超大型ルーキーTHE BOYZ初の来日ワンマンショーケースは超満員!【K-POPの沼探検】#83

2018年12月07日 17時00分

エンタメ anan

12人組ボーイズグループTHE BOYZの日本初ショーケースがZEPP TOKYOで開催! 今回のイベントはテレビ朝日系列で放送されている音楽番組『BREAK OUT』とのタッグによって開催されたもので、日本でまだデビューしていない彼らを生で観ることのできる貴重なイベントとあって、チケットは応募が殺到! 超満員&大興奮だった一日限りのイベントをレポートします。公演終了後のコメントと動画もあります!

文・尹 秀姫


【ペンになってもいいですか!?】vol. 83



黒いスーツに身を包んだ12人がステージに登場すると、まずはデビュー曲「Boy」で観客にご挨拶。メンバーが姿を現しただけで観客の熱狂はすさまじいものがありましたが、コール&レスポンスも完璧に決まり、まるで韓国のコンサート会場にいるかのよう。続く「Giddy Up」でも元気いっぱいなダンスを見せて、客席の熱狂はさらにヒートアップ! ジュヨンは完璧な日本語で「みなさんにお会いできてワクワクしています。本当に会いたかったです。みなさんも僕たちに会いたかったですか?」とこのイベントを楽しみにしていたことを伝えてくれました。



トークコーナーでは、THE BOYZの中のナンバーワンをメンバー直々に教えてもらうことに。まずはメンバーの中で一番愛嬌があるのは? という質問には、ヨンフンとエリックが同票を獲得。まずはエリックがカメラに向かって「ニコニコニー」を披露すると、ヨンフンも負けじと(?)上目遣いで「みんな、大好きだよ!」。


かっこよさナンバーワンに選ばれたのファル(韓国語で弓を意味する)はカメラに向かって矢を射るポーズをキメ、カリスマナンバーワンのジュヨンは低音ボイスでささやくように「おやすみ」と言って会場のTHE B(ドビ・THE BOYZのファンの名称)たちを悩殺!



続いては質問コーナーへ。事前にファンから集めた質問用紙を、BOXからメンバーが1枚選んで、その質問に答えるというもの。「休日は何をして過ごしますか?」という問いには、ジュヨンが「休日は寝ています。あとはメンバーと一緒に映画を見たり、ごはんを食べたり、また寝たりします(笑)。最近観た映画は『完璧な他人』です」。


「今ハマっている食べ物は?」という質問にはNEWが「さつまいものポッキーを毎日買って食べています」と答え、会場からは「かわいい!」の大合唱が沸き起こりました。実は大食いだというNEWは、最近ではピザ1枚をまるごと食べてしまったということも告白してくれました。そして「THE BOYZになって一番うれしかったことは?」という質問にはハンニョンが「ステージに立った時、本当に心強いです」と言ってメンバーのみんなも感動させていました。



ここで、ケビンから「実はジェイコブ兄さんと用意したスペシャルなステージがあるんです」と言うと、アコースティックギターを抱えたジェイコブとともに、この季節に合わせてクリスマス仕様に歌詞を変えて「thinking out loud」をアレンジして披露してくれました。


そして11月29日にリリースされるニューアルバム『THE ONLY』のティーザー映像がステージの大きなスクリーンで上映された後、カジュアルな衣装にチェンジしたメンバーがステージに再登場。「Walki’ In Time」でじっくり歌を聴かせてくれた後は、「L.O.U」でTHE BOYZのラブリーな魅力を発散。冒頭の飛行機ダンスがキュートな「Keeper」、そして統制の取れた見事な群舞とポップなかわいらしさがぎゅっと詰まった「Right Here」まで、一気に駆け抜けます。


ラストは今回のイベントのグッズTシャツに全員着替えて「I’m Your Boy」。それぞれステージの上で手を振ったり、ニコニコしたり、自由にファンサービスをしていたかと思えば、気づけば全員揃ってダンスをしている不思議な統一感は、THE BOYZの自由でありながら統一感のあるイメージをそのまま表しているかのよう。



最後には全員がステージ上にマイクを置いて手をつなぎ、生の声で挨拶しながら深く長くお辞儀をしていた姿が印象的でした。これから日本活動を本格的にスタートさせるTHE BOYZ。今後がよりいっそう楽しみになったイベントでした。


次のページには、THE BOYZメンバーからのコメントと、動画を大公開!



THE BOYZのメンバーからライブ終演後にコメントが届きました!



ジュヨン 想像していた以上に本当に多くの方が僕らを愛してくれていることにびっくりしました。2700名近くのファンひとりひとりと手を握って握手会をしたことが印象に残っています。 僕が日本語の勉強をもっと頑張って、みなさんにとって素敵なアーティストになるためにがんばるので、あたたかく見守ってください~。



ヒョンジェ 本当に多くの方がTHE BOYZを応援してくださって、心から感動をもらいましたし、みなさんからたくさんのエネルギーをもらいました。日本のTHE Bから多くの愛をもらったぶん、もっと努力してがんばりますので、引き続き応援よろしくお願いします~。



サンヨン ファンのみなさんの歓声と熱気に感動して、とても心臓がどきどきして、本当にありがたい気持ちでいっぱいでした。 日本でがんばって活動をして、音楽活動だけではなく、ドラマやバラエティにも出演したいです。



ソヌ 本当に本当に幸せでした。日本にまた来れただけでも夢のようでしたが、みなさんが多くの関心をもってくれていると実感して、もっとがんばらなきゃという気持ちになりました。 日本のファンのみなさんにもっと好きになってもらえるように、本当にかっこいい姿をお見せします。約束!♡♡



