アラサー女子は気をつけて!あの人イタイ…と思われちゃうプロが教えるNGメイク

2020年01月23日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

知っておくべきNGメイク・OKメイク!アラサー女子に伝えたいメイク方法

基本的には、メイクも美容も自由で良いし、好きな気持ちが一番!という持論ではいるものの、確かに、美容って人からの印象が気になるのも当然だし、周りから「イタイ」と思われるのは誰だって避けたいものですよね。

今回はイタイどころか「キレイになったね」と言われるためのメイク方法と気をつけるべきポイントを紹介します。

①眉のトレンドに敏感になるべし

毎日使うコスメも、毎日するメイクも同じという人こそ要注意なのが眉メイク。

メイクのトレンドには、色みや質感も大きく関係がありますが、一番「遅れている感」が出てしまうパーツが眉メイク。たとえ他のパーツが今まで通りのメイクでいたとしても、眉さえトレンドをおさえておけば、古い顔に見えることは少なくなるもの。

最近のトレンドの眉は、アイブロウパウダーで自眉を活かした太めのアーチ眉をつくり、足りない部分はアイブロウペンシルで補いつつ、眉毛を上向きにふわっと作る眉メイク。

眉毛はあまりカットせずに、自然な毛先を残すのがおすすめです。

細眉にしずぎたり、書いた眉の印象を強くしすぎている人は、ぜひ眉の書き方をチェンジしてみては?

②白すぎ、強すぎる涙袋メイク

涙袋があるとないとでは、目の大きさはかなり違って見えるもの。ただ、あまり自分の肌より明るすぎる色みのアイシャドウで色を付けたり、影を書いて作り込みすぎた涙袋は、若作りな印象に見えてしまいます。

ラメ入りのアイシャドウを涙袋に入れるときも、なるべく粒子が細かくて、チラチラとしたほのかな輝きのものをセレクトするのがおすすめです。

一番のおすすめは、ほんのりベージュがかったものや、ピンクっぽいベージュ。白浮きしすぎることもないですし、自然になじむのに笑った時に涙袋がふっくら見えます。

入れる時も、チップでたっぷりのせるのではなく、ブラシを使ってふんわりとぼかしながら入れましょう。

③濃すぎる幼いチークに注意

案外自覚なくやっている人が多いのが、チークを濃くいれすぎていたり、ぼかせていないままの主張の強すぎるチーク。チークが濃すぎると幼く見えてしまうので、せっかく大人っぽい服装や、髪型をしたときもアンバランスに。

どんな色を使うときも、大きくて肌あたりのいいふんわりしたブラシを使い、肌に溶け込ませるように何度もぼかすのが大切です。

美肌に見せたい気持ちも強くなってくるアラサー世代だからこそ、せっかく入れたチークのせいでベースメイクが台無しになってしまってはもったいない!

ぜひ、ちゃんとぼかせているか、鏡で左右からチェックすることをお忘れなく!

いかがでしたか?

今回は、3つのポイントにしぼって、キレイ度がアップするメイク方法をご紹介していきました。大人として見られる機会が格段に増えてくるうえ、お肌にも変化があらわれてきたと実感するのがアラサー世代。

年齢に縛られたくない人も、年齢より若く見られたい人も!ぜひ、共通しておすすめしたいメイクの方法ですので、セルフ美容に取り入れ、実践してみてくださいね。

「#メイク術」の記事をもっと見る

michill

2020年01月23日 09時00分

メイク術 ビューティ michill

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。