素肌が汚いの…? 男が幻滅する「非モテ女子のやりがちNGメイク」 #39

2018年06月24日 20時00分

メイク術 ビューティ anan

非モテ女子の定義はさまざまですが、比較的共通して言えるのは「清潔感のなさ」ではないでしょうか。やはり、清潔感のあるほうが、男性ウケも良いです。清潔感を意識するためにはさまざまな方面からのアプローチがあるかと思いますが、メイクも重要なファクターとなり得ます。あえて清潔感のないメイクにしている人は滅多にいないかと思いますが、知らず知らずのうちに「清潔感がない」と思われてしまう仕上がりになってしまうこともあります。そういった要注意メイクを挙げていきますね。

薄付きのつもりが厚塗りに…!? 男性も意外と見ているベースメイク


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 39


厚塗りのベースメイクはファンデーションを塗りたくっているようで、清潔感がないように見られがち。「もしかしたらすっぴんの肌が汚いのかな……?」と勘繰られてしまう可能性もあります。そういうわけで、薄付きな仕上がりを意識している人も多いのではないでしょうか。


それでも厚塗りに見えてしまう原因は、不自然な白さ。そのファンデーション、あなたの肌色に本当に合っていますか? 美白に憧れるがゆえに、ワントーンばかりかツートンも明るいファンデーションを選んでいるのであればNGです。首や耳の色など、顔周りのパーツはもちろん、腕や脚などの色と極端に色みが違うと不自然ですよね。そういった不自然さが、ファンデーションを塗りたくっているような印象につながってしまうのです。


色白美人に憧れるのはわかりますが、ファンデーションが色浮きしてしまうのは避けましょう。

うわ、なんか怖い…! 目力重視すぎのバッチリアイメイク


パッチリとした目も憧れますよね。パーツメイクで力を入れているのは目もとだという意見もよく聞きます。しかし、目の周りがギラギラしているようなバッチリアイメイクは、清潔感のない印象を与えてしまうこともあります。目は、顔のパーツの中でも大きくイメージ付けるもの。だからこそ、わかりやすいバッチリアイメイクにするとケバケバしい印象になってしまいがちなのです。


例えば漆黒のアイライナーで囲み目をして、バサバサのつけまつ毛……といったアイメイクをしていると、目の周りが黒っぽいイメージに。これはあまり男性ウケが良くありません。


無意識にやりがちなのが、アイシャドウの塗り方やアイラインの引き方です。無難なブラウンアイシャドウを使っていても、締め色を太めに入れすぎると一気に濃いメイクになってしまいます。また、アイラインを太く引きすぎるのも同様です。


アイラインでいえば、オーバーラインのしすぎも不自然な印象になってしまうので要注意! また、下まぶたにギラギラとしたラメアイシャドウを塗るのもNG。ぷっくり涙袋には憧れますが、やはり不自然な仕上がりに。涙袋を強調したいのであれば、フェイス用のハイライトカラーをアイシャドウブラシで塗るのがオススメですよ。

キスしたくねぇ…ケアしてないと思われるリップメイク


最後はリップメイクです。唇がガサガサなのは非モテになるひとつの原因。スキンケアなどと同じく、リップケアもきちんとしている人をよく見ます。しかし、メイク次第では残念に思われてしまうことも。


そのメイクの代表格が、マット系リップです。マットなリップ自体はよいのですが、ツヤ系リップと違って唇の縦ジワが目立ってしまいがち。縦ジワが目立っていると、男性からはリップケアができていないように見えてしまうのです。最近はパウダータイプのリップも注目されていますが、こちらも縦ジワを強調してしまうことがあるので注意しましょう。


ルージュを塗るときは、リップブラシを使うほうがよいでしょう。そうすると、マット系リップやパウダータイプのリップでも、縦ジワを埋めやすくなります。しっかりとケアしているのにケアしていないと思われるなんてイヤですよね。ぜひ、ルージュはブラシ塗りにチェンジして。


清潔感は、モテにおけるわかりやすい要素です。対異性でなくても、仕事関係の人や友だちなどから「清潔感がない」と思われてしまうのは避けたいですよね。知らず知らずのうちにNGメイクになっていたということがないよう、上記3点にも気をつけながらメイクしましょう。



©utkamandarinka/Gettyimages

©adrianova_/Gettyimages

©simarik/Gettyimages

©sanjeri/Gettyimages

anan

2018年06月24日 20時00分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。