“ビリギャル”のその後...「大好きだった旦那さんとは去年離婚しました」

2019年04月14日 20時30分

エンタメ anan

ノンフィクション作品『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA)のモデルである、小林さやかさん。後輩たちへのエールをこめて小学生時代から現在に至るまで、経験をどうプラスに変えてきたのか、教えてくれました。

小学生時代

なんだか自分が好きになれない。私の人生、こんなはずじゃない!

→「でも必ず自分は幸せになれる」根拠のない自己肯定感を持っていた。


小学生の時の私は、とにかく自分が嫌いだった。得意なことなんて何もないし、今みたいに人と上手に喋ることもできないから、友だちともうまく付き合えなかった。「なんでこんなに楽しくないんだろう…」と思いながら、毎日を過ごしていたけれど、そんな私にああちゃんはいつもこう声をかけてくれた。「あなたは世界一幸せになれる子なのよ」って。その言葉をまるで呪文みたいに、毎日言うものだから、私も私で「うん、そんな気がする!」って途中から自然と思いはじめてきて(笑)。おかげで、「自分のことは嫌い」だけど、「私は必ず幸せになれる」「もっと楽しい人生を送れるはずだ」という自己肯定感だけは持つことができた。


だからこそ私は、この状況を少しでもいい方向に変えるために行動を起こすことにした。その最初の一歩が、“中学受験”。なぜなら、いきなり明日からクラスの人気者になることはできなくても、私のことを知っている人がいない場所に行けば、全部リセットできるはずだと思ったから。この頃から勉強は大嫌いだったけれど、“自分の人生を変える”という明確な目標があったおかげで、最後まで頑張ることができた。これが、私の人生で最初の成功体験。


中学生時代

真面目に授業を聞いたことはない。大人はみんな腐っている!

→それでも毎日は楽しかった。お母さんという存在にも憧れた。


無事に中学受験という壁を乗り越えた私は、念願のキャラ変に成功。見違えるほどに明るい性格になり、クラスの人気者の一員に。しかも、私の選んだ中学は、推薦をもらえばエスカレーターで高校と大学にも行けるというイケてる特典つきの学校だったので、中学受験を終えた私はすっかり勉強を“卒業”した気になっていた(笑)。中学3年の夏を過ぎる頃には、毎日のように街に繰り出し、夜まで(ときには朝まで)遊び、見た目もどんどん派手にバージョンアップ。もちろん授業なんてまともに聞いたことはなくて、当然のように先生たちにも目をつけられる存在に。いま振り返ると本当に申し訳ない話だけど、当時は「大人はみんな腐っている」と思っていたから、ああちゃん以外に信じられる大人なんて一人もいなかった。


それでも楽しく毎日を過ごすことができたのは、やっぱり友だちのことが大好きだったからだと思う。それに、将来の夢とか憧れの職業なんて考えたこともなかったけれど、「早くああちゃんみたいなお母さんになりたい!」とは思っていて、漠然と自分の将来の姿を想像して満足することもできていた。高校に入学して、坪田先生に出会うまでは。


高校生時代

塾に通う気なんかさらさらない。大学は行かずに、働こう。

→出会ってしまった! 一生の恩師と、ワクワクする夢。


なんとか高校に進学した私だけど、大学に行く気なんて最初からなくて。


「卒業したら働いて、早く結婚して、お母さんになる」とずっと思っていたから、ましてや「塾に通う」なんて発想は1ミリもなかった。坪田先生に出会ったのだって、弟の代わりにたまたま近所にあった塾の面接に行かされただけ。最初はまったくの偶然だった。


