元日本代表・川崎F中村憲剛「女性に任せきりは...」ワンオペ育児に言及 前編

2019年06月28日 18時30分

家事・育児 エンタメ anan

類まれなるセンスと、積み重ねた経験と努力により培われたテクニックで、観客はおろかピッチ上の相手選手をも魅了する川崎フロンターレ・中村憲剛選手の独占インタビューです。ピッチ外では子煩悩パパとしても知られることから、今回は中村選手の家族観に注目。全女性が思わず涙ぐむ!? 名言だらけのコメントを前編、後編にわけてご紹介します!

写真・黒川ひろみ 文・伊藤順子


思い通りになかなかいかない。だから、サッカーはおもしろい



前日の大雨が嘘のように晴れた昼下がり、Tシャツ、デニムにサンダルというラフなスタイルでふらりと現れた中村憲剛選手。時間の都合上ご挨拶もそそくさに、いきなり撮影というこちらの無茶なお願いを快諾し、テンポよく決めポーズを披露してくれました。この時のカメラマンと中村選手のやり取りが、まさにボケとツッコミで抱腹絶倒レベル! 初対面とは思えないほどの即興かけあい漫才で、一気に現場の空気が和みました。


中村選手 いや、カメラマンさんの連発するボケが、いちいちツッコまずにはいられなくて(笑)。それに僕は、何ごともやるからには楽しくやりたい人間なんですよね。性格は、楽天的でカラッっとしているけれど、直情型でもあります。サッカーを知っている人は、僕のことをよく「冷静」や「落ち着いている」と表現しますけれど、とはいえ勝負に全力をかけるサッカー選手ですから、全く違う側面も持ち合わせていますよ。熱くたぎることも往々にしてあります。ひと言でいえば、「人間臭い」と自分では思っています。


ーー確かに、2位で終わることの多かった川崎フロンターレが2017年に初優勝を遂げたときに、中村選手が見せた涙は熱い魂を感じさせるものがありました。同クラブひと筋で16年、サッカー歴は30年以上にもなるそうですが、中村選手をそこまで惚れさせるサッカーの魅力って何なのでしょうか?


中村選手 サッカーをする側の観点でいえば、自分の思い描いたプレーでゴールが決まったり、観客のみなさんが湧いてくれることがすごく魅力的だと思います。観ている人たちからしたら、ここにボールが出たらおもしろい、すごい、と思うことを選手がやってくれることで、一種の達成感を味わえると思うし、ゴールシーンは単純に盛り上がると思いますね。


ーー思い描いた通りの展開になるのが魅力、というのは中村選手のような一流の選手だからこその楽しみ方ですよね。普通の人だったら、その通りにいかないことだらけのような気がします。


中村選手 いやいや、僕だって全然イメージ通りにならないですよ。なかなかうまくいかないから、成功したときに強烈なおもしろさを感じられるんです。全てのことが思い通りにいったら、人生つまらないじゃないですか。ボールは丸いし、足でコントロールしなきゃいけないから、当然ミスは起きる。それを極力減らして、どれだけ自分の思い通りにできるかを僕はずっと追求し続けているんです。


いまだすべてがうまくいった試合は訪れないし、天井はないと思っているので、だから38歳になるいまでもサッカーを続けているんですよ。これからも、もちろん頑張りたいですね。


妻に育児を任せるなんて、誰と誰で作った子だ、という話です



ーーこの取材でもそうですが、他メディアでのインタビューなどを拝見しても、中村選手はこちらの意図を瞬時に汲み取り、的確な言葉で返してくれる印象があります。クラブを問わず多くの選手やサポーターからリスペクトされる理由は、プレーの素晴らしさに加え、そのお人柄にあるのでしょう。ピッチの外では、ご家族思いの良きパパであることも広く知られていますね。


中村選手 はい、子煩悩を公言していますね(笑)。小5、小3、年少と3人の子どもがいます。上ふたりは、2学年離れていますが、実際には1歳7か月しか差がないので、双子のよう。よくセットで行動していますね。


練習が終わったら、少しでも家族と一緒にいたいので、どこにも寄らずに帰宅しています。家族といることが一番好きなんですよね。


ーー素敵です! ではすみません、ここから、サッカー専門媒体ではない、ananwebならではの本題に入りますが、令和時代になってもまだ、家事育児は母親任せという男性が驚くほど多い現実を、中村選手はどうご覧になっていますか?


