ヤル気失せるわ…! 男が即ダメ認定する「ついやりがちメイク」 #28

2018年04月13日 17時00分

メイク術 ビューティ anan

えっ…目の位置ってソコだっけ!? アイラインは絶対丁寧に引いたほうが良い


【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol.28


アラサー以降になってもよく見る失敗メイクが、アイラインの引き方。アイラインを引くのは案外難しく、メイクを練習し始めたときに苦労した覚えがありませんか? あなたがメイク初心者のときに習得したメイクテク、実は失敗メイクかもしれません。


目もとを引き締めつつ、ナチュラルに目力を出すポイントは、アイラインを目の際に引くことです。まぶたを軽く上げながら、まつ毛の際を埋めるようにしてラインを引きましょう。難しいと感じる方は芯が柔らかいペンシルアイライナーを使うのがオススメですよ。


よく見る失敗メイクは、目の際から数ミリ離れてラインを引いてしまっているもの。まつ毛の隙間が目立ってスカスカな印象になりますし、どことなく違和感が……。また、オーバーラインのしすぎも不自然になりがちなので注意してくださいね。

めっちゃ気になるけど言えない……口紅がはみ出してるのはNG


唇の血色が悪い方にとって、ルージュが必須アイテムという方は多いでしょう。また、パッと顔が華やぐのでリップメイクは大切ですよね。


リップメイクで絶対NGな失敗メイクは、ルージュがはみ出しているもの。色みが濃いほど目立ってしまいます。男性から見ても気になりますし、なんだかだらしない印象に。


オススメなのは、リップペンシルを活用することです。リップペンシルで唇を縁取った後でルージュを塗れば、はみ出しにくくなります。また、歯にルージュがついてしまうとお悩みの方は、唇の内側まで塗ってしまっている可能性があります。内側を避けて塗るようにすれば、歯にもつきにくくなりますよ。

不自然さ満載なんですけど! チークはきちんとボカしましょう


最後に、チーク。ポッと頬が色づいていると、守ってあげたくなるようなかわいさを演出できます。顔色もよく見えるし、使わない手はありません。だけど、雑なメイク感が目立ちやすいものでもあります。


濃すぎるチークは言うまでもありませんが、薄付きチークでも気になるのが境目。チークを塗っている部分がハッキリわかってしまうのは、ボカしが足りない不自然メイクです。これだと、男性ウケも最悪……。


パウダーチークの場合はブラシで、クリーム・リキッドチークの場合は指の腹で、塗った部分と塗っていない部分の境目をしっかりボカしましょう。最後にフェイスパウダーを叩くとよりキレイに仕上がります。


大丈夫だろうと思った失敗メイク、実はごまかせていないかも。気になる男性から「メイクが変」と思われたらなおさら残念ですよね。あまり気にしてこなかった方も、これからはメイク方法を改めてみてはいかがでしょうか。



©JANIFEST/Gettyimages

©skynesher/Gettyimages

©MikeLaptev/Gettyimages

©Kiuikson/Gettyimages
「今日のメイク、ちょっと失敗しちゃったかな……でも、男ってそんなに見てないでしょ!」なんて、メイクがうまくいかなかった日もあまり気にせずデートに行っているという方。女性目線のほうがメイクジャッジが厳しい傾向にありますが、男性も案外見ているんです。今すぐ変えたほうが良い失敗メイクをご紹介していきます。

anan

2018年04月13日 17時00分

メイク術 ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。