CIP

★★★★★
★★★★★
4.29
110
日本語可
フィリピン
クラーク
4.3万円〜
12.4万円〜
ネイティブマンツーマンとフィリピン人マンツーマンの両方を受講出来るCIPではより効率的に自然な英語が身につきます。全コースにおいてネイティブグループクラスが受講出来る上、定員6名までの少人数制グループクラスなのでスピーキングの機会が格段に増えます。また多国籍英語学校として長年運営しており、現在では日本、韓国、台湾、ベトナム、中国、香港、タイ、スペイン、ロシア、ポーランド、ドイツ、コロンビア、ブラジル、サウジアラビアなどの国からも受入れ実績があります。アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア出身のネイティブ講師、フィリピン人講師を合わせて校内はインターナショナルな環境になっています。IELTSやTOEICなどの各試験対策コースも充実しており、スピーキング力向上が強みになっています。

授業風景

基本情報

正式名称
Clark Institute of the Philippines
通称
CIP
フィリピン
都市
クラーク
住所
Lots 18 & 19 block 37 Kamatigue st. cutcut. Angeles city, Philippines
設立年度
2007年
規模
100人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校施設内の寮
設備
カフェテリア、ジム、体育館(バスケットボール、バレーボール、卓球、サッカー、バトミントン)、プール、自習室、iPad、カフェ
門限
(日-木)23:00 、(金土祝日前)1:00
立地・周辺環境
カルメンビルという高級住宅街の真横に位置し、静かでセキュリティの整っている場所です。車で5分程の場所にショッピングモールやレストラン街があり、無料のシャトルバスが利用出来ます。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
勉強机、鍵付きクローゼット、エアコン、デスク灯、冷蔵庫、ベッド、ベッド灯、ハンガー、WIFI、小物入れ、シャワー、トイレ、液晶テレビ
洗濯
週3回
掃除
週2回(ベッドシーツ、ブランケットの交換は2週間に1回)
宿泊形態
学校施設内の寮
入退寮日
入寮:土曜日午後6時~月曜日午前3時
退寮:土曜日午後5時まで
延泊費1泊1,000ペソを現地払い
※​クラーク便ご利用の学生様は土曜日入寮も前泊費用なしでお受入可能
レンタル可能品
ポケットWiFi 約100ペソ/1日
その他
新入生にはスナック、トイレットペーパー、飲み物の入ったウェルカムセットをお渡ししています。

口コミ

Erina Maekawa8週間2017年09月27日
【総評コメント】 初日から友達ができて、ルームメイトも優しい台湾人で先生も気さくで良い人達に恵まれました。先生達も授業以外でも気軽に話したりしてくれるので、常に英語を話せる環境でした。悩んだ時は先生に相談したり、時にふざけたり2ヶ月の留学でしたが、すごく仲良くなることができました。CIP生活は常に誰かといる時間が多く楽しくて、寂しい思いをすることがなかったです。ルームメイトと長く過ごしたことで深い表現での英語はできなかったけど、それ以上に深い絆ができた気がします。英語が上手なルームメイトだったので、英語面でも学校面でもたくさん助けてもらい先に帰国だったのですごく寂しくて離れた今でもお互いに連絡をとっています。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】
Shingo Ichikawa3週間2017年09月27日
【総評コメント】 大学の夏休みを活用して短期留学をしました。たった3週間でしたが、一対一の授業が豊富なので、短い期間で英語力が伸びました。日常英会話ならまったく困らないような英語力まで上がりました。TOEICでは300点近く点数が伸びました。インターネット環境よく、施設も比較的きれいなのでした。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 学習環境が整っていることだと思います。たとえば、ネイティブスピーカーが多いことやビーチやバー、クラブなど学生を誘惑する施設が、学校から遠ざかっており、勉強に集中できます。また、学校規則が少々厳しいのですが、それが私たちの勉強する機会を作ってくれることにつながるとおもいます。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 自分から積極的に英語で話しかけ、滞在期間中は日本語を話さないくらいの覚悟で望めば、短期間であったとしても飛躍的な進歩があると思います。
achako8週間2018年03月07日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む