それ実は目が小さく見えてます!プロが教えるNGアイメイク6選

2018年06月16日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

目が小さく見えるNGアイメイク

①ダークカラーでの囲みアイメイク

ダークカラーのアイシャドウやアイライナーを使うと、メリハリがついたメイクができるような気がします。しかし、ダークカラーのアイシャドウやアイライナーで目を囲むようにしたメイクは、目を小さく見せてしまうNGアイメイクです。今すぐやめましょう。

また、下まぶたにアイシャドウやアイライナーを使う際は、瞳を綺麗に見せてくれるような肌馴染みのいい淡い色を使用して抜け感を出すのがおすすめです。

②アイラインを短く入れたり、太く入れたりする

アイラインを太く入れると目ヂカラがアップすると思っている人がいますが、これも残念ながら目を小さく見せてしまうNGアイメイクです。短く入れることも同様です。今すぐやめましょう。

アイラインを引く際は、まつげの隙間を埋めながら二重幅の3分の1以下の太さのラインを引くのがおすすめです。

③ダークカラーのアイシャドウを広範囲に使う

ダークカラーのアイシャドウを広範囲で使うのも、目を小さく見せてしまうNGアイメイクのひとつです。アイホール全体に使うアイシャドウは明るい色にし、ダークカラーは締め色として二重幅の半分程度に抑えるのがベストです。

④まつげがしっかりと上がっていない

まつげが上がっていないと目が小さく見えることに。そのためビューラーでしっかりとまつげを上げてからカールキープ力とセパレート力のあるマスカラを使うのがおすすめです。

ただし、やりすぎは厳禁。まつげをビューラーで上げる時はあくまでも自然なカーブを心がけ、マスカラは軽くティッシュオフしてから丁寧に塗りましょう。

くぼんで見えるNGアイメイク

⑤ダークカラーをアイホール全体に塗る

彫りが深い顔立ちの人などがブラウンなどのダークカラーのアイシャドウをアイホール全体に塗るのはNG。まぶたがくぼんで見えてしまいます。

そのため彫りが深い顔立ちの人や元々まぶたがくぼんでいる人は、まぶたをふっくらと見せる効果が期待できるベージュ系カラーのアイシャドウをアイホール全体に塗るのがおすすめです。

腫れぼったく見えるNGアイメイク

⑥グラデーションができていない

グラデーションができておらず、ただアイシャドウを塗っただけの目元は腫れぼったく見えるNGアイメイクです。チップで色を重ねるとぼかすということができずにそんなアイメイクになってしまうことがあります。注意しましょう。

アイシャドウを塗る際は、必ずまつげ付近を濃く、上方向に向かって薄くなるようなグラデーションを作りましょう。そうすることで、自然な立体感も生まれます。

毛量の多いアイシャドウ専用のブラシを使ってメイクすると、自然なグラデーションを作りやすくなります。メイクの仕上がりを左右するのは、ツールといっても過言ではありません。この機会に質のいいブラシにシフトしてはいかがでしょうか。

今回は、真っ先に見直したいNGアイメイクをご紹介しました。あなたはいくつあてはまりましたか?あてはまるものがあった場合は今すぐに見直しましょう。

「#アイメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■ALL1200円以下!プチプラコスメでナチュラルデカ目メイク法
■たったの2ステップ!整形級!自然&強力な二重まぶたの作り方
■今持ってるアイテムでできる♡デカ目効果バツグン!アイメイク
■誰でも美まつげに♡ロングマスカラ4種をメイクのプロが徹底比較
■こつぶ目解消! 目ぱっちり&疲れ目防止マッサージ

michill

2018年06月16日 10時00分

メイク術 ビューティ michill

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。