抜け感ゼロ…!? 男が「正直萎える」3大アイシャドウカラー男ウケ最悪!モテを遠ざけるダメダメ美容#21

2018年01月23日 19時45分

アイシャドウ ビューティ anan

一生懸命にしているメイクの男ウケがイマイチだったらショック! 女子が気合いを入れてしたメイクであっても、男性からすると「どうしたの?」と言いたくなる仕上がりのことも……。そこで今回は、時短美容家の並木まきが“男がギョッとするアイシャドウカラー”をお届けします。

文・並木まき

■1:ボルドー・バーガンディなどの赤めカラー



この秋冬は、こっくりした赤系コスメが人気を集め、リップだけでなくアイシャドウやアイライナーまで、これまでになく可愛い赤色が展開されています。


ところが、目もとに赤色を入れるメイクの“可愛さ”を理解できない男性も多くいるようです! 最近トレンドの囲みメイクですが、赤で囲むと「殴られた風……」「病気っぽく見える」といった辛辣な意見も。


見慣れれば問題ないのかもしれませんが、メイクの流行って男性に浸透するまでには少し時間がかかりがち。それだけに、彼の前で赤系のアイシャドウを使うのであれば、目尻にちょこっと程度にとどめておいたほうが無難かも。


■2:グレー



定番カラーでもあるグレーのアイシャドウは、他の色に比べてメイクが濃く見えやすいコスメです。そんなこともあり、男性たちから「ケバく見える」「強烈!」などネガティブな意見も多めです。


濃いめのアイシャドウは、写真映えを考えるのであればピカイチ。ただ、アイホール全体に入れてしまうと抜け感が出ず、対面ではインパクトが強すぎるというのも確か。


目が腫れぼったい日には、濃いめのシャドウほど便利なものもありませんが、デートでグレーを使うなら薄めのグラデーションでとどめるか、幅を狭くするのがベターです。海外モデルのような幅広のグレーアイシャドウも、同性から見ると素敵なんですけどね!


■3:ブルー・グリーンなどパステルカラーの寒色



そろそろメイクにも“春らしさ”を加えたくなる時期。普段のメイクでも、ちょっとアイシャドウの色を変えるだけで印象が随分と変わります。


パステル系のブルーやグリーンといった寒色系の色は、まだ気温の低い初春に使いやすい色ではあるものの、男性たちからはやや不評なのです。


「目もとだけ浮いて見える」「違和感ある」など、日本人の黄味がかった肌にべったり塗った寒色パステルカラーは悪目立ちしがち。


薄~くつけることを意識すれば、まぶただけ浮いているようには見えず、男性からもギョッとされにくいのでぜひお試しを♡


「デートだから♡」と気合いを入れてしたメイクなのに、彼からの印象がイマイチだったら悲しいですよね。


なんだかんだで清楚系メイクが好きな男性は多いので、ブラウンアイシャドウがデートメイクの鉄板でしょうか。「ちょっといつもと雰囲気を変えたい!」というシーンでも、ギョッとさせてしまうアイシャドウだけは封印して!




(C) bart78 / Shutterstock

(C) Valua Vitaly / Shutterstock

(C) Mike Laptev / Shutterstock

(C) Kyryk Ivan / Shutterstock


anan

2018年01月23日 19時45分

アイシャドウ ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。