BABYMETAL「最初は批判的な意見から始まった」結成10周年を振り返る

2020年12月21日 20時10分

エンタメ anan

結成10周年を迎えたBABYMETALが、これまでの歩みとお互いへの想いを語ります。

――10年間を振り返って、ターニングポイントになったことから教えてください。


SU‐METAL(以下S):個人的には2014年のイギリスのフェス、ソニスフィアです。5万人の前でのライブだったんですけど、自分たちの音楽が国境を超えた瞬間を体感して。「音楽に言葉はいらないんだ」って感動しました。


MOAMETAL(以下M):私はありすぎて絞りきれない。だからBABYMETALになったことかな。グループの存在が、私を一番変えてくれたから。


――節目に特別な会話はありましたか?


M:お互い気付いたら10周年で。特に何も言葉はなかったから、ずっとそばにいてくれてありがとうって伝えたいです。ふふ。


S:こういうこと、インタビューを通して言ってくるんですよ(笑)。


M:もう家族みたいな存在で。だから改めて感謝とかを伝えるのは恥ずかしくて…。


S:ふふふ。


――では、お互いの成長したところは?


S:ダンスのレベルですね。特にこの2~3年、いろんなダンサーの方にサポートしていただいているんですけど、普通は誰かに合わせるってしたくないと思うんです。でも、彼女は素直に受け入れてレベルアップしている。元々素直だし、社交性と表現力がある。この部分がずっと変わらないからこそ、成長がみられたのかなって。


M:SU‐METALも変わらないよね。礼儀正しいところ、何に対しても一生懸命で好きなものを追求するところとか。でも、曲を聴き直すと進化している。最初からうまいんだけど、声質も、表現の幅も広がって、この10年どれだけ努力してきたのかと考えると、家族として涙ぐましい(笑)。


S:あははは。


M:成長した部分はあるけど、尊敬できる部分が変わらないからこそ、私もずっとSU‐METALのことを信じていられるし、好きでいられるのかも。今、すごく恥ずかしくて彼女の目は見られないですけど。


――BABYMETALの活動を通して、奇跡を感じたことはありますか?


S:BABYMETALでいると、次々と奇跡が起こって。で、今に至るんです。


M:うん。もう、BABYMETALっていう存在自体が奇跡なのかもしれない。


S:これが夢だって言われたら、ある意味納得しちゃうくらい。ライブ中も、自分なのに自分じゃない感じがあって。どこか他人事のように、SU‐METALはカッコよくいてほしいと思っていたりするし。


M:私、ライブ中は無意識の中にいるかな。でも、リアルとファンタジーの二面を持っているという部分はすごくわかる。BABYMETALの中にいると、自然とMOAMETALとして生きられるから。普段の自分とは全くの別物なのにね。


――二人でいるときはどちらの自分?


M:ライブのときとは違うMOAMETAL。50%のMOAMETALです(笑)。


S:確かに普段の自分とも違うし、ライブほど全力でもない。私も50%くらいかも!


M:二人でちょうどひとつの感覚だよね。


――改めて、BABYMETALとは?


S:チャレンジ精神かな。最初は批判的な意見から始まったのに、不思議と自分たちの音楽をずっと信じてこられた。私たちの曲はひとつとして同じものはないと思うんですけど、それだけ10年間挑戦し続けているんです。それが成功か失敗か、今はわからない。でも、何にも囚われずに“BABYMETAL道”を進むだけ、というか。


M:私たち自身がしっかり愛を持っているグループだから、それが“らしさ”になるのかもね。メタルに対するリスペクトも、出会ってくれた全ての人への感謝も常に持っているから。愛に溢れているからこそ、自分の音楽に自信が持てているし、最善を尽くせるんだと思っています。


S:だからずっと挑戦し続けたい。メタルって、心に直接響く強いメッセージがあって。存在は知らないけど、実は必要としている人はたくさんいると思う。そんな人にメタルという音楽を届けたいし、ひとりでも誰かの心を音楽で救えられたらなって。


M:うん。待っていてくださる方がいてくれるってことは、私たちが届けなきゃいけない音楽があって、それを託されているんだとも思うんです。紅白も、来年の武道館での10公演も、できること自体が奇跡。


S:自分たちがライブを経て学んできたからこそ、ライブはすごく大切な存在で。この環境で10年育ってきちゃったからね。


M:うん。だからこそ、信じてきた音楽を少しでもみなさんに直接届けたいですね。


ベビーメタル 2010年結成。12月23日にベストアルバム『10 BABYMETAL YEARS』を10形態でリリース。来年、全10公演の日本武道館ライブも控える。


※『anan』2020年12月23日号より。写真・岩澤高雄(The VOICE) スタイリスト・Shohei Kashima(W) ヘア&メイク・aya watanabe 取材、文・野村紀沙枝


(by anan編集部)

anan

2020年12月21日 20時10分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。