人気のハイスペック5人組IVVY、驚きの経歴を持つ彼らが歩んだ苦難の軌跡

2020年12月29日 19時20分

エンタメ anan

【音楽通信】第65回目に登場するのは、全員が180cm超えの高身長で華やかなルックスで魅了するステージが話題のダンス&ボーカルグループ、IVVY(アイビー)!

【音楽通信】vol.65


充実した結成5周年



写真左から、TAIYU、TOSHIKI、HIROTO、YU-TA、KENTO.i。


2015年に結成され、2017年にメジャーデビューした、HIROTOさん、YU-TAさん、TOSHIKIさん、KENTO.iさん、TAIYUさんからなるダンス&ボーカルグループ、IVVY。


結成前も五者五様の才能を発揮していて、リーダーのHIROTOさんは高校時代にサッカー部で全国大会に出場したキャリアの持ち主で、YU-TAさんは警察官の内定をもらいながらも、アーティスト活動の道を選びました。


TOSHIKIさんは消防士として東京消防庁でハードワークをこなし、KENTO.iさんは元Jリーグのジュニアユースに所属していたサッカーエリート、最年少のTAIYUさんは陸上競技で北海道3位の経歴があるんです。


メンバー全員が180cm超えの高身長で華やかなルックスで魅了するステージが話題となり、2018年から2020年に発売したシングル3作品すべてがオリコン週間ランキング TOP10入りを記録しました。


そんなIVVYさんが、2020年12月30日に1stアルバム『AWAKE』をリリースされるということで、メンバーのみなさんにお話をうかがいました。


ーーまずはおひとりずつ自己紹介と、影響を受けた音楽から教えてください。


HIROTO リーダーでボーカルのHIROTOです。親戚にバンドのFLOWさんのアルバムを借りてから、聴くだけではなく、自分でもドラムを叩きたいと思うようになり、独学でドラムを始めたことが、音楽を始めたきっかけです。歌手として活動したいと思ったのは、元EXILEさんの清木場俊介さんの歌を聴いて「歌はこんなに人の心に響くものなのか」と感動してから、歌手を目指すようになりました。


YU-TA ボーカルのYU-TAです。両親が音楽を好きで、いつも家で音楽が流れていた環境でした。いまでも印象深いものは、母親が大好きで聴いていた安全地帯さんです。僕が幼稚園児の頃、歌詞の意味もわからずに歌っていたりと、歌うことが好きな子どもでした。学生時代は学園祭で歌ったこともあり、素人ながら人前で歌う喜びに衝撃が走り、本格的にアーティストになりたいと決意しました。


TOSHIKI ボーカルのひとりでもあり、俳優「立石俊樹」としての活動もしているTOSHIKIです。影響を受けた音楽は、両親やふたりの姉が好きでよく聴いていたGLAYさん、スピッツさん、桑田佳祐さんなどの曲を物心着いた頃に聴いていました。


KENTO.i ラップを担当しているKENTO.iです。影響を受けたアーティストは、BIGBANGさんとiKONさんです。この2組の音楽を聴いて、実力派のアーティストになりたいと思いました。


TAIYU ボーカルのTAIYUです。影響を受けたのは、EXILEさん、三浦大知さん、AAAさんです。昔から音楽が好きで聴いていたのですが、映像を見て、どんどんダンスに惹かれて「僕もこんなふうに踊りたい!」と思い、ダンスを始めました。Perfumeさんや中田ヤスタカさんの音楽も好きです。テクノポップやFuture bassのような電子音がすごく好きなので、踊るときはそういう音楽をかけていることが多いですね。


ーー個性豊かな5人のみなさんが、IVVYを結成したのは2015年だそうですね。


HIROTO 僕が“歌って踊るグループ”を作りたいと思ったことがきっかけで、当時同じボーカルレッスンを受けていたYU-TAに声をかけたのが、IVVYの始まりです。セルフプロデュースについて勉強して、すべて自分たちで始めることにしました。


