白石聖、『胸きみ』王道ヒロイン役に「私が演じていいんですか?」

2021年06月11日 21時10分

エンタメ anan

初めて彼女を見た時、その神々しいほどの美しさに思わず息を呑んだ人も多いはず。一方で、ドラマ『絶対正義』や『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』では癖の強い難役を堂々演じ切るなど、確かな実力までをも兼ね備え、出演作が途切れることなく続いている白石聖さん。封切られたばかりの最新作『胸が鳴るのは君のせい』では、意外にも王道少女コミックのヒロインに初挑戦しています。

――王道ヒロイン、篠原つかさ役を演じてみていかがでしたか?


私、高校生の頃から原作が好きで、このお話をいただく前から読んでいたので、“つかさのようにまっすぐで天真爛漫なキャラクターを私が演じていいんですか?”という気持ちでした。


――白石さんの外見から受けるイメージ的には、正統派ヒロインはものすごくハマると思うのですが、以前取材させていただいた時も、「自分は癒し系とか、正統派ヒロインのようなキャラクターではない」とおっしゃっていましたよね。


そうですね。私はつかさのように感情を表に出すようなタイプではないし、気持ちを悟られるのが恥ずかしくてクールぶっちゃうところもあります。率先して委員を引き受けたりもしないですし…。それに私だったら、一度フラれたら、しゅんってなっちゃう(笑)。つかさみたいに、フラれても諦めないみたいにはなれないですね。


――1度目の告白は自分からいけるタイプですか?


いや、1回目すらいけないタイプです(笑)。だからつかさは本当にすごいなと思いました。


――初めて取材させていただいた時も、年齢に似つかわしくないほど落ち着いた大人の雰囲気を纏っていらして、正直とても驚きました。初対面の方にギャップがあると言われることも多いのでは?


あはははは! 確かにそうですね(笑)。私としてはこの感じがニュートラルなんですけど、結構どの現場でも、「緊張してるの?」「人見知り?」と言われることは多いです。私の中では人と壁を作っているわけでないんですけど、イメージと違いすぎてそういうふうに映ってしまってるのかなって。



――もともと声優志望で俳優業には興味がなかったとおっしゃっていましたが、その演技力はどのようにして培われたのでしょう?


いえいえ、本当に、全然、そんなことないんです。私、本当に自分の映像を見返すのが苦手で。


――後悔が生まれるということ?


そうです。もうちょっとこうしてればよかった、ああしてればよかったと思ってずっとモヤモヤしちゃうから、放送を見るのがすごく怖くて。演じている時はそれなりにできているつもりでも、実際に映像を見てみると全然だったってこともよくありますし。


――というと?


顔が迷っているんですよね。例えば『絶対正義』で演じた範子や律子は難役ではあったんですけど、二人がああいうふうになってしまったのには理由があって、納得もできていたので、とにかくがむしゃらにできていたんですけど、全部の役がそうとは限らないんです。あまりそのキャラクターに共感できなかったり、どうしてそういう人間になってしまったのかみたいな背景が台本にも書かれていない場合は、とにかく自分で考えるしかなくて。きっと過去にこういうことがあったんだろうなと想像して演じてみても、その意図が汲み取りきれなかったり、私の中でひっかかるセリフがある時は、あとで映像を見返すとやっぱり顔が迷っているんです。客観的に見ていても、そう感じることがたまにあったりして。だから「台本にこう書いてあるから」っていうのは通用しないなって。そういう役を演じる時は、やっぱり迷っちゃいますよね。


しらいし・せい 1998年8月10日生まれ、神奈川県出身。2016年に俳優デビュー。ドラマ『I”s』では約700名の中からヒロインに大抜擢。’19年には美少女タレントの登竜門といわれる『ゼクシィ』の12代目CMガールに選ばれ、一躍注目を集める。主演ドラマ『ガールガンレディ』はMBS・TBS系列で深夜に放送中。


映画『胸が鳴るのは君のせい』 累計発行部数250万部突破の大人気コミック『胸が鳴るのは君のせい』を実写化。転校生の有馬隼人(浮所飛貴)と親友のように仲良くなった篠原つかさ(白石聖)は、友達にはやしたてられ、思い切って告白。が、きっぱりフラれてしまう。それでも諦めきれず奮闘するつかさに、有馬も徐々に心を動かされていく…。現在公開中。


キャミワンピ¥25,300 上に羽織ったトップス¥26,400(共にtiit tokyo ) バングル、ピアス 参考商品(共にPOCHER ) サンダル¥7,590(RANDA TEL:06・6451・1248) インナーハイネックはスタイリスト私物


※『anan』2021年6月16日号より。写真・来家祐介(aosora) スタイリスト・北川沙耶香 ヘア&メイク・鷲塚明寿美 インタビュー、文・菅野綾子


(by anan編集部)

anan

2021年06月11日 21時10分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。