会社帰りにも注意!...夏のウォーキングで「気をつけたい重要ポイント」

2020年07月22日 19時30分

ビューティー anan

美容・健康に関する資格を8個取得したライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。今回は、国際アンチエイジング栄養コンサルタントの視点から、「ウォーキング」がしやすい服装や紫外線、直射日光から体を守る方法をお届けします。

ばっちりスポーツウェアじゃないとダメ……?


【ちょこっと美容マメ知識】


三密回避&コロナ太り対策に、ウォーキングを取り入れてはいかがでしょう? というわけで、実際に経験したことをもとに【前編・後編】にわけてhowtoをまとめてみました。


【前編】のウォーキングをするメリットに引き続き、今回は、【後編】ウォーキングがしやすい服装や紫外線対策についてです。これから気温が高くなり湿度も上がるので、安全に取り組めるコツをご紹介します。

1. 手・脚を身軽にする


移動が運動時間になるウォーキング。【前編】を読んで、通勤やお買い物までの距離を歩いてみよう! と思った方も多いのではないでしょうか。


ジョギングの場合は、仕事の荷物や大きなバッグは邪魔になりますが、ウォーキングであれば多少の荷物があっても問題ないですし、ちょっとしたダンベル代わりにもなります。


とはいえ、ハンドバッグやトートバッグだと、途中の水分補給がしづらかったり、万が一転びそうになったりした時に、すぐ対処できません。そこでおすすめは、リュックかショルダーバッグを使用し、手が自由になる状態にすることです。


また、ヒールやサンダルを履く女性も多いと思いますが、ウォーキングをするのであれば、スニーカーやウォーキングシューズが良いですね。脚をひねってしまったりつまずいたりすることを防止できますし、靴下を履けば靴擦れ対策にもなります。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

おしゃれスニーカーでカジュアルMIX!

2. 汗を吸収し乾きやすい素材


もうひとつは、ウォーキングをする時は、汗を吸収してすぐに乾くような素材の服が良いということです。


私は「せっかく運動をするんだから、汗をたくさんかくようなサウナスーツが良いのか?」と思い、わざと保温するような服装でウォーキングをしてみた日もありました。おかげで汗はたくさんかくことができましたが、汗がひいても服は濡れたままで肌が冷たくなり、とても寒気を感じました。そのままでは、風邪をひいてしまいそうでした……!


とはいえ、セパレートタイプやタイトにフィットしたスポーツウェアはかわいいと思う反面、街中では人目が気になりしっくりきませんでした。そこで私が選んだトップスは、メンズサイズのポロシャツやタオル生地のものです(ゴルフウエアのような)。


ダボッと大きめのメンズサイズなので、中にセパレートタイプやスポーツアンダーウェアを着れますし、袖が5分袖くらい、かつ丈が長いのでワンピ感覚にもなります。それに合わせてボトムスをスカートやショートパンツにし、中にUVカット加工がされているレギンスを履くことで、お尻や太ももの汗を吸収しながら脚への直射日光を避けることもできました。


上下完璧にスポーツウェアだと、お買いものや通勤で浮いてしまいますが、スポーツMIXのカジュアルスタイルにすれば仕事もプライベートも運動もこなせます。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

帰宅後は、必ず汗を流そう!

3. 頭や顔は帽子で守る


最後は、頭や顔への直射日光対策です。日傘を使用すると、どうしても片手がふさがってしまうので、ウォーキングには向いていません。そこで私が取り入れたのは、帽子をかぶることです。


日傘同様に、紫外線を吸収する色には「黒」が適しており、できたら帽子の“つば”があるデザインを選びましょう。ウォーキングをしていると、日焼け止めクリームを塗っても汗で流れ落ちてしまいますから、前に日差しよけの“つば”がある帽子で顔に日陰を作ることも大切です。


また、新型コロナウイルス対策のためのマスクに関して(※)は、野外で2m以上のソーシャルディスタンスがある場合、マスクを外すことを厚生労働省は推奨しています。とはいえ、人混みや室内に入らざるをえない時は、マスクを着用しなければいけないので、バッグの中にマスクを入れておくことをお忘れなく!


※参考:厚生労働省 公式サイト


Point☆ちょこっと美容マメ知識

服装に合わせて帽子をチョイス!

【おまけ】汗には、ビタミン・ミネラルも含まれる

人間の汗には、水分だけではなくビタミンやミネラルも含まれています。ウォーキングをする時に、たっぷりのミネラルウォーターで水分補給をすることはもちろんですが、実はお水だけ飲んでいると汗やおトイレと共にビタミンやミネラルが水分として流れ出てしまうのです。


なので、ミネラルウォーターと併用してたまに糖分や塩分(キャンディやスポーツドリンク、チョコレート、ビタミンジュースなど)を少量を摂ることをおすすめします。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

甘さや塩けは、運動中に適度にとろう!


機能的なスポーツMIXにトライ


【前編・後編】とウォーキングのhowtoをご紹介してきましたが、いかがでしたか。オフィスカジュアルも良いですが、厳しい服装規定がないのであれば、ウォーキングに適したスポーツMIXで移動してみましょう。汗をかいても、1日ストレスなく動けると思います。ぜひ、体力作りを!




©Goxy89/Gettyimages

©yoh4nn/Gettyimages

©Sergei Gnatiuk/Gettyimages

anan

2020年07月22日 19時30分

ビューティー anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア シャンプー 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ 手袋 ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア クレンジング 化粧水 美容液 オールインワン 美白ケア 毛穴ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 ムダ毛ケア バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ ナイトブラ 脱毛 置き換えダイエット ケノン 痩身エステ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。