YU-TA HIROTOに「グループを作りたいんだ」と誘われて、そこに根拠のないワクワクがあり、即決で加入を決めたんです。その後、TOSHIKIを推薦して、初期のIVVYが始まったんです。そうやって、HIROTOが声をかけていって、いまの5人になりました。


ーー2017年にメジャーデビューされましたが、デビューのことは結成当初から目標にされていたのですか。また、2020年は結成5周年ということで、振り返ってみていかがですか。


HIROTO メジャーデビューは絶対叶えたい夢のひとつでした。僕が思っていたシナリオより早い段階でメジャーデビューでのリリースをすることができて、もう3年が経ちます。リリースするたび、グループとしての成長を感じています。振り返れば大変なことばかりでしたが、個人としてもグループとしても、どれも充実した5年でした。


YU-TA まずは念願のメジャーデビューを迎えられたときのうれしさは計り知れないものがありました。ただ、それから2枚目のシングルリリースまでは思うような結果が出ず、もがき悩み続けて。時には十分なパフォーマンスができない環境で、ステージに立ったこともありました。でも、そんな経験があったからこそ、いまは多くの方にサポートをしていただき、恵まれすぎている環境で活動をさせていただいていることに、心から感謝しています。


2020年はこの情勢下で思う通りの活動ができず、悔しい時期がありました。考える時間が多く、改めて普段の生活へのありがたさ、ファンのみなさまの存在の大きさを再確認できました。さまざまな経験は、いまとなってはプラスにとらえています。僕たちは常にみなさまの前に立って、ポジティブな存在でいるので、これからも僕たちについてきてほしいですね。


TOSHIKI まだ結成5周年ではありますが、その倍は時間が経過している感覚があります。それほど毎日が自分との勝負の連続で、いまの自分を形作る大切な時間でした。


KENTO.i やっとつかんだメジャーデビューからいまに至り、ずっと大きな夢を持って、日々コツコツ進んでいることに何にも変わりはありません。デビュー当時から成長している実感もありますし、これからもさらに成長していきたいです。


TAIYU 高い目標を持ちながらも、目の前のことをひたすら乗り越えてきたから、ここまで来られたのかなと。TOSHIKIが俳優活動をしているときは、4人での稼働も多く、特にデビュー当初は大変でしたが、5人揃ってステージに立ったときは、どのグループにも負けないという自信があります。そうしたなかで、5人の絆がより深まりましたね。


念願の1st アルバムはすべてをさらけ出した1枚



リーダーのHIROTO。作詞作曲も担当。1994年6月5日生まれ。180cm、B型。


ーー2020年12月30日には初の1stフルアルバム『AWAKE』をリリースされます。ダンサブルな楽曲から爽やかなバラードまで、多彩な楽曲が詰まっていますね。


HIROTO 結成5年で念願の1st アルバムなので、すべてをさらけ出せるような1枚にしたいと思って制作しました。


YU-TA まず僕たちの念願であるアルバム発売に至れたことがとてもうれしいです。今作はとにかく楽曲の振り幅が広く、IVVYのアーティスト性をふんだんに詰め込んだ1枚になりました。僕たちのアルバムが店頭に並ぶことを想像すると、まだ実感はないですが多分、泣きますね。


TOSHIKI このアルバムリリースは、アーティストを目指し始めたときのメジャーデビュー同様、目標のひとつでした。でも、先を見据えながらの活動だけではなく、まずは目の前のことと向き合う日々だったので、実は今回アルバムリリースを迎えることになっても、あまり実感は湧かなかったんです。多種多様の楽曲が収録されているのは、これまで僕らが挑戦してきた証と、これからも果敢に挑戦していく決意表明の意味もあります。


KENTO.i 初のアルバムということで、夢のひとつが叶ったことがシンプルにうれしいです。もちろん全部の曲のラップを作るときもそうですが、1枚目のアルバムということもあって、かなり気持ちを込めて、気合を入れて作ったので、リリックにも注目して聴いてほしいです。


