『Love or Not 2』山下健二郎、「好きな人と喧嘩をしたら仲直りのハグ」

2018年10月05日 17時30分

エンタメ anan

ドラマも映画もイケメンなしには楽しめない! 今回、ご紹介する作品は、1通のメールをきっかけに出会った男女6人の交錯する恋模様を描いた『Love or Not』の続編『Love or Not 2』。前作に引き続き、主人公の宇佐美幸助を演じた山下健二郎さん(三代目 J Soul Brothers)とヒロイン・広澤真子を演じた本仮屋ユイカさんにお話をうかがいました。

写真・黒川ひろみ 文・田嶋真理


【イケメンで観る海外ドラマ&映画】vol. 15


相性ピッタリな名コンビが再タッグ!



山下健二郎さんが初主演するドラマとしても話題を呼んだ前作。運命的な出会いを経て同棲することになった幸助と真子でしたが、『Love or Not 2』ではいきなり破局の危機が! 真子に別れを告げられた幸助が彼女の愛を取り戻そうと動き出した矢先に、次から次へと事件が勃発。新たな恋の相手や想定外のトラブルに翻弄されて行きます。


ーー続編のオファーを受けたときのお気持ちは?


山下 また同じキャストさんとスタッフさんたちと一緒にやれることが嬉しかったです。前作でしっかり役作りができていたので、早く撮影を始めたい気持ちでいっぱいでした。


本仮屋 続編は、チームの仲の良さはもちろんのこと、視聴者の方々に愛されないとついてこないご褒美だと思っています。続編が決まったときはすごく感激しました。


ーー幸助は、不器用で鈍感、仕事力ゼロの会社員という役どころですが、共感したところは?


山下 幸助は、仕事や人への向き合い方がピュア。しかも、やりたいことに対してまっすぐでありながら、周りへの影響も考えることができる。仕事に対する姿勢や熱量は、僕と似ていると思います。役作りで困ることはなく、すんなりと受け止めることができました。ただ、恋愛に関しては鈍感過ぎますね。幸助より僕のほうがもう少しマシだと思っています(笑)。



ーー幸助と真子が忙しくてすれ違うなか、メモのやり取りをするシーンがとても印象的でした。


本仮屋 あのシーンは、『Love or Not』のスタッフさんの実体験から生まれていて。リアルなエピソードなんです。


ーー過去のメモを読み返して、愛情を確認するシーンにもグッと来ます。


山下 あのシーンを観て、メモのやり取りをすることにより、夫婦のマンネリを防げるかもしれないと思いました。自分が結婚したときに試してみたいです(笑)。


ーー本仮屋さんが真子に共感したところは?


本仮屋 真子のサバサバした性格とマメなところは、自分に近いと思います。ただ、真子はあまのじゃくで嬉しくてもプイッと横を向いてしまうタイプ。私は犬が尻尾を振るように、嬉しさを行動で表現するタイプなので、そこには違いを感じました。



ーー6話で、幸助と真子が向き合うシーンにものすごい強風が吹いているように見えましたが……。


山下 伝わってしまいましたか? ものすごい爆風でした(笑)。


本仮屋 シャツが背中までめくれてしまうほどの風の強さで。スタッフさんが幕でガードしてくださって、なんとか撮影ができました。


山下 ガードがなければ、体重の軽い本仮屋さんは空に飛んで行ってしまっていたと思います。


本仮屋 風が強過ぎてお互いのセリフがよく聞こえなくて。お芝居のテンションをキープすることに苦労しました。



ーー幸助は真子との結婚を意識していますが、山下さんご自身に結婚願望は?


山下 イクメンになる自信はあります(笑)。


本仮屋 良いパパになると思います。山下さんはとてもポジティブで、天使のような方。幸助の純粋さは演技ではなく、山下さんの素の部分が出ているんです。


ーー山下さんは、本仮屋さんにどのような印象を抱いていますか?


山下 本仮屋さんは仕事に対して真面目でストイック。僕は目の前のことをがむしゃらにやりますが、本仮屋さんは先のことまで考えて、周りに気配りもできる。そういうところを見習いたいと思いました。


ーー“相手を怒らせたらそのぶん笑わせる” など、幸助が考えた我が家のルールを実生活でも採用してみたい?


山下 将来、僕が結婚したら何かルールを作ってみたいですね。仲直りしたら、おいしい食事を食べに行く、ハグするなど何でも良いので何か決めておくのは良いと思います。そもそも、僕はあまり怒るタイプではなく、ケンカが大嫌いなんです。ケンカを長引かせたくないので、自分が悪い場合はすぐに謝ります。悪いほうが素直に謝れば良いわけですから。自分が悪くなかったら、毅然とした態度を取りたいですが(笑)。


本仮屋 私は真面目な性格で、ルールが守られていないと気になってしまうんです。きちんと守れるような緩やかなルールを決めてもらえたら嬉しいですね。


ーー最後に、このドラマの見どころを教えてください。


山下 幸助と真子がすれ違いながらも、さまざまな障害を乗り越えていく姿が見どころです。仕事や恋愛に悩んでいる方に観ていただきたいです。このドラマを観ると、悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。


本仮屋 幸助と真子が悩むのは、相手が好きだからこそ。好きな人と一緒にいる喜びが詰まっているドラマですから、キュンキュンしながら観ていただきたいですね。


インタビューのこぼれ話


『Love or Not』名物と言えば、キャスト同士の親睦を深めるご飯会! 今回は撮影スケジュールの都合でキャストが一堂に会したご飯会は実現せず、山下さんと八木将康さんが一緒に食事することが多かったとか。ちなみに、お会計はすべて山下さん持ち。さすが、きっぷの良さも男前です!


Information



dTV×FOD共同製作ドラマ『Love or Not 2』

10月5日(金)0:00より第1話配信開始 ※週1更新

主題歌:DOBERMAN INFINITY「Never Change」(LDH MUSIC)




©エイベックス通信放送/フジテレビジョン


anan

2018年10月05日 17時30分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。