SEVENTEEN日本公演レポ! ハロウィン当日は最後にサプライズも!【K-POPの沼探検】#117

2019年11月14日 17時30分

エンタメ anan

2016年に初めて日本でコンサートを開催してから3年、今年はワールドツアー「ODE TO YOU」の一環として大阪城ホールにはじまりAichi Sky Expo、横浜アリーナ、そして幕張メッセ国際展示場と日本ツアーをまわったSEVENTEEN。日本では4月に20万人を動員した「HARU」ツアー以降、およそ半年ぶりの公演でしたが、今回も全公演満員御礼の大盛況! 今回はハロウィン当日の10月31日、横浜アリーナでの公演をレポートします。

取材・文 尹秀姫


【ペンになってもいいですか!?】vol. 117



左から、ウォヌ、ジョンハン、ディエイト、スングァン、ウジ、ミンギュ、ジュン、エスクプス、ジョシュア、ドギョム、ディノ、ホシ、バーノン。


スクリーンに映し出された映像で、ジョンハンが電気の紐を引くと、会場も真っ暗に暗転。そのなか、センターステージの真ん中にピンスポットライトが当たると、そこにはジョンハンの姿が。上から白い幕がジョンハンを囲むように垂れ下がり、次々とメンバーがステージ上に現れます。その布が一斉に落とされると、ステージ上のモニターには今回のタイトルツアー「Ode To You」の文字が大きく映し出されました。


スパンコールをあしらった黒い揃いの衣装をまとったメンバーが全員ステージ上に登場。顔の下半分を隠すかのようにつけていたスヌードを外し、すぐさま「Getting Closer」で激しい流れへ。最後にはステージの奈落に吸い込まれるように落ちていくメンバーに、客席からは絶叫が!


続いては、メインステージに組まれた鉄骨の上にメンバーが立つなか、EDMバージョンとも言うべき新しいリミックスの「ROCK」。さらにアレンジの施された「CLAP」ではスングァンとドギョムがハモるようにシャウト、ウジはマイクを落としてキャッチするパフォーマンスで楽曲以外でもロックテイストで魅せてくれました。



幻想的なイントロにはじまり、激しいステージが続いた後にはオープニングMC。「今日も雰囲気が本当にあっついです」と、ホシおなじみの「あっついです」フレーズも飛び出します。メンバーそれぞれ意気込みを語るなか、ホシの番になると、会場からは自然に「王子さま」コールが。そして「みなさんに質問があります。今、何時?」とホシが言うとCARATが「10時10分」と絶叫するという、こちらもおなじみのコーナーが今回も繰り広げられました。


ツアータイトルである「Ode To You」の意味を解説するコーナーでは、この日はバーノンが担当。「直訳すると“君のための詩”ですが、コンサートのタイトルにした理由は、僕たちのステージすべてがCARATのためのものだからです」と説明してくれました。


そしてメンバーがそれぞれ話し出すなか、突然ジョンハンが「“急にMCタイム”タイムです!」と宣言。「もう秋ですね……」からはじまるショートコント(?)を披露。続いてこちらも恒例となっている、掛け声のコーナーへ。今回はメンバーが「SEVENTEEN、CARAT」と言うと、全員で拍手を2回して「Ode To You」と掛け声をすることに。


そして次のタームに行く前に、スングァンとジョンハンのアドリブによって、ジョシュアが愛嬌たっぷりに紹介をして、再びコンサート本編へ。


ゴスペル調のイントロから厳かにはじまった「THANKS」、歌とダンスの素晴らしい融合を見せる「Don’t Wanna Cry」に続いて、いよいよユニットステージへ。まず登場したのはHIPHOPチーム。「TRAUMA」でHIPHOPチームらしい力強いステージを魅せたと思えば、「Chilli」では会場を一気に盛り上げます。


続いて登場したのはパフォーマンスチーム。韓服を思わせるガウンを羽織った4人が優雅な舞踊を見せると、最後に4人が折り重なるように倒れる群舞から始まった「Lilili Yabbay」に、4人のカラーの違ったダンスが楽しめる「Shhh」まで、パフォーマンスチームならではのステージを披露。


ボーカルチームは、「Hug」をしっとりと歌い上げ、続く「Don’t Listen In Secret」では特にドギョムとスングァンのハーモニーが美しく響きました。「HARU」ツアー以降変えたというボーカルチームおそろいのブルーのマイクも印象的。



HIPHOPチーム


ステージに残ったドギョムにHIPHOPチームが加わり披露した「Space」では、迫力満点の4人のラップに、ミュージカル出演を経てさらに磨かれたドギョムの歌声が響きました。「Smile Flower」では、スクリーンに歌詞が映し出され、最後のパートはメンバーがCARATの歌声を聴く演出も。CARATの歌に、微笑みを浮かべながら、また真剣に、メンバー全員が耳を傾けていました。