TAIYU 「AWAKE」を含む新曲5曲に既存の未収録曲が入るなど、これからの新しいIVVYと、これまでのIVVYのすべてを詰め込んだ1枚に。新曲のジャンルもそれぞれ違って、いろいろな顔を見せるアルバムに仕上がりました。



YU-TA(Vo)。九州出身、最近はピアノ弾き語りも披露。1994年1月24日生まれ。181cm、A型。


ーー収録曲から、いくつかおうかがいいたします。アルバムのタイトル曲でもある1曲目「AWAKE」はハードな印象ですが、タイトルにした理由と、どのようにこの曲が生まれたのかお聞かせください。


HIROTO いままでやったことのない曲調の「AWAKE」を表題曲にすることで、これから挑戦していく意思表示や決意表明ができると思いました。そして今年8月に行ったライブツアーの1曲目に披露することも先に決まっていたので、来てくださるファンのみなさんを良い意味で驚かせたい気持ちで制作しました。


YU-TA 「覚醒」の意味を持つ「AWAKE」は、結成5年を経て、いままでの経験とこれからの期待に対する覚醒の意味を込めて、表題にさせていただきました。


TOSHIKI 初のアルバムをいままでの総集編という位置づけではなく、「ここからさらに進化していくぞ」という決意表明も込めて、メンバーでこのアルバムタイトルにしました。


ーー今作には新曲が5曲収録されていますが、そのなかのひとつ「軌跡」はドラマチックなナンバーですね。


HIROTO もともとこの曲は新曲候補の中には入ってなかったんです。メンバーで話し合い、「どうしても1曲、自分たちで作詞作曲させてほしい」というお願いのもと、制作にとりかかりました。いま世の中が大変で、自分たちも改めていろいろなことに気づかされたからこそ、ファンのみなさんに伝えたいメッセージや、これまでのIVVY、いま、そしてこれからのIVVYをすべて曲に詰め込みました。アルバムの中で唯一、日本語タイトルにしたのも意図的で、この曲がアルバムの核のような存在になってほしいと思っています。


YU-TA 「軌跡」は、TOSHIKIと共作で作詞させていただきました。僕たちが音楽を好きになりアーティストを目指し始めた頃の気持ち、順調ではなく泥臭く前に進んだ時代、それからこのメンバーに出会うことができてファンのみなさんに少しずつ愛されてきた軌跡。そしてその出会いに対する感謝と、これからの希望を詩に込めさせていただきました。


TOSHIKI 2020年、世界的にやむを得ない状況に見舞われて、僕にとっても表現を届ける機会が奪われたことで、いままで音楽を通して届けていたものが途切れたとき、受け取る側だけでなく届ける側の僕まで元気がなくなることがありました。ですが、いまは表現を届けることの有り難みが僕にとってさらに強くなりました。そんなこれからの僕がしていきたいことを素直に歌詞にさせていただきました。


KENTO.i ラップは最初の4小節は自分たちの強い気持ち、後半4小節はファンのみなさんへ「決して何があってもひとりじゃない。僕らが味方」という、寄り添う言葉でラップを作りました。


TAIYU この「キセキ」はふたつ意味がありまして、IVVYがこれまで歩んできた道のりの「軌跡」を描いていること、そしてメンバー5人がこうして出逢い、共に活動できている「奇跡」。いまの僕たちをストレートに伝えている楽曲だと思います。メンバーが作詞作曲していることで、より感情がこもり、僕らにとって大切な楽曲になりました。



TOSHIKI。俳優「立石俊樹」としても、舞台・ドラマを中心に活動中。1993年12月19日生まれ。181cm、O型。


ーー切ない気持ちを歌い上げたリード曲「Freeze」にこめた思いも教えてください。


HIROTO 約1年前からキープさせていただいていた楽曲で、当時「アルバムをリリースするときはこの曲を収録したい」とメンバーで話していたので、新曲の中で最初にアルバム収録が決まっていた曲になります。そのくらいこの切ない歌詞とメロディが僕には刺さっていて、ライブでは感情があふれるほど、この楽曲の世界観に入り込んでいます。


