ベッキー 初の時代劇で「撮影の間、すごく悲しかった」理由とは?

2018年04月06日 07時00分

エンタメ anan

「未知の扉を開けるのが、とても楽しい」仕事はもちろん、プライベートでの新しい経験を通し、自分新発見中のベッキーさん。34歳を迎えた今の心境を、語ります。

撮影の朝、ショートボブのサラサラヘアを揺らしながら、小走りでスタジオに登場したベッキーさん。その軽やかな雰囲気に、約10年前、アンアンの企画で髪をバッサリ切ってくれたときの姿を思い出し、そのことを伝えると、「私もあの企画のことはよく覚えてます」とニッコリ。最近は新しいことにたくさんチャレンジをしていると語るその横顔は、とてもエネルギーに満ちて見えました。


――この4月から、主演ドラマ、しかも時代劇『くノ一忍法帖 蛍火』がスタートしました。今までのベッキーさんのイメージからすると、時代劇に出るというのは結構驚きの展開だったのですが…。


ベッキー:意外ですよね(笑)。私自身もお話をいただいたとき、ものすごくびっくりしました。でも同時に、本当に本当に嬉しかった。仕事を再開したときに、いろいろ道は険しいかもしれないけれど、だからこそいくつか大きな目標を立てたんです。その中の一つが、いつか主演ドラマができるようになりたい、というもので。その夢がこんなに早く叶ったのがとてもありがたくて。


しかも、それが時代劇。実は私、昔は“時代劇はたぶん一生やらない”と、勝手に思い込んでいた部分があって。かつらが重そうとか、着物が大変そうとか、そういうことも理由でしたが、ハーフである私には縁のない世界だろうな、と決めつけてたんです。でも、お話が来た。瞬時に、これは神様がくれた大きなチャンスだ、断るなんてありえない! って思って、お受けしました。


――原作は山田風太郎氏、役柄は忍者。しかも撮影は、時代劇の本場である太秦だったそうで。


ベッキー:時代劇は初めてだし、そんな私がいきなり主役。しかもスケジュールの都合で、殺陣や所作振る舞いの稽古も、そんなに時間がとれなくて…。正直最初は、太秦のベテランスタッフの方々に「下手だな」と言われたらどうしようと、とても不安だったんです。撮影に入ってからも、撮った映像をじっくりと見返す時間もなくて。暗闇の中、とりあえず無我夢中で演じざるを得ませんでした。なので、とにかくたくさん時代劇を見たり、空き時間に監督や照明さんなどにどんな小さな疑問でもしつこく質問して、少しでも勉強するよう努力しました。



――もうクランクアップしたそうですが、初時代劇、どうでした?


ベッキー:すっっっごく楽しかったです。辛いだろうなぁと思っていた着物を毎日着られるのが喜びになったし、小物の一つ一つが美しいし、何より毎日が冒険みたいで、とても刺激的な時間でした。なんだろう、太秦ランドで忍者合宿してた、みたいな感じ(笑)。チャレンジしてみて、本当によかったです。


――昨年の秋には舞台、そして今回のドラマ。演技の仕事が続いていますが、その中で、新しい発見はありましたか?


ベッキー:芝居ってこういうものなのかな、というのが、ほんのちょっとだけわかった気がします。昨年、12年ぶりに舞台をやったんですね。鈴木おさむさんが演出で、共演が今田耕司さんだったんですが、そのときにおさむさんに、「自分の魂を通した芝居をしてほしい」と言われたのが、すごく大きくて。以前は、“悲しい演技”は“悲しいふりをすること”だと思っていたんです。だからこそ、演技するのがすごく怖かったんですよね、ちゃんと悲しく見えてるかどうか、それが不安で。でもその舞台以降は、自分にとっての演技が、“ふり”ではなくなった。


今回演じた<お蛍(けい)>という役は、悲しい経験をたくさんするんですが、正直撮影している間、私もすごく悲しかったんです。そのときに、なんか、芝居の本質の一端に触れられた気がしました。おさむさんに言われたように、魂を通して芝居ができた気がしてます。人間味が出たねとか、芝居に深みや重みが出たとか、何人かに言っていただけたんです。それが、すごく嬉しかったですね。


1984年生まれ、神奈川県出身。オーディションを経て、テレビ番組『おはスタ』のマスコットガールとして14歳でデビュー。以降、バラエティ番組出演や、歌手、女優として活躍中。『恋愛観察バラエティ あいのり:Asian Journey』(フジテレビ系)にメインMCとして、『FULL CHORUS♪』(BSスカパー!)にレギュラー出演中。


ワンピース¥25,000(マリハ/シップス渋谷店 TEL:03・3496・0481) ピアス¥13,800(ルーカス ジャック/カージュルミネエスト新宿店 TEL:03・5312・7597) サンダル¥15,800(ダニエラ&ジェマ/カルネ TEL:03・5413・3433)


※『anan』2018年4月11日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・永田彩子 ヘア&メイク・川添カユミ(ilumini) 


anan

2018年04月06日 07時00分

エンタメ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。