おばさんじゃねぇか…男が幻滅する「女の肌にあったらダメなもの」とは?

2018年04月21日 18時00分

ビューティ anan

シミは全て美白化粧品でケアすれば良いわけではない


シミが気になってくると、とりあえず美白化粧品を試してみる方も多いのではないでしょうか? しかし、それが一概に正しいとは言えません。実はシミには種類があり、美白化粧品では効果が得られにくいタイプもあるのです。つまり、自分のシミがどのタイプなのかを見極めるのが大切だと言えます。鏡を見ながらどんなシミなのか観察し、適切なケアを行いましょう。


それでは、さっそくシミ診断を行っていきましょう。

炎症後色素沈着


ニキビが治ったら、いつの間にかシミになっていたという経験をした方もいらっしゃるのでは。そういったケースはこちらのタイプにあたります。ニキビ跡以外にも、虫さされや傷跡などが原因になることも。色は赤や茶色、黒などさまざまですが、思い当たるような炎症を起こしていたかどうかを基準にしましょう。


こちらのタイプには、美白化粧品が有効です。ビタミンC誘導体やアルブチンなど、美白効果のある成分が配合された化粧品を積極的に使ってみて。


ただし、摩擦などの刺激を与えないように注意。洗顔は力を入れすぎず、化粧水なども優しく塗布してくださいね。刺激はメラニン合成を高め、悪化してしまう原因になります。また、このタイプのシミにレーザー治療は原則禁忌とされています。皮膚科などに行くときは、お医者さんとよく相談しましょう。

老人性色素斑


直径数ミリ〜数十ミリの丸いシミがあればこちらのタイプを疑って。薄い茶色から始まり、だんだん濃くなっていきます。これはシミのなかでも最も多いタイプで、紫外線や肌老化が関係しています。頬骨の高い位置は紫外線の影響を受けやすいため、このシミができやすいです。


こちらも美白化粧品が効果的です。なかなか治らないと感じるかもしれませんが、根気よく使い続けることが大切。ただし、色濃く定着してしまったものは消えないとされているので、レーザー治療などを考えてみた方が良いでしょう。

雀卵斑


難しく聞こえるかもしれませんが、いわゆる「そばかす」のこと。遺伝的な要因ででき、幼児期から思春期にかけて目立つ方が多いです。直径2、3ミリの小さな点が、頬や鼻を中心に散らばっています。一つひとつの形は丸くなく、三角や四角である場合が多いです。一般的には薄い茶色ですが、紫外線の影響で濃くなることもあります。


そばかすの場合は美白化粧品の効果が出にくいです。これは、遺伝的要因が強いためだという説もあります。再発してしまうケースもありますが、レーザー治療で消えることもありますよ。遺伝的要素が強いとはいえ、紫外線で目立たせてしまうのは良くありません。日頃からUV対策をしっかりと行うことが大切です。

肝斑


少し前からよく聞くようになったかと思いますが、更年期の女性が悩んでいるイメージで考えている方が多いように感じます。しかし、更年期でなくても肝斑はでき得るのです。原因は紫外線や女性ホルモンバランスの乱れ。ピルを服用したり妊娠したりしているときにも現れやすいです。


左右対称にできるのが大きな特徴で、頬骨辺りにできることが多いです。ただし、ほかの部位にもできることはありますし、色もさまざまなので、左右対称の位置にシミがあるかどうかをチェックすると良いでしょう。


肝斑は美白化粧品で薄くなることもありますが、内服薬のトラネキサム酸のほうが有効だといわれています。やみくもに美白化粧品を使って効果を実感できなかった方は、肝斑の可能性もあります。今一度、自分のシミがどのようにできているかを確かめてみましょう。


全てのシミに言える、予防法


紫外線が原因であったり、紫外線で悪化したりするシミが非常に多いです。どのタイプであっても、UV対策がとても重要なことがわかるかと思います。また、UV対策を怠ると、新たなシミができてしまう可能性も十分にあり得ます。


紫外線は年中降り注いでくるので常に対策が必要ですが、これからは特に気をつけましょう。ちょっとした油断がシミを作ったり悪化させたりするかもしれません。


できてしまったシミには適切なケアをして、あわせて常日頃からUV対策を行っておくこと。地道に思えるかもしれませんが、これをするかどうかが、将来のあなたがおばさん化してしまわないかどうかのわかれ道でもあるのです。



©mediaphotos/Gettyimages

©andresr/Gettyimages

©GMint/Gettyimages

©shironosov/Gettyimages

©utkamandarinka/Gettyimages

©GMint/Gettyimages

©Tom Merton/Gettyimages
アラサーになってくると、少しずつ気になってくるシミ……。シミの原因はさまざまですが、大きな要因として紫外線が挙げられます。この季節から特に注意しておくのも大切なのです。シミがあるだけでなんだか老けて見えてしまうことも。おばさん化しないよう、しっかりと対処していきましょう!

anan

2018年04月21日 18時00分

ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。