YU-TA この楽曲のデモを聴いたとき、この曲の持つ世界観に吸い込まれたことを覚えています。切なさの中にあるもどかしい葛藤を描いていたり、悲しいだけではない真の強さがあったり、聴くほどに曲の良さに引き寄せられます。


TOSHIKI 世の中、自分の意思だけではどうにもならないことがあると思いますが、この曲に関しては「別れを受け入れられない。受け入れたくない。でもどうしようもなく受け入れなきゃいけない」という気持ちを表現しました。


KENTO.i 好きだった人の存在と背中が少しずつ離れてくという、切ない想いをラップにして作りました。ラップも聴くだけではなく、リリックをゆっくり読むだけで、また僕の伝えたい世界感が伝わるのではないかと思います。


TAIYU この曲は特に歌詞の内容が刺さる1曲。切ないメッセージと共に、その歌詞を表現するダンスにも注目してほしいです。ライブ中に想いがこみあげてきて、涙が出そうになることも(笑)。それほど歌詞に強いメッセージが込められています。


ーー「WINK」は、自己最高位のオリコン週間シングルランキング6位となったシングル曲でもありますが、ご自身のまわりでも反響はありましたか。


HIROTO 「WINK」は今年リリースしたこともあって、自分にとっても記憶に新しい曲です。IVVYらしいさわやかなキャッチーソングで、何度も「WINK」を連呼する曲なので、まわりからの反響も高かったですね。ミュージックビデオでも、普段の仲の良いIVVYを見せることができたので、ファンのみなさんからも愛される1曲になりました。


YU-TA この楽曲は初のバラエティ番組のタイアップ曲に起用していただき、放送後によく連絡をいただきました。両親は毎週番組を録画してくれているのですが、そのことを聞いてうるっとしました。



KENTO.i。スキルの高いラップが武器。1994年6月9日生まれ。182cm、AB型。


TOSHIKI 僕も、久しく連絡を取っていなかった同級生から連絡が来たり、行きつけの美容室の方がIVVYにハマってくれていたり、とてもうれしかったです。


KENTO.i 友達からも「聴いているよ!」などと反響があり、少しずつまわりに僕たちの曲が浸透している様子が伝わってきて、素直にうれしいですし、これからさらに成長して上に上がり、もっとたくさんの人を魅了したいと思いました。


TAIYU さわやかなアップソングで、たくさんの方から感想をいただいています。僕は朝この曲を聴くことが多いのですが、朝や気分を上げたいときにピッタリの曲なので、より聴いていただける機会が多いのかなと。また、サビの振り付けもファンのみなさんと一緒に踊れるものとなっているので、気軽に楽しんでもらえる曲でもあります。僕らに新しいジャンルをひとつ切り拓いてくれた楽曲ですね。


ーーでは「Brand New Day」はどのようなイメージでできた曲でしょうか。


HIROTO 2、3年前からライブで披露していた曲で、ファンの方からはリリースしていないにも関わらず、絶大な人気を誇っています。この曲を世に出すのは絶対にアルバムをリリースするときだとメンバーでは話していたので、ようやくみなさんにお届けできるという気持ちですね。IVVYでは珍しい「踊らないキャッチーソング」なので、ライブでみなさんと一緒に楽しみたいという思いから、この曲は作られました。


YU-TA 僕たちはダンス&ボーカルグループとして活動させていただいていますが、歌モノで踊らずに、ファンのみなさまの目をしっかり見てコミュニケーションを取れる曲を作ろうと思い、制作に至りました。


TOSHIKI 僕自身、なかなか前向きでいられないときに、歌に救われてきたので、僕と同じ想いをされている方がいたら、ぜひ歌で大切なことを伝えたいと思っていて。不思議なもので100のうれしいことがあっても、自分にとってひとつの嫌な出来事ですべてをダメだと思ってしまうことってあると思うんです。そんなときに「振り返れば隙間がないほどの笑顔がある」ことを思い出してほしいと思って、歌っています。すべて無駄ではないし、絶対に次が待っていますからね。