スクリーンに、メンバーそれぞれが絵を描いたり、本を読んだりしている映像が映し出された後、メインステージは「SVT MUSEUM」と書かれているように、美術館のセットに大変身。まるでマネキンのように動かないでいるメンバーたちが、「Adore U」の曲がはじまると、とたんに弾けます。


「Pretty U」から「Oh My! -Japanese ver.-」まで、ミュージカル仕立ての楽しい演出で楽しませてくれた後は、ドギョム、ホシ、スングァンのユニット「ブソクスン」の名曲「Just do it」をSEVENTEEN全員バージョンで惜しみなく力いっぱい披露。


続いてスクリーンに謎めいたメモをSEVENTEENのメンバー1人ひとりがリレーしていく映像が流れると、ステージにはまさにそのメモがドギョムからスングァンに渡される場面から「Good to Me」がスタート。日本1stシングル曲「Happy Ending」まで一気に歌いきり、再び会場は熱気に包まれます。



PERFORMANCEチーム


ここまで一気にコンサートを駆け抜けてきて、ここでようやく再びMCコーナーへ。今までのステージを振り返って、「僕の記憶では初めて横浜に来た時も『Smile Flower』を歌ったと思うのですが、今聞くとCARATのみなさんも感じ方が変わったんじゃないですか?」とディノが聞くと、客席からは大きな歓声が。ドギョムも「CARATのみなさんの歌の実力も上がったんじゃないですか? 歌声が宝物のようでしたよ」とCARATを褒め称えました。


そして、オープニングのMCでもやっていたジョンハンのミニコーナー“急にMCタイム”タイム(タイムは2回!)が再びはじまり、ジョンハンの「次はドギョムを参加させてあげるよ」の言葉で、急きょドギョムもやらされることに。


また、今までの日本でのコンサートを振り返り、去年は「U.S.A」のダンスをMC中に披露したり、2年前にはスングァンの「35億」のモノマネがあったり、バブリーダンスをやったことなどを懐かしく話し、次の日本ツアーでは何をやろうか? と楽しそうに話し合っていました。


「次のステージは?」という問いかけに「ひみつ」と答える一連の流れも、すっかりおなじみに。エスクプスは「この“ひみつ”は今後5年は続くんじゃないかな」と言うほどの流行語になったと言うと、ジョンハンが「これは僕が作った流行語ですよ!」と自慢げ。


次はCARAT全員に「ひみつ」を言わせようということで、どんな質問をしたらみんなが「ひみつ」って言いたくなるかな? と話し合い、「SEVENTEENのどこが好きですか?」と聞くと、客席からは「ひみつ」の声にまじって「かっこいい!」という声が聞こえていたとスングァンがリークしていました。



VOCALチーム


そしていよいよ本編ラストの「Fear」へ。さらに磨きのかかったパフォーマンスで、コンサートを締めくくります。アンコールでは、日本でも中高生の間で爆発的な人気を呼んだ韓国ウェブドラマ「A-TEEN2」の主題歌「9-TEEN」を初披露。


全員がメインステージに上がり、最後の挨拶に。ディノは「ライブを見る時、足も痛かったはずなのに、一緒に楽しんでくれてありがとうございます」と日本語でコメントを用意したかと思えば、ウジは「Just do it」でペンライトを激しく振っていたCARATを見て、みんなの膝と手首の心配をしていました。


ホシは「ここでマイクを通さず叫んだらみんなに声が届きますか?」と言うと、ジョンハンは「一番後ろにいる人が聞こえたらCARAT棒を振ってください」と言って、ホシが生声で叫ぶと、一番奥のペンライトがたしかに揺れた! 最後方まで声が届いたことに興奮するメンバーたちと、最後に会場全員で写真をパチリ。


アンコールのラストはこの夏、Summer Sonicでも盛り上がった「HIT」でステージを駆け巡り、またすぐに会おうという気持ちを込められた「VERY NICE」は、何度もアンコールを“おかわり”。扉が閉まったその後に、再びステージに戻って来た時には、ハロウィンの日らしく全員が仮装でステージに登場。ジョシュアはかぼちゃのカチューシャ、スングァンは天使の輪っかに羽根、ウジはメガネにうさ耳など、かわいくもハロウィンらしい仮装が揃う中、ホシはなぜかカニの顔だけ着ぐるみを身に着けていました。最後の挨拶を済ませ、扉が閉まったその後にも再びステージに戻ってくるなど、何度もアンコールを“おかわり”。ステージを愛し、CARATを愛するSEVENTEENの気持ちがあふれたコンサートでした。



そして2019年11月11日17時、2020年5月に行われるSEVENTEEN初のドームツアーを発表! いつも遠い席にまで気持ちが届くパフォーマンスを見せてくれるSEVENTEEN。初めてのドームではいったいどんなコンサートを見せてくれるのか、楽しみに待ちましょう!

anan

2019年11月14日 17時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。