風邪や花粉症対策にも...誰でも「マスク美人」になれる簡単メイクテク

2019年02月03日 19時40分

メイク術 ビューティ anan

風邪が流行っていて、マスクをしている方をよく見かけます。また、花粉症に悩まされる時期もやってきますよね。花粉症対策でマスクをする方も増えるでしょう。そこで、マスクをするときのメイクテクをご紹介します。寝坊した日の手抜きメイクにも使えるかも!?

マスクで落ちちゃう…ベースメイクのコツって?


ベースメイクでよく悩みに上がるのが、マスクで摩擦されてファンデーションがはげてしまうというもの。マスクをするときのベースメイクは、薄く仕上げるのがポイントです。


実は、思い切ってファンデーションを塗らないという方法が使えます。化粧下地とコントールカラー、コンシーラーで肌のアラをカバーしましょう。花粉症の方はファンデーションが刺激になることもあるので、ぜひ試してみてください。


その上から、フェイスパウダーを塗って仕上げます。ブラシではなくスポンジで押さえるようにして塗るのがポイント。


カバーするときは、マスクをしていない部分を重点的に。特に目もとが美しいと、全体もキレイに見えやすいです。上まぶたと下まぶた両方にカバー力の高い化粧下地を重ね塗りすれば、くすみが飛びます。

意外と大切なのがアイブロウメイク!


マスクをした状態でも見える部分をきちんとメイクしておけば、マスク美人に見えやすいです。アイメイクももちろん大切なのですが、見落としがちなのがアイブロウ。ここを普段よりしっかり仕上げると、印象アップ!


まず、セレクトするのはいつもより明るめのブラウン。マスクをしていると眉に目がいきやすいので、主張しすぎるのを避けます。


また、ふんわりとナチュラルに仕上げるのもポイント。アイブロウパウダーで眉を描いたら、スクリューブラシで毛を立たせるようにしてみてください。アイブロウマスカラで立体感を出してもOK。


さらに気をつけたいのが、眉尻の位置です。眉尻の高さは眉頭よりも上に来るようにしましょう。マスクをしていると元気がないように見えてしまいがちですが、眉尻の位置が低いとそれを助長してしまいます。

一番目立つアイメイク、どうすれば良いの…?


やはり重要なのがアイメイク。他のパーツが隠れているぶん、いつも以上に目立ちやすいのです。ただし、必要以上に濃いと、全体的にケバそうだと想像されてしまうので要注意。


マスクメイクでは、色みよりツヤ感を重視してみましょう。目もとにツヤがあると、肌がキレイに見えます。クリームアイシャドウを使うと、ツヤ感も高くヨレにくいのでオススメです。粉飛びして花粉症の目がさらに痒くなるのも防ぎます。


ゴールド系やオレンジ系などが、まぶたのくすみを自然にカバーしてくれてオススメ。ピンク系はアレルギーのように見えてしまうことがあるので、ここでは避けたほうがベターです。


アイラインやマスカラはブラウン系をセレクトし、ナチュラルな目力を出すようにしましょう。目もとだけインパクトがあると、ちょっと怖い印象になってしまうからです。


でも、ブラウンのアイラインだけだと弱く感じる……そんな方にオススメしたいのが、ブラックアイライナーの部分使いです。黒目の上部分のみにブラックアイラインを引くと、瞳がパッチリとして自然な目力が出ますよ。

風邪対策中のかたはもちろん、花粉シーズン時に備えてマスクメイクをマスターしておくと安心です。寝坊して顔全体のメイクをする時間がない……! そんなときにも使えると思います。


マスクをするときは、普段のメイクとはちょっと違った工夫をすると良いでしょう。マスク美人メイクは、マスク着用でも好印象を与えることもできます。この時期から活躍するはずですよ。




©unaemlag/Gettyimages

©Erstudiostok/Gettyimages

©malyugin/Gettyimages

©zilli/Gettyimages

anan

2019年02月03日 19時40分

メイク術 ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。