KENTO.i この曲のラップは、何があっても希望は消えることはないから前を見て進んでいこうという、すごくポジティブになるような明るい言葉で作りました。このリリックで前向きになってくれると思います。


TAIYU まず、ついに音源化することがとてもうれしいです。当初は「踊らなくて、ライブ会場のみなさんが一緒に手を振ったりできるようなミディアム曲がほしいね」と話して、制作したんです。リリースイベントなどでも老若男女問わず、幅広い年齢層の方たちに気に入っていただけている楽曲。ライブではほぼ自由に歌ったり表現したりしているので、いちばん素の僕たちが出ている曲じゃないかな。



TAIYU。IVVY最年少にして振り付けを数多く担当。1996年5月13日生まれ。180cm、O型。


ーー現在NTT西日本エリアでCMソングとしてオンエア中の新曲「With you」は、みなさんの歌声がストレートに響き合っている楽曲ですね。


HIROTO この曲は本当に僕の中では特別。毎回ツアーやワンマンなどのライブのラストに歌う曲なんですが、ライブの最後に歌う曲として作られました。この曲も3年ほど前から歌っている曲なので、自分の中ではファンの方と一緒に歩んできた曲です。毎回、ファンひとりひとりの心に届くよう、すべてに感謝して魂だけで歌っています。


YU-TA 僕たちを応援してくださるみなさまがあっての僕らなので、その感謝を込めて歌わせていただいていますね。地元の長崎でもCM曲として毎日放送されていて、生まれ育った場所や家族、仲間に対する恩返しにもなった楽曲なんです。歌う際は、いつもファンのみなさまや家族の姿が思い浮かびます。


TOSHIKI メジャーデビューが決まったワンマンライブからずっと歌い続けている曲なので、歌うたびにいつも応援してくださるみなさんへの感謝が深まっています。そしてこれからも歌を届けるという信念、「もっと大きなステージに連れて行く」という強い気持ちで歌わせていただています。


KENTO.i この曲のラップは、常に支えてくださるファンのみなさんへストレートに気持ちを伝えるために、わかりやすい言葉でラップを作りました。リリックにすべての気持ちを込めています。


TAIYU どんなときもひとりではなく、そばにいるという思いを歌詞にのせて届けています。NTT西日本さんのCMにも起用していただき、よりたくさんの人に寄り添ってくれている曲ですね。


IVVYとしてさらなる進化と飛躍をして笑顔を届ける



ーー音楽以外のことでは、みなさんはおうち時間をどのように過ごしていますか。現在ハマっているものやご趣味があれば教えてください。


HIROTO もともと僕は作詞作曲を勉強していて、IVVY以外で楽曲提供などもしていたのですが、よりスキルを上げたかったので、家ではDTMの勉強をしていました。もっと音楽に触れて自分の感性を広げたいと思いましたし、「やっぱり僕は音楽が大好きなんだな」とつくづく感じます(笑)。あとはゲームが大好きなので、TAIYUと一緒に通話しながら、よくゲームをします。


YU-TA 僕は、いままでサボっていたピアノの練習をしています。


TOSHIKI いまはカードゲームにハマっていますね。ただ、対戦相手がいないのでだいたいひとりでふたつのデッキを使って、ひとりで対戦していますが、たまにTAIYUに付き合ってもらうことも(笑)。


KENTO.i おうち時間が増えて、普段触れてこなかった曲を聴いてみたり、YouTubeを見てみたり、新たな世界をたくさん見て聴いていろいろと研究しています。


TAIYU 僕は犬を飼っているのですが、今年は散歩の距離が倍くらい長くなりました(笑)。最近は犬との散歩の時間がとても落ち着くので、犬が散歩したいというよりも、僕の散歩に犬を付き合わせている感じ(笑)。あとは、部屋の模様替えをして、自分にとっていちばんしっくりくる形になって、新たな家具を加えて過ごしやすい家になりました。


