目が一番大きく見える!アイシャドウはここまでいれるのが正解!

2018年10月10日 10時00分

アイシャドウ ビューティ michill

アイシャドウの範囲、どこまで塗るのが正解!?

みなさんはいつもアイシャドウをどのくらいの高さまで入れていますか?
アイシャドウの高さは、メイクレッスンの中でお伺いすると、みなさん『二重のラインまで』、『まぶたの半分くらいまで』など、人によって様々。

パレットタイプになっている4色入りのアイシャドウは様々なメーカーから発売されていますが、そもそもこの4色どこまでどう塗るかなど、商品の説明を読んでも、自分のまぶたにはどう入れればキレイになるのか、分かりづらいですよね。

ですが、このアイシャドウを入れる範囲次第で目の大きさが驚くほど変わって見えてきますので、ここを曖昧なままにしておくのはもったいない!
キレイになれる大事なチャンス、しっかりと押さえておきたいですよね!

実は一重の方も二重の方も、そして奥二重の方にも共通して、『ここまで入れると自然に目が大きく見える』というポイントがあるのです!


最初に入れるベースカラーは必ず、『眉の下まで』

一重の方、二重の方、奥二重の方など、どんな目元の方へも共通して綺麗に見えるベースカラーの高さの範囲は『眉の下まで』です。

1番はじめにつける明るいベースカラーのアイシャドウの範囲が、目の大きさの印象をとても大きく左右します。

このライトカラーをまぶたの半分くらいの高さでつけている方も多いのですが、目のキワから眉の下まで、全体的にアイシャドウをつけることで、目が大きく、バランスが美しく見えます。
理想は少し眉にかかるくらいまで。

眉にふんわりとアイシャドウのライトカラーをかけることで、眉とアイシャドウの色がしっかりと調和し、眉の印象もとても柔らかく見えますよ。


アイシャドウの範囲でこんなに印象が変わる!ビフォーアフター

左側はアイシャドウを入れる高さの範囲を変える前の写真。
右側はアイシャドウのライトカラーを眉の下まで入れている写真です。

右側の写真は目元と眉の幅が近くなるように見え、目がとてもきれいに見えますよね。
アイシャドウを入れる範囲は縦幅によって印象が大きく左右します。

横幅は、
・大人っぽく見せたい時は横幅を長めに
・可愛く見せたい時は横幅を短めに

是非変えてみてください♪


意外と知らない綺麗なアイシャドウの入れ方。
眉の下まで入れるととても目元が大きく綺麗に見えますよ。

こんなに上まで入れるの?と思うくらいの高さまで入れてみると、意外と目元にしっくりなじむので、是非お試しください♡


「#アイメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■奥二重さんはこれがNG!こっそり叶える写真映えメイク3選♡
■脱カラコン!すぐにマネできる裸眼美人のデカ目メイクテクニック
■第一印象は顔で決まる!愛され顔に変わる♡モテメイクのコツ4選
■秋冬にオススメ!時短でキレイ♡を叶える指付けアイシャドウ9選

michill

2018年10月10日 10時00分

アイシャドウ ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。