『愛の不時着』の次に見る配信ドラマはコレ! ”動画配信戦争”勃発中

2020年09月26日 19時00分

エンタメ anan

続きが気になって一晩中見てしまった! そんな人が絶えないくらい、ブレイクが続く配信ドラマ&番組。新型コロナの影響もあるけれど、それ以前から魅力的な作品が続々と発表され、動画配信サービスの充実で世界中が夢中に! そんな、配信ドラマの“熱さ”を海外ドラマ評論家・池田 敏さんが教えてくれました。

なぜここまでブレイクしたのか? 成長の変遷と世界のドラマ事情。


韓国ドラマは、日本やアジアに続いてアメリカでも人気爆発中だ。『TIME』などの大手メディアでも紹介され、韓国ドラマは「K‐dramas」と呼ばれている。音楽の「K‐POP」の次は「K‐ドラマ」が世界を席巻しそうな勢いだ。


アメリカでのブレイクの背景として大きいのは、やはりNetflixなどで世界中に配信されたこと。今年、世界では外出を控える人が急増したが、動画配信サービスの会員数もぐんと伸び、全世界でNetflixの会員は3か月で約1千万も増加。そして株式の時価総額は、アメリカの娯楽・メディア産業でトップに立った。


Netflix、Amazon Prime Video、Huluなどの先駆者たちに加え、全米では昨年、Disney+が、今年は『ゲーム・オブ・スローンズ』などのヒット作で知られるTV局、HBOの系列であるHBO Maxがサービスを開始。“動画配信戦争”といった様相を呈しているが、その勝敗を左右するのはとにかくコンテンツの質。日本のNetflixで韓国の『愛の不時着』『梨泰院クラス』『サイコだけど大丈夫』がヒットしているように、どこの国のどんなコンテンツが当たるかは予測不可能だ。


そしてNetflixは、多くの作品の撮影が延期になっているとはいえ、今年は170億ドル(約1兆8千億円)も投じ、世界中から意欲的なコンテンツを集めている。


そんな流れもあり、「K‐ドラマ」を含む海外ドラマ事情は、やたらと熱い。ここで時代を遡ると、その始まりはやはりハリウッド。1980年代、全米ではケーブルTV(日本でいうCATV)が普及し、TVは一気に多チャンネル化。なかにはCMスポンサーを気にせず、従来の地上波チャンネルでは扱えなかったような、刺激的な題材のドラマを取り上げる局も出現。


そこで先陣を切ったのがHBOだった。なかでも『セックス・アンド・ザ・シティ』は日本でも大反響を呼んだ。「セックスがありなら、ドラマはもう何でもありだ」という意識を広めた。続いてエロティックな場面やバイオレンス描写も多い、大人向け『ロード・オブ・ザ・リング』のようなファンタジー大作『ゲーム・オブ・スローンズ』は、日本でも多くの有名人がファンだと公言し、海外ドラマに対する関心を押し上げた。ゾンビホラードラマ『ウォーキング・デッド』や、高校の化学教師が麻薬ビジネスに挑む『ブレイキング・バッド』などもTVドラマの常識を破壊。


そして2015年秋から大いに盛り上がっているのが、サブスクリプションで定額見放題を売りにした、Netflixをはじめとした動画配信サービス。それぞれ新規の会員を獲得するため、TVでは見られないであろう、刺激的かつドラマならではの面白さに満ちた意欲作を連発する。Netflixは『ハウス・オブ・カード 野望の階段』など、Amazon Prime Videoは『トランスペアレント』など、Huluは『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』などが、ネット配信向け作品であるにもかかわらず、「TV界のアカデミー賞」であるエミー賞を受賞。「LGBTQ」「#MeToo」など、時代の趨勢を先取りしたことも型破りで革新的だった。


もっとも、全米では15年以上前に人気を博したコメディ『フレンズ』が一周回って動画配信によって若いファンを獲得しているように、全米地上波TVの雄、CBS、NBC、ABC、FOXという4大ネットワークも健在。アメリカが世界のドラマシーンを牽引している。


しかし近年、アメリカ以外の国々からも続々と良作が登場し、目が離せない状況に。実力も容姿も恵まれた俳優が多いイギリスもドラマ大国だ。ミステリー小説の土壌が豊かなのも強みで、ベネディクト・カンバーバッチ主演『SHERLOCK/シャーロック』、イドリス・エルバ主演『刑事ジョン・ルーサー』など、スリリングな佳作を量産。他にも『ダウントン・アビー』『ザ・クラウン』など、正統派の良作が生まれている。


ヨーロッパでは、北欧のスウェーデンとデンマークが台風の目になっている。元々、映画の先進国だったが小国なので多くの予算をかけられず、1つの企画で映画版とTVドラマ版の両方を作ることが多かったという伝統もある。スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによる世界的ベストセラー・ミステリー小説が原作の『ミレニアム』シリーズも、映画版とTVドラマ版の両方がある。『THE KILLING/キリング』『THE BRIDGE/ブリッジ』など、ハリウッドでリメイクされたドラマも多い。


