【どうりで…】ファンデ直塗りはヤバい! 化粧下地の本当の役割って?

2017年10月08日 18時30分

ビューティ anan

美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第4回目は、「化粧下地」の話。BBクリームやCCクリームがトレンドの昨今、下火になっている化粧下地の存在。果たしてどれくらいの人が化粧下地の機能を正しく理解して使用しているのでしょうか。今回は改めて化粧下地について考えます。

化粧品市場で「化粧下地」はたった1%

【tamaebeauty】vol. 4


2015年に行われた化粧品市場調査によると、化粧品市場全体の売り上げは2兆4010億円。


そのうち、メイクアップの市場規模が5,251億円(全体の21.9%)で内訳の約50%がファンデーションであることがわかりました。


さらに、ファンデーションの売上は約2,300億円(全体の46%)で、化粧下地の売上は約300億円。実に、化粧下地は化粧品市場全体の約1%の売り上げです。(全てメーカー調べ)。


化粧下地は使われていない!?

2,300億円(ファンデーションの売上)÷300億円(化粧下地の売上)=7.6(1/7以下)という計算が成り立ち、化粧下地は7人に1人が使用している結果がわかりました。※メーカー調べ。


ん~、数字にするとかなり少ない印象です。


ファンデーションの限界と化粧下地の役割

7人に1人が使用していることがわかった、化粧下地。そもそも、その役割とはどういったものでしょうか。


化粧下地は名前の通り「下地」であり、ファンデーションを塗る前に肌に塗布することでファンデーションの発色を向上し、質感を持続させる役割があります。


そのファンデーションは、人間の肌の平均値を目安に開発されているのが実情。しかし、肌質は人の数ほどありますよね。つまり、ファンデーションだけで肌を美しく仕上げるには限界があり、各メーカーが出しているファンデーションが理想とする仕上がりには、まず自分の肌を平均的に仕上げる前準備が必要不可欠なのです。


〝ロングラスティング″ が売りのファンデーションを使用して、朝化粧仕立ての仕上がりが1日中続かない! と嘆いている人は、ぜひ化粧下地を事前に仕込むことをおすすめします。


海外ファンデは化粧下地によって完成する

ここでご自身のポーチを確認して頂きたいのですが、普段使用しているファンデーションはどこ国のものですか?


人気の海外ブランドのファンデーションは、開発時に参考にされているのは外国人の肌。外気がよく乾燥していてブルーベースの外国人の肌です。それを、高温多湿でイエローベースの日本人の私たちが同じような仕上がりを手に入れるには、同じ標準にする必要があるのは見逃せない事実です。


そんな化粧品市場の中で19年間潰れない「化粧下地専門ブランド」がある

そんな化粧品市場全体で、化粧下地の市場が低迷しているなか、19年間化粧下地の専門ブランドとして愛され続けている『NUDYMORE』をご存知でしょうか。なんと、19年間ずーーーーっと同じ化粧下地を販売しているのです! そして、リピート率が82%というから驚きです。


『NUDYMORE』は1998年メイクアップアーティストの要望からスタートした化粧下地専門のブランド。1998年といえば、海外製品が主流で、撮影現場では「日本人の肌では、ファンデーションの色が正しく再現されない」とアーティストを悩ませていた時期。


日本人の肌でも、鮮やかな発色で狙い通りの質感を出す「海外ファンデーションのための化粧下地」が強く望まれて誕生しました。


長くユーザーの期待に応えている理由の一つは「セカンドスキン」処方。


肌は排泄機能であり、メイクを始め付着物を常に排除する働きの生理機能に着目し、独自設計で肌を欺く(!)化粧下地を開発。肌に塗布しても、異物として感知されない処方だから、肌コンディションを常に安定させられるのだとか!