ーー現在は、新しい生活様式で暮らす日々となりましたが、以前はメンバー5人でどこかへおでかけになることはありましたか。


HIROTO 仕事以外ではなかなか一緒にどこかに行くというのはないかもしれませんね、なんせほぼ毎日一緒にいますから(笑)。IVVYはすでに家族みたいなものなので、仲が良いからこそ、プライベートまで一緒にどこかに行こうとはならないというか、恥ずかしいです(笑)。


YU-TA 確かに(笑)。でも以前は、みんなでディズニーシーへ遊びに行ったり、お仕事の打ち上げという名目で、ただただご飯を食べてワイワイすることはありましたね。


TOSHIKI ディズニーシーに5人で行ったときは、乗り物の待ち時間に“人狼ゲーム”などをして過ごして、楽しかったです。最近はなかなか日程が合わず行けませんが、また行きたい!


TAIYU あのときは、男5人で無邪気な子どものように、たくさんアトラクションに乗ったね! そういえば、USJにも行きました。旅行というよりは、テーマパークに遊びに行くことが多いかも。まだまだ心は少年の5人です。


KENTO.i ほかにも、以前はそれこそみんなで家に集まって、鍋とかしたりしましたね(笑)。またやりたいです。


ーー楽しそうですね! ところで、IVVYの楽曲にはラブソングもございますが、みなさんが思うすてきな女性像というと、どのような女性だと思われますか。


HIROTO やっぱり、笑顔が大切かな。笑顔が多いほうが、男性でも女性でも、相手に見えないエネルギーを与えることができると思いますし、すてきな人の絶対条件だと思います。あと個人的には、料理ができる人はすてきですね。僕、食べることが好きなので(笑)。


YU-TA 僕は、何か目標があって、頑張っている方に魅力を感じますね。


TOSHIKI 思いやりがあって、優しい人、一生懸命な人がすてきだと思います。


KENTO.i やっぱり夢を持つこと、仮に夢がなくても常に自分らしさ、自分の意志を持って日々強く生きている人は、すてきだと思います。自分もこれからも大きな夢に向かって、強く生きたいから。


TAIYU 相手に思いやりを持てる人、ささいなことにも気を遣える人は、すごくすてきですよね。ちょっとした行動や言葉で、人は幸せになるので。あとは、たくさん笑う人も、幸せのエネルギーがいろいろな人に伝染するので、すてきですね。


ーーでは最後に、IVVYさんの今後の抱負を教えてください。


HIROTO いま世の中が大変な時期で、僕らも予定していたライブが中止になって、応援してくださっているファンのみなさんに満足していただける活動ができず、悔しいです。ですが、メンバーは前向きな話し合いを繰り返し、今後のプロジェクトを考えているので、いまできることを少しずつでもしていくのはもちろん、いちばんの目標であるドームライブに向けて、来年もさらなる飛躍を目指します。


YU-TA 僕らの音楽を全国のみなさまに届けて、常にポジティブな存在になり続けたい。僕たちはドームツアーを回るのが目標なので、そのためにもまずは全国ツアーでみなさまのもとに会いに行きます。僕らの音楽を愛していただけるように、最高の音楽を作り続けて、このような世の中でも笑顔になれるように、これからも全力で精進していきます。


TOSHIKI 常に進化し続けたいです。でも、大事な部分は変わってはいけないと思っています。世の中の状況を考えると、具体的には明言できませんが、形は変わっても中身は変わらない素晴らしいものを聴いていただき、見ただけで「良い!」と思ってもらえるアーティストになっていきたいと思います。


KENTO.i 5大都市のツアーが東京以外中止になっているので、まずはまた最高のライブを届けに行きたいですね。めっちゃ期待していてほしいです! そして大きな夢は常にあるので、何があってもそこに向かって少しずつ進んでいって、ファンのみなさんにお会いするときに、最高の姿や最高の景色を見せていきます。


