まぶたが重い、疲れ目、ドライアイ...目ヂカラを取り戻す“簡単アイケア”4選

2021年11月06日 19時10分

ビューティー anan

マスク生活が長期化し、慣れもある一方で、体は慢性的なお悩みが浮き彫りに。今回は手だけでできるマッサージを紹介します。

目・口・耳もマスク老け!? ピンポイントケアを習慣に。



マスク必須のライフスタイルによって、肌のトラブルだけではなく、目や口、耳といった新たなパーツのお悩みが急浮上。


「コロナ禍初期は、マスクで肌荒れするなど美容面に関するお声が多かったのですが、最近では長引くマスク生活で、目や耳の疲れなど健康面での不安を抱える方も目立ちますね」(エイジングデザイナー・村木宏衣さん)


マスクが目や耳にも影響する!?


「マスクで口が隠れていることで、目が力んでしまってドライアイの症状が続いたり、マスクの紐の刺激によって、側頭部や耳まわりの筋肉が常に圧迫されて、気づかないうちに凝り固まっていることが。耳にある3つの耳介筋(じかいきん)は頭に繋がっているので、耳の疲れで頭痛がするということも」(村木さん)


唾液不足や口臭問題のほか、急に“老けた感”を実感する口まわりのお悩みも。


「マスクをしていると呼吸がしにくいため、つい口呼吸になって、マスクの下はお口ぽかん顔という人が増えています。このままだと、口輪筋や舌筋が衰えてたるみが進行するだけでなく、唾液が出にくくなって口臭の原因になったり、口をあまり動かさなくなったことで血流が悪くなり、唇が乾燥しやすいなど思わぬ弊害が」(歯科医師・石井さとこさん)


ここでは、簡単にできる“目のケア”を紹介します。ぜひ毎日のケアに取り入れて、不快な症状とは決別して!


疲れを一掃して目ヂカラを取り戻す。


リモートワークが始まり、パソコンと長時間向き合うことが日常化。


「同じ姿勢でデジタル画面を見続けるせいか、眉毛の皺眉筋(しゅうびきん)や額の前頭筋が凝り固まっている人が増えましたね。まぶたの眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を使わずに、額の筋肉だけで目を開けようとすることで、おでこがカチコチになって目も開けにくい、後頭部も動きにくいという状態に」(村木さん)


常に緊張している目まわりの筋肉をリリースするには、“ほぐし”が効果大。


「皮膚をこするのではなく、奥にある筋肉に働きかけるよう、手の圧をかけながら小刻みに動かすことが大切です」


Q.慢性的にまぶたが重く、目が見開いていないなと感じます。


A.額がゴリゴリしてない? 前頭筋のコリを疑って。

疲れ目になるとつい力が入ってしまうのが、額の前頭筋。目を開けるときに使う眼輪筋にも影響して、まぶたが重くなってしまいます。



1.こぶしの平らな面を眉毛の上に置き、圧をかけながら皮膚を持ち上げて止まった位置からスタート。筋肉をとらえるイメージで行う。



2.小さく外側に円を5回描きながらほぐす。これを眉頭から側頭部まで、4~5か所同様に行う。2、3の段も同様に。


Q.画面の見すぎで目が冴えてしまい、寝付きが悪いです。


A.頭の緊張を取ってリラックスさせましょう。

前頭筋、帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)、側頭筋、後頭下筋群のこわばりを緩めてあげて。食いしばらないように、口は軽く開けて行うこと。



1.指の腹を生え際から後頭部へ1~2mmずつ動かしながら、圧をかけてジグザグにほぐす。



2.こぶしの平らな面をこめかみに当て、小さく円を描きながら生え際から耳後ろに10秒ほぐす。



3.こぶしの平らな面を後頭部に当て、1~2mmずつ下に動かしながら襟足までほぐす。


Q.朝起きると、目を開けられないほどのドライアイに…。


A.硬直している目まわりのリンパや血の巡りを促進。

涙は副交感神経が優位になってリラックスしたときに分泌されます。血管やリンパが集まっている目まわりの緊張を取るケアがおすすめ。



1.右手の親指の腹を眉頭側の眼窩のくぼみに当てて上方向に引っ張り、人差し指の側面で生え際の少し上を押さえる。



2.左手の親指と中指で鼻の骨を押さえ、手の付け根を顎に添え下に引っ張り「ウンウン」「イヤイヤ」と首を縦横3回ずつ振る。反対も。


Q.目を酷使しすぎて、眉毛のあたりまでコリを感じます。


A.目を開けるときに使う皺眉筋をリリースして。

まぶたの開け閉めをサポートする、眉の上にある皺眉筋が凝り固まっている可能性が大。眉間にシワが寄る原因にもなるので、ケアが急務。



机に肘をつき、人差し指をカギ形に曲げ、平らな面を眉頭に縦に当てる。頭の重みで圧をかけ、首を小さく縦に「ウンウン」と3回振り、次に「イヤイヤ」と首を横に3回振る。これを2セット。眉頭が終わったら、眉の中央、眉尻と位置をずらしながら、同様に行う。


ハイネックブラウス¥17,600(NOMBRE IMPAIR/ノンブルアンペール吉祥寺パークストア TEL:0422・26・8300) その他はスタイリスト私物


タンクトップ¥5,400(YES/KIT) その他はスタイリスト私物


村木宏衣さん エイジングデザイナー。自身のサロン『Amazing beauty』をオープン。近著に『10秒で疲れがとれる 奇跡の目元ほぐし』(主婦の友社)。


石井さとこさん 歯科医師。女優やモデルなどからの信頼も厚い口もと美容スペシャリスト。近著に『マスクしたまま30秒!! マスク老け撃退顔トレ』(集英社)。


※『anan』2021年11月10日号より。写真・小笠原真紀(モデル) スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・松木育未(LIGHT management) 取材、文・岡井美絹子


(by anan編集部)

anan

2021年11月06日 19時10分

ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。