BTS、SEVENTENら出演、今年もアジア最大級の音楽授賞式MAMAが開催! #137

2020年12月09日 20時10分

ミュージック エンタメ anan

毎年12月に開催されるアジア最大級の音楽の祭典「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」、通称「MAMA(ママ)」が今年も開幕しました。世界的な新型コロナの流行により、一時は開催も危ぶまれましたが、今年は史上初の非対面開催となり、授賞の場ではアーティストもマスクを着用して登壇するなど、コロナ時代の新しいスタイルを提示。さらに、今年のパフォーマンスは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)といった最新テクノロジーを駆使し、無観客であることを逆手に取って、いまだかつてないステージを展開しました。

取材・文 尹秀姫


【ペンになってもいいですか!?】vol. 137

例年とは違ったスタイルにならざるを得なかった「2020 MAMA」のトップバッターを飾ったのは、いつも新しいことに挑戦し続けるTAEMIN。青い衣装をはためかせ、新曲「Criminal」と「OUTRO」で妖艶ですらあるダンスを披露しました。


TAEMIN

今年放送された大人気サバイバル・オーディション番組『I-LAND』から誕生したばかりのENHYPENが早くもMAMAに初登場。彼らの先輩で、BTSの後輩でもあるTOMORROW X TOGETHERはレトロなディスコのステージで、韓国の懐メロ「Short Hair」(チョ・ヨンピル)と「She Was Pretty」(J.Y.Park)をメドレーで披露。最後はBTSの「Dynamite」で会場を盛り上げました。


ENHYPEN


TOMORROW X TOGETHER

日本から唯一参加したアーティストは、今年デビューしたばかりのJO1。豆原一成による夢に関するナレーションから、真っ黒なステージでデビュー曲「無限大(INFINITY)」を歌うと、途中で空から光が差し込み、最新曲「Shine A Light」へとメドレーしていきます。2020年を駆け抜けたJO1の1年が凝縮されたパフォーマンスで、世界中の人が見守るMAMAのステージをつとめあげました。


IZ*ONEは、まず真っ赤な薔薇が咲き乱れるステージに登場した4人が韓国のデビュー曲「La Vie en Rose」を、すみれ色のステージでさらに4人が「Violeta」を、そして次のステージで4人が「FIESTA」をメドレーで披露。最後に全員が集合し、「Secret Story of the Swan」、そして翌日リリースの新曲「Panorama」を初披露しました。今年で3回連続出場となるIZ*ONE、今年はFavorite Female Group を受賞し、「会えない状況が続いていますが、どこにいても私たちはひとつです」(宮脇咲良)と、WIZ*ONE(IZ*ONEのファンの名称)への変わらぬ愛を伝えてくれました。


IZ*ONE

今年はリモート撮影で『anan』に登場していただいたSEVEENTEENは、「Left & Right」と「HOME:RUN」のパフォーマンス。「Left & Right」ではカジュアルルックで登場したSEVEENTEENが、「HOME:RUN」では白か黒のタキシードに身を包み、大勢のバックダンサーを従えてゴージャスなステージで歌い踊る姿は、まさに圧巻! 昨年はS.COUPSが不在で残念がっていたメンバーたちも、今年は全員揃ってのステージで本領を発揮していました。


SEVENTEEN

そのSEVEENTEENより大人数でのパフォーマンスを披露したのがNCT。今年はNCT 2020としてNCT U、NCT DREAM、NCT 127、そして昨年MAMAに登場したWay Vが合体した超大型プロジェクト・グループとして活動。MAMAではそれぞれのグループの楽曲のほか、新曲「RESONANCE」ではNCT全員が同じステージに立つ壮大なパフォーマンスで会場を沸かせました。


NCT

TWICEは真っ白な衣装で登場。今年6月にリリースした9枚目のミニ・アルバムのタイトル曲「MORE & MORE」で大きなステージを幻想的に彩りました。続く「I CAN’T STOP ME」では大きなステージを復古ディスコ調のリズムで大きなステージを圧倒したかと思えば、続く「CRY FOR ME」ではVR空間で緩急のある曲を息ぴったりに初披露。今年、The most popular Artist を受賞したTWICEは「一生懸命がんばって、恩返しします」(ナヨン)と感謝の言葉を述べていました。


TWICE

そしてラストはBTS。ソウルワールドカップ競技場のグラウンドを使った「ON」の壮大なパフォーマンスに始まり、今年の夏、世界中を夢中にさせた「Dynamite」ではカラフルな花火が連続して打ち上がるド派手な演出も。最後はヨーロッパを思わせる真っ白な街並に真っ白な人、そして真っ白な衣装のBTSが7人揃って最新曲「Life Goes On」を披露しました。BTSは今年、MAMAの4大タイトルである「今年の歌賞」「今年の歌手賞」「今年のアルバム賞」「Worldwide Icon of the Year」を受賞。「今年のアルバム賞」の受賞では、会場にはいないSUGAが電話越しに「僕たちのアルバムがたくさんの方に愛されて感謝しています」と感謝の言葉を伝えてくれました。


BTS

アーティストにとってMAMAは1年の締めくくりでもあり、1年のがんばりを評価される場。今年は無観客、マスク着用、レッドカーペットの中止など、例年通りとはあいかなかったけれど、来年こそは再びアーティストのパフォーマンスを生で観られる機会が戻るよう、そして1年の終わりを楽しく過ごせるよう、願っています。


「2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS (MAMA)」©CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

anan

2020年12月09日 20時10分

ミュージック エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。