TAIYU 2020年はとても変化のある1年で、計画通りにいかないことも多かったですが、ファンのみなさんやスタッフのみなさんの支えのおかげで、いまも活動できています。そんな方々へ恩返しできるように、IVVYの音楽で幸せを届けていきますので、これからも応援のほどよろしくお願いします。


取材後記


それぞれのフィールドで才能を発揮しながらも、「IVVY」となって、さらなる可能性を広げ続けているHIROTOさん、YU-TAさん、TOSHIKIさん、KENTO.iさん、TAIYUさん。結成5周年を迎えて、これからもより強い気持ちで、ご活躍されていくことでしょう。そんなIVVYさんの1stアルバムをぜひチェックしてみてくださいね。

取材、文・かわむらあみり


IVVY PROFILE

HIROTO、YU-TA、TOSHIKI、KENTO.i、TAIYUのメンバー全員が身長 180cm 以上という、ダンス&ボーカルグループ。


高校時代、サッカー部で全国大会に出場したキャリアをもつリーダーのHIROTO。警察官の内定をもらいながらもアーティスト活動の道を選んだYU-TA。消防士として東京消防庁でハードワークをこなしてきたTOSHIKI。元Jリーグのジュニアユースに所属していたサッカーエリートのKENTO.i。陸上競技で北海道3位の経歴をもつ最年少のTAIYU。

IVVY 結成前より、それぞれのフィールドで才能を輝かせてきた5人。


2015年9月、HIROTOにより、グループ結成。2017年10月、シングル「Baby I’m Back」でメジャーデビュー。その高い身体能力を活かした圧倒的なダンスパフォーマンス、定評のある歌唱力と美しいコーラスワーク、スタイリッシュなファッションなど、すべてにこだわり抜いたライブ活動が話題に。


2020年3月にリリースしたシングル「WINK」は、オリコン週間シングルランキング 6位を獲得。シングル3作連続オリコン週間ランキング TOP10を記録した。12月30日、1stアルバム『AWAKE』をリリース(音楽ストリーミングサービスおよび主要ダウンロードサービスも同時配信スタート)。


Information



New Release

『AWAKE』


(収録曲)

01.AWAKE

02.SHOW~昇~

03.Light on fire

04.Mirage

05.軌跡

06.First&Last

07.Freeze

08.WINK

09.Brand New Day

10.Rock city

11.A:live

12.With you

*収録曲は全形態共通。


2020年12月30日発売


(通常盤)

VICL-65434(CD)

¥2,727(税込)

*トレーディングジャケット封入(通常盤ver.全5種類のうちランダム1種)

*キャンペーン応募券封入 (初回盤・通常盤共通)


(初回盤)

VIZL-1816(CD+Blu-ray)

¥6,364(税別)


[Live Blu-ray] *初回・スペシャルBOX共通。

IVVY ONEMAN LIVE-AWAKE- (2020.08.08 at NAKANO SUNPLAZA)

01.AWAKE 02.SHOW~昇~ 03.Rock city 04.Mirage〜MORE〜Mirage (Medley) 05.Alice 06.軌跡 07.One love -piano ver- 08.JOK3R (Dance performance) 09.Higher 10.Pain 11.First&Last 12.Freeze 13.WINK 14.Brand New Day 15.A:live 16.We like party  

ENCORE 01.Light on fire 02.With you


(5周年記念!豪華スペシャルBOX<2020セット生産限定>)

NZS-821(2CD+2Blu-ray+Photobook)

¥10,000(税別)


[Bonus CD]

01.Goddess / IVVY HIROTO 02.Hands up / IVVY KENTO.i 03.ONE / IVVY TOSHIKI 04.歩み / IVVY YU-TA


[Bonus Blu-ray]*Music Video

01.First&Last 02.Light on fire 03.Too late 04.WINK 05.Alice

*フォトブック仕様・豪華ブックレット。

*トレーディングジャケット封入(豪華スペシャルBOX ver.合計5枚セット)

*メンバー1人の直筆サインがランダム封入。メンバーの指定はできません。

anan

2020年12月29日 19時20分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。