに『壁』レギュラーの絆。チームワークの良さと番組愛が伝わる裏トークを公開!

――今日は朝から収録があったそうで、お疲れのところすみません。


斉藤慎二:(『全裸監督』のキャラで)全然です! 朝6時に池袋パルコに集合しただけですよ!(笑)


――ジャングルポケットさんと三四郎さんは、『有吉の壁』のレギュラーですが、番組を支える柱としてプレッシャーはありますか。


太田博久:壁を支えるより、越えなければいけないんですけどね(笑)。


小宮浩信:特番の時代は3か月に一回ぐらいの収録だったんですが、それでも3週間ぐらい前から緊張しちゃって、正直、なんらかのトラブルでなくなればいいなって思ってたんですよ。それが今では毎週ですからね。新しいネタを作り続けなければいけないプレッシャーはすごい。そして、朝早いロケとかもめちゃくちゃしんどいですが、終わったあとはなんだか清々しい気持ちで。だから今日も直帰したかったんですけど…。


――すみません(笑)。


斉藤:(『全裸監督』のキャラで)冗談ですよ! 芸人なんでね。


太田:お前、その喋り方でどうやって文字で伝えようとしてんの? でも実際、スベりたくないというプレッシャーがすごくて憂鬱にはなりますよ。いま収録した「ブレイク芸人選手権」でも、俺たちゴリゴリにスベって。有吉(弘行)さんは「×出せるからいてくれてありがたいよ」なんて言ってくれるけど、こっちはちゃんと傷つきますから。


――「○」と「×」の出し方はルールとか傾向はあるのでしょうか。


太田:もちろん面白ければ「○」でスベったら「×」ですが、よくない「○」もいい「×」もある。


小宮:オンエアされる「×」は良質な「×」。「○」と「×」を回転させながら「まあ…いいでしょう」みたいな「○」は嫌だよね。


斉藤:回転させるぐらいなら、秒で「×」出してほしいよね。でも今日もスベったあとにきつねが「面白かったですよ」ってフォローしてくれたんだけど、仲間の芸人たちがみんな、優しい言葉をかけてくれるのがありがたいね。


相田周二:今日のこそ良質の「×」よ。


斉藤:いつだったか、出川(哲朗)さんが地方ロケに参加した時に、夜、20人ぐらいで温泉に入ったことがあって。「いやぁ~これが芸人だよ」って出川さんが言った時、こんなベテランでも一つの番組に命かけてるんだって感動してね。


小宮:そうそう、そうやって強い絆が生まれていくんだよね。


相田:それのおかげかな、毎週こんなプレッシャー抱えながらどれだけ続くの? みんな精神的に大丈夫? って思ってたけど、続きますね。終わる気配もない。


――おたけさんはどう思いますか。


おたけ:え~と、そうっすね…。


小宮:いま時間あっただろ!


全員:あははは!(笑)


おたけ:『ボキャブラ天国』とか『エンタの神様』とか一時代を築いたお笑い番組は過去にもあったけど、『有吉の壁』もそうなるのかなって。ここに出たがっている若手芸人はたくさんいますから。


太田:先輩や再ブレイク芸人もね。


おたけ:だから今日のスベり方では、いつレギュラーをはずされてもおかしくないぞ、ってそれはもうプレッシャーです。


相田:なかなか出られないからね。


おたけ:ただチョコレートプラネットの「TT兄弟」もだけど、最新ネタをこの番組でやってウケるのが、売れる近道でもある。


斉藤:僕らのネタ「ストレッチャーズ」もそうです。


――コラボネタはどうやって生まれるんですか?


太田:ネタを作った時に、これをやるには小宮さんが欲しいなって思ったら声をかける感じですね。


小宮:これも『有吉の壁』の新しさ。違う事務所の芸人と組める。


太田:ただ、ネタ作るほうとしてはスベった時の責任感ったら…。


おたけ:小宮さんとモノボケでコラボした時、激スベりしちゃってすみませんでした(笑)。


小宮:ガクトのね、覚えてますよ。(2021年3月3日放送「モノボケリサイクルショップ」コーナーでのひとコマ)



――みなさんにとって、有吉さんはどんな存在ですか?


太田:この番組が面白いのは、最終的に有吉さんの百人組手みたいなところで、芸人が有吉さんに粗めにぶつけるネタを次々に捌いていく様。スベってもお題を出してくれることで救われて優しいなって時もあれば、しっかり見通されているという怖さもある。


斉藤:そしてしっかり痛いところを突きつつ、チャンスをくれる。


相田:ノリで判定しないから、自信がない時はちゃんと「×」もらう。


小宮:みんな有吉さんに認めてもらいたくて手を抜かない。そしてツイッターとかでバズるっていうのが新しい時代のお笑いなのかな。


太田:ツイッターでトレンド1位になるのが嬉しい。これからもたくさん呟いてください!


写真右から、

ジャングルポケット 2005年結成。斉藤慎二(39)、太田博久(38)、おたけ(39)からなるお笑いトリオ。『キングオブコント』決勝に4度進出。『ジャンポケロード』(群馬テレビ)などレギュラー番組多数。


三四郎 2004年結成。相田周二(38)は番組オープニングでカメラに走り込む芸がお決まり。小宮浩信(38)はジャンポケ斉藤と仲良し。『シブサワ解体深書』(テレビ埼玉)ほかレギュラー番組多数。


『有吉の壁』 毎週水曜19時~19時56分放送(日本テレビ系)


※『anan』2021年8月4日号より。写真・小笠原真紀 取材、文・若山あや


(by anan編集部)

anan

2021年07月31日 20時10分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。