当時、個人塾の一講師だった坪田先生に出会った瞬間のことはよく覚えていて、「こんな大人になりたい」って、自分の世界が一気に広がるのを感じた。高2にして小4レベルの学力しかなかった私が「慶應を受験してみない?」と言われたところで正直ピンとはこなかったけれど、「慶應って嵐の櫻井翔くんがいるところ? 面白そう!」と軽いノリで決められたのは、そこに自分をワクワクさせる新しい世界が想像できたから。もちろん受験を決めてからの1年半は誰よりも机に向かって勉強した。短期間で偏差値を40近く上げて大学に受かったことはよく“奇跡”って言われるけれど、私はそうは思わない。これは奇跡なんかじゃなくて、ああちゃんや坪田先生をはじめ、周りの大人たちが私を変えてくれた結果なんだって、そんなふうに今も思ってる。


大学生時代

バイト先での皿洗いにうんざり。さらには初めての大失恋。

→「ご縁を大切に。人と出会っておいで」その言葉が、人生を大きく変える。


東京での憧れのキャンパスライフ。上京前、坪田先生からは「君は人が大好きだから、いっぱいの人と出会っておいで。必ずそのご縁が君の人生を大きく変えるターニングポイントになるだろう」と言ってもらった。その言葉どおり、4年間の大学生活ではたくさん友人を作った。それから、人生初の大失恋も経験。深夜に泣きながら名古屋にいる母に電話をしたら、なんと数時間後には駆けつけてくれた。ああちゃんは、私の彼へ感謝の気持ちを綴った手紙を書いてきていた。その内容を読んだ時、離れて暮らす母からの深い愛情を知って、私は再び前を向くことができたんだ。もう一つの大きな転機が、アルバイトをはじめたこと。偶然見つけた居酒屋で働くことになったのだけど、初日の皿洗いが本当にキツくて…(泣)。「絶対にすぐやめてやる!」と思っていたものの、店長に懇願されて1週間だけ延長することに。そこから気づけば2年半。初日では気づけなかった魅力がその店にはいっぱいあって、私は働くことの楽しさ、サービス業の素晴らしさをそのバイトを通じて知ることになった。出会いも別れも含めて、「ご縁を大切にする」。坪田先生のこの言葉は、今も私の胸の中に大切にしまってある。


社会人、そして現在

大好きな仕事にピリオドを打つ。結婚、離婚も経験し…。

→離婚はネガティブな選択じゃない! 新たに見つけた、教育学への道。


大学卒業後は、ウェディングプランナーの仕事に就いた。人と出会うことが大好きな私にとってこの職業はまさに天職だったけれど、社会人になってから5年後、自分の結婚を機にピリオドを打つことに。私には「世界一幸せな家庭を築きたい」という目標があったから、決断に迷いなんてなかった。しかも私が結婚したのは、あの居酒屋の店長さんだ(!)。そして結婚と同じくらいのタイミングで、坪田先生の著書『ビリギャル』が出版。ありがたいことに、その影響で私自身にも講演の依頼が少しずつ来るようになり、改めて“教育”への関心も生まれてきた。


そして、今の私。坪田先生に“ビリギャル”として選んでもらった使命を果たすため、この春から大学院に入学して教育学を勉強中。大好きだった旦那さんとは去年離婚してしまったけれど、私はこの離婚をお互いが自分らしく生きるためのポジティブな選択だと思ってる。振り返れば逆境だらけの人生だけど、その都度いろいろな人との出会いに支えられてきた。5年後、10年後、自分がどうなっているかはわからない。けれど、これからは後輩たちにとって私がそんな存在になれるよう、キラキラの種をまいていきたいと思う。


こばやし・さやか 1988年生まれ。愛知県出身。現在は講演活動やイベント企画運営などを積極的に行う。著書『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』(小社刊)が発売中。


『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』 大学受験、家族、恋愛、アルバイト、就職、転職、結婚、離婚…。累計120万部のベストセラーのモデルとなった“ビリギャル”本人が、波瀾万丈の約30年間を初めて自分の言葉で綴った、涙と笑いのドキュメント。小社刊 1400円


※『anan』2019年4月17日号より。写真・小笠原真紀 インタビュー、文・瀬尾麻美


(by anan編集部)

anan

2019年04月14日 20時30分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。