NUDYMOREの化粧下地

左:ビューティーヴェール 右:ブライトンカラー


「ビューティーヴェール」は、ムービー撮影から誕生した化粧下地。実際に使用してましたが、固めのゲルクリームのような質感で肌の凹凸の補正効果に優れています。「ブライトンカラー」は、スチール撮影から誕生した化粧下地。光のトーンアップ効果でツヤや血色を補充し、写真映りを抜群に仕上げます。


〝化粧下地が正しく機能して、ファンデーションが完成する″ メイクの基本でありながら守っている人が少ない現代。海外ファンデーションを愛用している人で、いまいち仕上がりに満足していない人は、ファンデーションやスキンケアアイテムを変えるのではなく、今一度化粧下地を使用してみては?




(C)golero/Gettyimages

(C)Tassii/Gettyimages

(C)Peopleimages/Gettyimages


anan

2017年10月08日 18時30分

ビューティ anan

Instagram、twitterで旬な話題を配信中!

あなたへのおすすめ

最新記事はここでチェック!

タグ一覧

ヘアアレンジ スタイリング 時短アレンジ術 簡単アレンジ術 前髪 人気ヘアカラー まとめ髪 ショートヘア ボブ ミディアムヘア セミロング ロングヘア ベリーショート ストレートヘア パーマヘア ワンカール 黒髪 ポニーテール お団子ヘア ヘアアイロン活用 セルフカット ヘアケア 髪のお悩み 流行ヘア モテヘア カジュアルヘア ガーリーヘア オフィスヘア ヘアアクセサリー バレッタ ターバン ヘアピン・ヘアゴム 小顔ヘア セルフネイル ジェルネイル 上品ネイル ピンクネイル カジュアルコーデ シンプルコーデ ナチュラルコーデ プチプラコーデ フェミニンコーデ コンサバコーデ ガーリーコーデ モテコーデ ベーシック ゆったりコーデ ママコーデ ストリートコーデ モードコーデ 結婚式コーデ ミリタリー モノトーンコーデ カラーコーデ スポーツMIXコーデ パーティスタイル ヘビロテ 着回し抜群 トップス アウター カーディガン シャツ ワンピース ビスチェ パーカー フーディー コート トレンチコート カラージャケット スカート フレアスカート タイトスカート ミニスカート デニムスカート 台形スカート ガウチョパンツ ワイドパンツ ワイドデニム スキニーパンツ バギーパンツ 靴下 タイツ スニーカー サンダル ミュール ニューバランス ブーツ ショートブーツ パンプス 帽子 ニット帽 ベレー帽 スカーフ グッズ メガネ ベルト 腕時計 ピアス トレンドアイテム バッグ ファーバッグ クラッチバッグ リュック ショルダーバッグ チェック柄 グレンチェック フリンジ 刺繍 ファー ロゴもの コーデュロイ デニム 色気のある格好 花柄 マスタードカラー ボーダー柄 レイヤード パンツスタイル ドレススタイル ニット スウェット anan表紙 雑誌付録 ユニクロ GU しまむら ZARA メイク術 スキンケア 化粧水 美白ケア 眉毛ケア コンシーラー ファンデーション マスカラ アイシャドウ リップ 乾燥対策 バストケア ヒップアップ マッサージ エクササイズ ダイエット ヨガ 動画レシピ サラダ カフェ巡り スタバ ひとり旅 女子旅 パワースポット巡り 人気スポット 絶景スポット 絶品 お弁当 スイーツ パン 占い 心理テスト 結婚 浮気・不倫 モテテクニック 恋愛お悩み 男性心理 デート 恋愛テクニック ドン引き行動 エッチ LINE体験談 ホンネ告白 胸キュン 片思い カップル話 婚活 倦怠期 ファッション恋愛術 プチプラ おしゃれマナー マネー お仕事 家事・育児 趣味 アプリ 癒し 大人女子 金運 ミュージック アニメ・漫画 アウトドア 清潔感 インスタ映え イメチェン パンチョとガバチョ

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、 各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。 本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。
ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。