SMEAGキャピタル

★★★★★
★★★★★
4.04
8
日本語可
フィリピン
セブ島
7.2万円〜
16万円〜
SMEAGキャピタルキャンパスはESL/TOEIC/TOEFL/ビジネス英語を提供しています。フィリピンセブで唯一、米国ETSからTOEIC/TOEFLの公式試験会場としての認可を受けていますので、1ヶ月に1回公式試験を校内で実施しており、他校の学生さんもSMEAGでTOEIC/TOEFLを受験しています。また、SMEAGのTOEIC/TOEFLでは、毎週土曜日に本番と同じ試験会場で模擬試験を受けることができます。またビジネス英語コースは、忙しいビジネスマンのため、1~2週間の短期滞在者にも対応可能なカリキュラム編成です。SMEAGの3校舎の中で最新のキャピタルキャンパスは、6階建てのビルの中に、寮・教室・ジム・コーヒーショップや美容室、マッサージショップを併設しており、快適な環境で勉強生活を送っていただいけます。

授業風景

基本情報

正式名称
SMEAG Capital
通称
SMEAGキャピタル
フィリピン
都市
セブ島
住所
Emilio osmena cor. Bataan st. Guadalupe,Cebu city
設立年度
2006年
規模
410人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校施設内の寮
設備
食堂、売店、レストラン、コーヒーショップ、映画館、ジム等
門限
23時
立地・周辺環境
セブの市庁舎の近くであることや、富裕層の住宅地の一角にあるため治安がよい地域とされています。また、ムーンカフェ・AAバーベキューなどセブ市内で有名なチェーン店レストランが徒歩1~3分のところにあり、気軽に外食が可能です。さらに、10分以内のところに日用品の揃うショッピングモールやパン屋さん、マッサージショップなどがあります。アヤラショッピングモールやITパークという繁華街までタクシーで15分程度で行くことができます。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
勉強机、クローゼット、エアコン、冷蔵庫、ハンガー
洗濯
週三回
掃除
週一回
宿泊形態
学校施設内の寮
入退寮日
日曜日入寮→土曜日退寮(※外部ホテルの場合は入寮14時以降/退寮12時まで)
※それ以外の日程では、延泊手数料1,000ペソかかります。
レンタル可能品
ポケットWi-Fi(1500ペソ/月、デポジット500ペソt)、 ドライヤー(50ペソ/月、デポジット500ペソ)
その他

口コミ

Tomomi Nakamura12週間2018年03月25日
ESLコースで3ヶ月滞在しました。 この学校の良い点は、明るくとてもフレンドリーな先生が多いことです。先生との距離感が近く、授業以外にも先生と出かける生徒は多かったと思います。 イベント事には学校全体で盛り上がっていました。 クリスマスやバレンタインなど学校にこもりながらも季節感・フィリピンスタイルを感じることが出来、楽しめました。 悪い点は、シーズンによって日本人の比率が高いことです。同じ日に入学した生徒同士で仲良くなる比率が高いので、春休みシーズンはほぼ日本人同士で固まっていました。 また、EOP(English Only Policy)がないので、日本語や韓国語、中国語と至る所で飛び交っていました。英語漬けの生活からは程遠いと感じました。 全体的に大学生の比率が多く、年齢層的には低めかと思います。 そのためか、残念ながらやる気のなさそうな学生も多々見受けられました。同じ部屋になった際には、やる気維持する強い心が大事だと思います。
Yuta Endo12週間2018年04月02日
【総評コメント】 3か月、TOEICコースを受講しました。毎週1回模試があり終わった後はレビューがあります。自身の強み弱みをそこで把握する事でスコアアップに繋がると思いました。そして、授業は全てTOEICに特化しており自習室も自由に使えます。本番の公式テストは朝早くに集合しますが普段使っている学校で受験できる為に違和感を感じなくて済むでしょう。また、良い先生は雑談の中でも間違った英語を使った場合に訂正してくれるなど意識の高い人もいます。更に、休日は学校経由でアクティビティに参加する事が出来ます。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 平日門限23時、コースによってはモーニング、イブニングスパルタがありメリハリがある学校生活を送れるのではないでしょうか。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 自分次第です。
おいも1週間2018年05月25日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む