チュ・ハンニョン 本当に多くの方から歓声をもらってとてもありがたい気持ちでいっぱいです。来ることができなかったファンの方も多くいたと聞いて、とても残念でしたが、僕たちがすぐまたみなさんに会えるように、もっと大きな会場でライブができるようにしたいです。 これからも頻繁に日本に来ることができたら嬉しいです。もっとかっこいい姿に成長していきますので期待してください。



ニュー 多くのファンたちが大きな声援で歓迎してくれて、すべての歌のかけ声を韓国語で言ってくださったので、本当に感動しました。日本語の勉強をもっと頑張りたいですし、ファンの方に素敵な姿をたくさん見てもらえるように努力したいと思います。



ケビン 韓国でデビューをしてまだ1年も経っていないのに、日本で4万人もの方が僕たちのショーケースに応募してくれたと聞き、本当に嬉しくてありがたいです^^ 韓国語で一緒に歌ってくれて、応援してくる日本のファンのみなさん! もっと頻繁にお会いしたいです~。もっとがんばって成長し、日本の舞台にまた立ちたいです。「No Air」の活動もがんばりますので、見守っていてくださいね♡



ジェイコブ 僕たちがステージをしている時の歓声が本当に大きくてびっくりしましたし、力をもらいました! THE Bにひとりずつお会いすることができてよかったです。 これから本格的に日本活動もはじまっていくということで、本当にワクワクします! 早く日本で活動したいので日本語をもっと一生懸命がんばります。



ファル 今回のイベントを通じてワンマンで日本のステージに立てて、本当に幸せだったし、いい経験になりました。日本でTHE Bと一緒にステージを楽しむことができて 本当に幸せな瞬間でした。 みなさんが期待してくださっているぶん、期待以上に魅せられるように全力で準備して、必ず会いに行きます。僕たちTHE BOYZたくさん愛して、見守ってください!



ヨンフン こんなにも多くの方が来てくださって本当にびっくりしました。日本のファンのみなさんが応援を本当に一生懸命してくださってびっくりしました。これからの日本活動も頑張りますのでよろしくお願いします。 ファンのみなさんのおかげで、幸せな気持ちになれました! 日本でお会いした全ての方が僕たちTHE BOYZを好きになってもらえるようにがんばります~!!



キュー 想像していた何倍ものファンの方が来てくださって、歓声が大きく、ステージに上がる瞬間泣きそうでした…。THE B♡ 日本でも活動がこれから本格的に始まると思うと、本当にワクワクするし、早くスタートしてTHE Bのみなさんに会ってTHE BOYZの魅力をお見せしたいです!!



エリック 本当に多くのファンが来てくださってビックリしましたし、ありがたかったです。かけ声を全部覚えてくださって一緒に応援してくださったことがとても印象に残っています。日本で応援してくださっているファンたちにもっと会いに行けるようにがんばります。日本語の勉強もがんばります!



11月29日に韓国でリリースされる3rdミニアルバム『THE ONLY』についても紹介してくれました!


ジュヨン 僕たちの3枚めのミニ・アルバムになる『THE ONLY』は、みんなの心の中にあるたったひとつの大切なものに対する熱い想いとメッセージを、音楽で表現したアルバムになっています。曲調はソフトだけどカリスマ性を感じてもらえたり、僕たちのギャップが楽しめるアルバムになっていると思います。タイトル曲以外にも「36.5」や「Lucid Dream」など、違った魅力を楽しめるカップリング曲もたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください!


ソヌ 今回のアルバムでは息ができないくらい激しいパフォーマンスと音楽を感じてもらえると思います。韓国では息ができない少年という意味の「スムモッ少年」というニックネームをいただきました。タイトル曲「No Air」のサビの歌詞では、愛してる相手を想う気持ちを「目」「息」「心」を使って、呼吸もできないくらい切実に相手を求める気持ちを表現しています。光栄なことに、今回もまた僕がラップメイキングに参加しているので、ラップにも注目してもらえたら嬉しいです。


キュー 今回のタイトル曲のサビでは歌詞「내 눈이 숨이 맘이 너를 원해 (僕の目、息、心が君を求める)」に合わせて作った振り付けがポイントです。MVでぜひチェックしてみてください!


THE BOYZ

12月6日時点で韓国で新人賞4冠(韓国ブランド大賞、SORIBADA、Asia Artist Awards、Melon Music Awards)を達成し年末の授賞式でさらに新人賞獲得を狙っているボーイズグループ。2019年1月にライブの模様が「BREAK OUT」にて放送予定。


THE BOYZのみなさんから、ananwebにコメントムービーをいただきました!



Information


THE BOYZ日本オフィシャルツイッター

@THEBOYZJAPAN

LINE MUSIC公式アカウントID

@the_boyz


テレビ朝日系列『BREAK OUT』

毎週水曜日深夜1時29分~(関東地方)


※地域によって放送日が異なりますので、詳しくは番組サイトをご確認ください。

※放送時間は変更になる可能性がございます。

※本公演の模様は、来年1月に『BREAK OUT』と、来年2月にテレ朝チャンネル1にて放送予定。


TOKYO MX新番組Kカルチャー情報バラエティ『オトセヨ?』レギュラー出演中

毎週火曜日23:30~24:00


『オトセヨ?』オフィシャルツイッター

@otoseyo_tv

anan

2018年12月07日 17時00分

エンタメ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。