Seattle

★★★★★
★★★★★
0.00
9
日本語可
フィリピン
ダバオ
----
----
Seattleには6つの特長があります。 (1) スパルタシステム:シアトルでは平日夜の外出禁止と毎日朝,夕2回の自習時間を設け厳しい環境の中で効果的に英語を勉強できる環境を整えています。 (2) レベル別けテスト:入学時のレベル分けテストに応じてESL6レベル、TOEIC5レベル、TOFEL7レベルに分けているので、生徒一人一人が自分のレベルに合う仲間と学習することが出来ます。 (3) 講師陣:当校の講師は毎週土曜日にトレーニングを受けています。特にTOEIC、TOEFLコースの講師は実際にテストを何度も受けています。 (4) 多国籍な留学生:日本、台湾、中国、韓国の学生が授業時間以外も英語を通してお互いの文化を交流しています。 (5) 最高の学習環境:シアトルはフィリピンの中でも最も犯罪の少ないダバオ市に位置し、学校敷地内には校舎と寮以外にもジムやバスケットコートなど様々な施設を用意しています。治安の良いダバオで安心して勉強やレジャーに取り組むことができます。

基本情報

正式名称
Seattle Language Center
通称
Seattle
フィリピン
都市
ダバオ
住所
LSC BLDG, KM 7 TIGATTO ROAD,BUHANGIN,DAVAO CITY
設立年度
2005年
規模
80人
認可
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校施設内の寮または外部寮
設備
食堂,売店,卓球場,バスケットコート,ジム,図書館,学生ラウンジ(ノートパソコン,デスクトップパソコン完備)
門限
(平日)外出禁止 (金・土・祝前日)1:00AM (日)7:20PM(夕方自習が始まるため) ※例外として前週の出席で遅刻・欠席が一切なかった場合平日中一日5:20PMから10:00PMまで外出可能。)
立地・周辺環境
海洋大学が50m 近辺にあり、高級住宅街であるビレッジに位置しています。市内までも10~15分で行くことができます。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
机とクローゼット、バス・トイレ、インターネットラウンジ
洗濯
週2回
掃除
週2回
宿泊形態
学校施設内の寮または外部寮
入退寮日
土曜入寮の場合は土曜12:00退寮
日曜入寮の場合は日曜12:00退寮
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

katsutoshi4週間2016年08月23日
【総評コメント】 今回の留学は、正直英語力の向上だけを目的にしていたため、人との出会いは全く期待していませんでした。 しかし、Seattleには刺激的な人がたくさんいました。 それぞれが明確な目標と意思を持って留学に来ていて、とても個性の強い、年齢もバラバラのメンバーと一緒に英語を学べる環境が僕にはぴったりでした。 メリハリのある生活でとても満足しています。 また、先生の質も本当に高く、英語力もしっかり伸ばすことができました。 学校のご飯もおいしく、掃除も行き渡っており満足でした。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 メリハリをつけた生活をすること。 次に、日本でやれることはしっかり全てやること。 行ったら伸びるというスタンスでいくと絶対に伸びないと思います。
ss.jess.s4週間2016年10月07日
【総評コメント】  本当にただ勉強だけをするには最高の環境でした。 私はたった1ヶ月でしたが、もっとここで勉強したいと思うくらいでした。 スパルタ式で勉強時間は長く、遊びにいくところもモールくらいしかありませんが、食事や部屋、トイレなどには文句なく、とても充実した一ヶ月を過ごすことができました。もっと遊びたい人には物足りないかもしれませんが、勉強をしにいく人には最適だと思います。ただ、同時に結果を出すためには1ヶ月では足りないと感じたので、すぐに結果が必要な人は2ヶ月以上は行くことをお勧めします。  また、この留学を通して、フィリピンという国に対しても好感を持ちました。ダバオは、気候や治安もとても良かったです。暑い日もありましたが、日本の真夏よりはましでしたし、スコールは夕方あることが多く、外出禁止だっためあまり影響はありませんでした。治安も良く、夜12時過ぎに女だけで出歩いても問題ありませんでした。お金を多くとられることなども無く、安心して買い物や外食を楽しむことができました。また、移動は基本タクシーでしたが、近場にはトライシクルに乗っていったりもしました。人々もみな明るく、治安のよいダバオに誇りを持っているようでした。モールやタクシー内でも常に音楽が流れていて、多くの人が歌を口ずさんでいたのが印象的でした。  総じてとても楽しく勉強でき、英語が少しおもしろいなと感じるようになりました。しかし、私の場合、少し英語に慣れてきたと思ったら帰国だったため、点数が必要な人は一ヶ月では足りないと思います。私自身、帰国直後のテストでは点数があまり伸びなかったので、一ヶ月だと勉強法を学び、それを帰国後も継続することで結果が出るのではないかと思います。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】  スパルタですが、そこそこ余裕もあり、楽しく勉強することができました。 先生たちもみな明るく、個人のクラスは一人一人のレベルに合わせて授業を進めてくれました。TOEFLの点を上げるための解き方や戦略を教わることから始まり、多くの模擬問題を解きました。グループクラスでもTOEFLによく出てくるtopicについてのlectureを聞いたので、基礎知識を英語で得ることができました。基本的な時間割と個人クラスの先生は最初に受ける実力テストの結果から決められるのですが、その後先生との相性やレベルに合わせて色々変更も可能でした。やはり先生との相性などで問題がある場合もあり、変更している人が多くいました。  平日は朝から夕方まで7コマの時間割がきっちり決まっていて、夜も2時間半の自習が定められていますが、その中でも休み時間があり、外で遊んだり、休んだりすることができました。食事の時間も決まっていて、その時間内に食堂に行けば食事をすることができ、洗濯や掃除も全てやってくれ、本当に生徒は勉強だけしていればよいという環境だったので、勉強に集中することができました。自習時間はライブラリーにいなければならないのですが、その時間内には終わらないほどの宿題が出たので毎日夜遅くまで勉強していました。平日は外出禁止でしたが、外出すると宿題が終わらないので、外出の必要もありませんでした。  休日は、外出することができ、みんな外で勉強したり、モールに行ったり、マッサージに行ったりしていました。ただ、祝日がいきなり決まることがあり、突然3連休になったりしたので、一ヶ月間の私にとっては1日でも勉強の時間が減るのがもったいないと感じました。  設備ですが、トイレは毎日掃除してくれて清潔に保たれていました。シャワーは水圧がとても弱いですが、我慢できるレベルです。Wi-Fi環境は良いとは言えず、部屋までは届きませんでした。部屋でインターネットを使うことができず、ライブラリーにいても使用人数が多いと反応が遅かったので、そこだけとても不便でした。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 勉強する時はして、遊ぶ時は遊ぶというメリハリが大事だと感じました。 この学校では平日は厳しいですが、休日は自由なので、週末を楽しみに平日頑張ることができました。
Takao Kanda4週間2016年11月16日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む