え、シワ増えた...?オバサン顔になる「化粧水のNG使い方」 ちょこっと美容マメ知識 #36

2018年12月25日 17時30分

化粧水 ビューティ anan

美容・健康に関する資格を8個保有するライター&コラムニストharakoが、日々の生活で気軽に取り入れることができる美容情報をご紹介する連載です。第36回目は、化粧水のつけ方について。コスメコンシェルジュの視点から、間違った化粧水のつけ方と潤いを引き出すつけ方の違いについてです。

化粧水のつけ方で、スキンケアの質が変わる……?


【ちょこっと美容マメ知識】vol. 36


クレンジングや洗顔でお肌の汚れを落とした後に、化粧水をつける女性も多いことでしょう。特に、寒い季節になれば「保湿が命!」といわれます。


しかし、化粧水は、ほとんど水溶性の成分(水)でできており、美白や保湿に働きかける訴求成分はとっても少量しか含まれていない商品が多いです。そのため、化粧水は保湿を期待するのではなく、上から重ねる乳液や美容液などがより浸透するように、肌を整える役割を担っていると考えたほうが良いでしょう。


そこで今回は、化粧水をつける時に間違えがちなことをご紹介します。

注意1. 手のひらで強くパンパンする


手のひらで化粧水をつける時に、「パッティングをしましょう」と言われることがあります。しかし、この美容用語が誤解されている場合があります。


朝の洗顔後やお風呂上がりに乾燥からお肌を守るために、「パンパンパンッ!!」と手のひらに出した化粧水を強く叩きこむようなイメージでパッティングを捉えている方が多いのですが、実はパッティングは“叩きこむ”のではなく“包み込む”のが正解です。


お肌の表皮は0.2mmとラップのように薄いので、優しく丁寧に扱う必要があります。ハンドプレスとも言いますが、手の温もりで圧力をかけながらゆっくりゆっくり包み込んで化粧水をつけていくのがオススメです。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

叩いても浸透率が上がるわけではない!

注意2. 化粧水の量をケチッて逆効果


「スキンケアは、化粧水だけではなくて乳液や美容液も重ねるから…」と、化粧水の量をケチッてしまう癖はありませんか?


化粧水の値段は、高いものから安いものまでさまざまです。コストパフォーマンスを考えて、分量を減らしたいのもわかりますが、化粧水に含まれる訴求成分(美白や保湿など)は少ないため、たっぷり分量を使うことで力を発揮します。


特に、コットンで化粧水をつける場合は、コットン全体が湿っていないと毛羽立ちが激しくなりお肌に摩擦を与えてしまう可能性があります。化粧水は、1か月〜2か月で一本なくなるペースが普通なので、半年、一年と長らく同じ化粧水を使い続けているならば使用量を増やすのがベターです。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

訴求成分は少しなので、量を重視!

注意3. 時間を空けすぎで乾燥しちゃう


最後に気をつけたいことは、化粧水をつけた後に時間を空けすぎることです。冒頭でも説明しましたが、化粧水の成分はほとんどが水溶性です。


つまり、すぐに蒸発してしまうので、長らく時間をおいてしまうと乾燥してしまいます(もし、洗顔後に化粧水を塗るだけのケアをしている方は、乳液や美容液、クリームなど保湿力のある製品を重ねてみてください)。


また、コットンパックと称して、コットンに手持ちの化粧水を湿らして即席パックにする方法があります。しかし、水分は少ないほうに移動する性質があるので、コットン自体が乾燥し始めるまで時間をおいてしまうと、逆にお肌の水分がコットンに移動してしまうので手短に切り上げましょう。


Point☆ちょこっと美容マメ知識

コットンパックは、数分でサクッと終了!



化粧水は、次のスキンケアへの “繋ぎ役” です。「優しく ・たっぷり・手早く」の3つを覚えて、ワンランク上の化粧水マスターになりましょう♪




©utkamandarinka/Gettyimages

©nensuria/Gettyimages

©Sasha_Suz/Gettyimages

anan

2018年12月25日 17時30分

化粧水 ビューティ anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア ロングヘア ストレートヘア パーマヘア ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。