【アイシャドウの塗り方】今さら聞けない大正解を「簡単イラスト解説」!

2021年08月20日 20時20分

アイシャドウ ビューティー anan

アイシャドウは自己流で塗っている人が多いアイテム。メイクに欠かせないので、いまさら塗り方を聞くことってあまりないですよね。そこで、今回はアイシャドウの基本の塗り方をご紹介。基本を知っていると、アレンジの幅が広がりますよ!

アイシャドウってどう塗るのが正解?



アイメイクには欠かせない存在ともいえる「アイシャドウ」。みなさんどのように使っていますか? 


単色なら使い方に迷うことはあまりないかもしれませんが、アイシャドウは数色入りのパレットとして発売されているものが多いアイテム。どの色をどのように使ったらいいか迷うこともありますよね。


もちろん使い方は自由ではあるものの、まずは目をきれいに見せるのに効果的な、基本の使い方を知っておくのがおすすめです。そこで今回は、4色入りのアイシャドウパレットを例にとって、基本の使い方をご紹介していきます。


4色入りアイシャドウパレットの使い方



基本のパレットには「ハイライト(写真:左上)」「ツヤ(右上)」「中間色(左下)」「締め色(右下)」が入っていることが多いもの。この4つのパターンを覚えておけば応用が効くので、まずはこの基本の組み合わせを覚えておきましょう。


最もベーシックとされている、ブラウン系パレットを例に挙げていきます。


立体感を出す「ハイライト」



ハイライトはパレットの中で最も明るく、ホワイトやベージュを基調としたクリアなカラーを指します。ハイライトをのせた部分は光を集めてくれるので、目元に立体感を出すことができるのです。


眉下に幅広くのせて、骨格を強調するよう意識してみましょう。ハイライトカラーをアイシャドウベースとして使うのもおすすめです。


みずみずしさを出す「ツヤ」



ツヤはハイライトの次に明るく、パールなどを使ったものが多いカラーです。ブラウン系のパレットの中では、ブラウンよりも明るく淡いベージュを使ったものが多いでしょう。


アイホール全体にいれることで、目元をみずみずしく演出することができます。


グラデーションに欠かせない「中間色」



ツヤカラーよりも濃く、締め色よりも淡いカラーが中間色です。ブラウン系のパレットでは少し明るめのブラウンが該当します。中間色は目元のバランスをとってくれる色味。ハイライトやツヤといったベースカラーと、締め色との色をつなげる役割を果たしてくれるものです。


アイホールよりも狭い幅で、グラデーションをつけるようにのせていきます。


目元を引き締める「締め色」



パレットの中で最も濃い色が締め色。ブラウン系パレットではダークブラウンが主に該当します。締め色は目の輪郭をはっきりとさせてくれるもの。とはいえ幅広く引きすぎるとメイクが濃くなりすぎるので注意しましょう。


細めのチップやブラシなどで、目のキワに入れていきます。


アイシャドウを塗るツールにも特徴が


アイシャドウを塗る際にどのようなツールを使うかで、仕上がりは変わってくるものです。色の使い方とともに、ツールの使い分けについてもご紹介しておきます。


チップ:色がはっきりとつく。締め色をアイラインのようにのせたり、色をぼかしたりするときにおもに使用する。


短い毛先のブラシ:発色が最も濃くつくアイテム。チップ同様アイラインのように使いたいときに最適。ポイント使いにも優れている。


大きめのブラシ:淡く色づくので広い範囲に色を入れたいときに便利。ベースカラーなどでおもに使用。


指:クリームタイプ、リキッドタイプのアイシャドウに便利。色をぼかしたいときも指でOK。ポイントで色を入れたいときにもおすすめ。


アイシャドウパレットにはチップやブラシが付属していることもありますが、仕上げたいイメージによっては付属のものが合わない場合も。自分にとって使いやすいツールを見つけておくことも、アイシャドウを使いこなす秘訣のひとつです。


基本をアレンジして自分らしいアイメイクを


メイクは自由なものなので、今回ご紹介した方法がすべてではありません。しかし、基本の使い方を知っていることで、自分なりのアイメイクにアレンジしやすくなるんです。


もしお手元に4色入りのアイシャドウパレットがあれば、まずは基本に沿ったメイクを試してみてください。そうすることで、自分にはもっとこんなメイクが似合うかも……とアレンジしたいポイントが見つかるかもしれませんよ。


参考文献:小西さやか,『日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書』『日本化粧品検定 1級対策テキスト コスメの教科書』,主婦の友社,2016年


文・比嘉桃子(美容ライター)




©LightFieldStudios/Gettyimages


文・比嘉桃子

anan

2021年08月20日 20時20分

アイシャドウ ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。