欧米以外で気になる国の筆頭はインドだ。人口が世界第2位である上、ボリウッドと呼ばれる巨大な映画産業があり、アメリカの大手IT企業にインドがルーツのCEOが多いのも背中を押してか、個性的なドラマが続々と生まれている。


アジアとヨーロッパにまたがるトルコもドラマ作りが盛んだ。歴史ドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』は世界的にヒットし、また、松雪泰子が主演した日本のドラマ『Mother』をリメイクしたりしている。


これから意外な伏兵になりそうなのはタイ。男性同士の恋愛を描いたドラマが次々に作られており、WOWOWが10月から放送する『2gether』などは要注目。


そして人口世界一の中国では、中国版Netflixをめざしたような動画配信サービス「愛奇芸(アイチーイー)」が好調で、Netflixもそんな中国産ドラマを無視できず、すでに海外で多数の作品を配信している。なかには、『如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~』『神龍〈シェンロン〉‐Martial Universe‐』のように、製作費が100億円前後の大作まである。時代劇に偏りがちではあるが、美術・セット、衣装に巨額の予算を注いだであろう壮大な作品が相次いでおり、やはり気になる存在だ。


世界的な外出自粛ムードの中、動画配信を主戦場に盛り上がるドラマブーム。最近では、『ゲーム・オブ・スローンズ』を生んだクリエイターコンビ、デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが、ヒューゴー賞に輝いた中国の劉慈欣(リュウジキン)によるSF小説『三体』を、Netflixでドラマ化するというニュースに世界が驚いた。これからのドラマが、国籍も国境も関係がなくなることを象徴するような話題だ。


ドラマウォッチャーいちおし! いま見たい配信作品


ドラマウォッチャーの田嶋真理さん、momomosparkleさんオススメの作品とは?


『ブリーズ~光と影~』(INDIA)



インド娯楽作のお約束といえば、歌って踊る陽気なミュージカルシーン。このドラマはそんなイメージを覆す、本格サスペンスが見どころ。主人公は、6歳の娘を誘拐された精神科医。犯人の要求は、指定した相手を殺すこと。シリーズを通して、人間は愛する者のためにどこまでできるのか、という難題を見る者に突きつける。そして、終盤で明かされる意外な犯人の正体にがく然! 捜査担当のカビール警部は『ブリーズ~父親の葛藤~』にも重要な役で登場するため、2作続けてイッキ見がオススメ。Amazon Prime Videoにて独占配信中


『ロック・アップ/スペイン 女子刑務所』(SPAIN)



主人公は、不倫相手にだまされ、7年の懲役が科せられたブロンド美女マカレナ。収監初日は仔犬のようにおびえていた彼女だが、次第にたくましく成長し、カリスマ性のある策士に。性的にも開花し、女囚や男性看守と激しく愛し合う姿は、情熱の国スペインならでは!? 塀の中と外を巻き込む濃密な人間ドラマと同時に、盗まれた大金や監禁された少女の行方など事件が頻発し、息もつかせぬ怒濤の展開に魅了される。世界的サッカー選手メッシとその妻が、先を争って見たというのも納得の面白さ! Huluにてシーズン1~2独占配信中 ©Atresmedia Television. All Rights Reserved


『リタ』(DENMARK)



デンマークの小さな小学校に勤めるリタは、口も態度も悪くて性に奔放。いわゆる「良い先生」のイメージとは程遠いけれど、だれよりも児童たちへの愛と情熱にあふれている。相手が誰であろうと対等に向き合い、「私はこう思う。あなたは?」とまっすぐな瞳で問いかける。勝ち気で怖いもの知らずに見える彼女も、その破天荒さ故にトラブルにぶちあたることもしばしば。ときには自分に自信をなくしたり、悩んだりしながらも、リタ流で見せる子供たちへの思いやりに、笑って泣ける! Netflixオリジナルシリーズ シーズン1~5独占配信中


いけだ・さとし 海外ドラマ評論家。1967年生まれ、東京都出身。多数の映画誌に寄稿し、著書に『「今」こそ見るべき海外ドラマ』(星海社新書)。WOWOWのアカデミー賞授賞式中継でブレーンを務める。


たじま・まり 映画&ドラマライター、エディター。本誌の公式サイトにて、連載コラム「イケメンで観るドラマと映画」を担当。日々の癒しアイテムは、ホラー系の映画&ドラマ&小説。


モモモスパークル ハッピーでポップなイラストが特徴のイラストレーター、漫画家。毎晩、新しい海外ドラマを探索中! 著書に『ハピドラ! マンガで紹介 気分ぶちアゲ海外ドラマ』(柏書房)。


※『anan』2020年9月30日号より。文・池田 敏


(by anan編集部)

anan

2020年09月26日 19時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。