【知らないと小さく見える…!】「一重、奥二重、二重」のアイラインの描きかた

2017年11月11日 19時00分

ビューティ anan

ひと昔前は「とにかく二重が盛れる」「二重のりやテープを使うのが常識」だったけど、ナチュラルメイクブームの今どきは、一重や奥二重をそのまま生かす人が増えているんです。だからって昔のアイメイクのままじゃNG。そこで「一重・奥二重・二重」それぞれのアイラインの描きかたをレクチャー。最後に、どんな目の人でも共通の “盛れる基本テク” もご紹介します。

イラスト・角侑子 文・三谷真美

目のタイプ別「アイラインの描きかた」



人によって目の形はそれぞれだから、自分に合ったアイラインの描きかたを覚えましょう。目を大きくすることだけじゃなく、左右対称になるように描くことも大切です。


一重さんのアイライン



目をあけた状態でもアイラインが見えるように確認する


1.目頭から目尻まで、まつ毛のすき間を埋めるように細くアイラインを描く。

2.目をあけた状態でアイラインが見えるかを確認しながら、少しずつ太く描き足す。


一重さんは、目をあけたときにアイラインが見えないからって、太く描きすぎちゃうことが。だから一回で描こうとせずに少しずつ足し、アイラインがギリギリ見える太さを探して。もしアイラインが悪目立ちするなら、最後に濃い色のシャドウをアイラインに重ねてなじませてもOK。


奥二重さんのアイライン



貴重な二重幅をつぶさないように、目尻ラインだけでOK


1.貴重な二重幅をつぶさないように、目尻にだけはみ出しラインを描く。

2.目をあけて、1で描いたアイラインをなじませるように描き足す。


当たり前のように目頭から目尻までアイラインを描いていませんか? 二重さんなら目もとがキュッと引き締まって目力がアップするラインテクですが、奥二重さんにはNG。せっかくの二重幅をアイラインで埋めてしまうと、逆に目が小さく見えてしまいます。それに、まぶたの上にラインがついて汚くなってしまうことも。なので、奥二重さんは目をあけた状態で、二重幅をつぶさないようにアイラインを描きましょう。


二重さんのアイライン



濃いアイラインはケバくなるから、細くを心がけて


1.目頭から目尻まで、まつ毛のすき間を埋めるように細ラインを描く。

2.太くするとケバく見えちゃうから、細くてOK。


ナチュメイクブームだからこそ、アイラインは最低限でOK。グラデシャドウやはね上げラインで盛るよりも「単色シャドウ×細ライン」や「細ライン×下まつ毛のマスカラなし」など、抜け感を作りましょう。


自分だけのメイクテクは研究あるのみ!


結局、目の形やサイズ、顔のバランスなどによって「人それぞれ」だから、いろいろ試して自分に合うメイクを見つけるのが一番。左右同じメイクをするのではなく、左右の目が対象になるようにメイクをしてください。アイラインは、どんな目の人も共通で「メイクの完成に近い状態」で描くのがオススメです。


1・カラコンをする人はカラコンをしてから

2・ビューラーでまつ毛をあげてから

3・まつ毛のすき間を埋めるときは粘膜側からアイライナーを描く

4・粘膜を埋めて目が大きく見える人と、小さく見えちゃう人がいるから、どっちも試して自分に合うメイクを見つける


顔の印象が大きく変わるアイメイクを練習して、かわいい目もとを手に入れましょう。

anan

2017年11月11日 19時00分

ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ ギャル 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック スピリチュアル 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。