中村選手 僕は育児はふたりでするものだと思っています。それに、ありがたいことにサッカー選手って、実は時間があるんですよ。お勤めしている方々に比べて子どもと接する時間が長いと思います。会社員の方だと、子どもが起きる前に出勤して帰宅も遅かったりしますよね。となると、子どものことは、妻から聞くことになるから、直接関わることが難しいんじゃないでしょうか。


僕はその場にいることが多いから、子どもがいま何が好きなのか、何を考えているのか、ダイレクトに実態がわかるんですよ。だから自らの意思もあるけれど、必然的に面倒を見る。その差は大きいと思いますね。それでも、仕事が忙しいから妻に任せきりにするというのは少し違うかな、とは思います。


僕の父親も朝早く仕事に出ていましたが、土日はサッカーの練習や試合を欠かさず見に来てくれました。自分に関心をもってくれるのって嬉しいですよね。無関心が一番辛いと思うので、子どもにはそんな思いをさせないようにしています。


ーー働き方改革で帰宅がはやくなっても、「ママ―、泣いてるよ~、なんとかして」と他人ごとのように育児を傍観する父親もいるんですよ。


中村選手 僕もそういうことはたまにはあります(笑)。でも、じゃあ、誰と誰でその子どもを作ったの? という話になりますよね。仕事をしているからいいってワケではないと思います。つくづく思うのですが、朝昼晩の食事作りに掃除、洗濯、家族ひとりひとりのスケジューリングと、お母さんたちの仕事というのは、本来もっと評価されていいと思っています。お金に換算したら、めちゃくちゃ稼げると思っているんですよ。だって、本当にマルチタスクじゃないですか。


もちろん会社で働いていることも大変だとは思いますが、それが家事、育児をしない理由にはならないですよね。働いて稼いだお金で家族に不自由ない暮らしをさせることは父親の大きな役目のひとつだと思いますが、それ以外の分野に父親が参加することで、もっと家族が豊かになれる可能性がいくらでもあると思います。ほんの少し意識を変えるだけでいいから、もう少し興味を持っていただければと思いますね。


僕は、引退したらいまよりも子どもと過ごせなくなると思うんです。だから、いまある時間を一緒に大切に過ごしたい。子どもが子どもでいる時期だって限られていますから、大人になるまでの貴重な時間こそ、そばにいたいと思います。本来、父親ってそうじゃなければいけないと思うんですよね。


父親力とは、子どもと過ごす時間を確保する力



ーークラブのHPのプロフィールに、「父親力を高めたい」とあります。この意味は?


中村選手 (しばし悩みながら)子どもにもっと関心を持つことだったり、一緒に解決する力を高めたいということですかね。これまで言ってきたことを踏まえると、「子どもと過ごす時間を確保する力」とも言えるかもしれないですね。僕は、子どもたちの人生に興味があります。彼らはそれぞれの人生のレールを歩きだしていて、彼らがつまずいたときにサポートできる、フォローできる父親になろうと思っています。


ーー中村選手のような人と結婚したい! したかった! という世の女性の声が聞こえてくるようです。もう少し、育児に対するお考えをお聞かせください。


中村選手 特にしつけの面では、自分が親にされて良かったと思うことをしていますね。テーブルマナーや挨拶、目を見て話すことなど。これらは、両親が口を酸っぱくして僕に言ってきたことです。最初の段階で物事の良し悪しを教えるのは親でしかなく、それで人格というのは形成されていくと思っています。よく、学校の先生にそれを求める人がいるけれど、それでは先生の負担が重すぎると思いますね。そこは親が担うべき部分なのではないでしょうか。


上のふたりは小学校といういわば社会に既に出ているわけで、そこでひとさまに迷惑をかけない。言われたことだけをやるのではなく、自分から考えて動く。自己主張ができて、人の話も聞けるようになってほしい。そういったことを伝えています。これらは、子どもたちが生まれた時から考えていました。妻とも、彼らの状況を見ながらその都度話し合っていて、子どもたちの大事な芯の部分は、そうやって妻とふたりで固めていきたいなと思っています。


ーー夫、父親の鑑といえるような素晴らしい価値観をお持ちですが、そのような「家族を愛する男・中村憲剛」はどのような過程を経て形成されたのでしょう。中村選手の歴史を紐解いていくと、女性がキーワードとして浮かび上がってきました。はたして、中村選手と女性はどう結びつくのか。後編では、「僕を支えてくれた女性たち」と題し、中村選手に大きな影響を与えた女性のみなさんをご紹介します。日本代表や森保監督へのコメントもお伝えしますので、ぜひお楽しみに!

anan

2019年06月28日 18時30分

家事・育児 エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。