ZA English UV校(旧UV ESL)

★★★★★
★★★★★
3.97
26
日本語可

フィリピン
セブ島
5.9万円〜
14.5万円〜
ZA English Academyはセブ島のビサヤ大学付設英語学校で、4週間以上受講された方には大学からの修了証も発行されます。欧米ネィティブ講師によるビジネス、プレゼンの授業やTOEICをはじめとする各試験対策コースは社会人の方々をはじめ好評で、複数の上場企業研修先としての実績も豊富です。毎月第2週金曜日に地元の学校等を訪問するボランティア活動も授業の一環として組み込まれているため、異文化交流も体験できます。大学付設校ということから、大学内の図書館、学食(学食は有料)も利用できます。寮は個室数が豊富な点も魅力的ですが、他校よりも広めな3人部屋は低料金なこともあり、大学生等から人気が高いです。学校周辺にはショッピングモール、飲食店が豊富なため、生活に便利な点も見逃せません。

授業風景

基本情報

正式名称
ZA English Academy
通称
ZA English UV校(旧UV ESL)
フィリピン
都市
セブ島
住所
G&G Suites,UV Banilad Campus,Gullas Medical Compound,Cebu City,6000, Philippines
設立年度
2002年
規模
195人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
日本人
学べる言語
英語
滞在方法
学校施設内の寮
設備
ウォーターサーバー、食堂、売店、 自習室、卓球場、大学構内ATM、カフェ、図書室等
門限
(日-木) 23:00、(金土祝前日) 25:00
立地・周辺環境
ガイサノショッピングモールまで徒歩13分、日本食材点まで徒歩8分と便利な立地です。さらに周辺には多数の飲食店があり、コンビニもあります。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
ウォータ―サーバー、ベッド、トイレ(ウォシュレット付き)、シャワー、机、クローゼット、冷蔵庫、扇風機、エアコン
洗濯
週2回(朝部屋の前に出しておくだけで当日仕上がり!)
掃除
週2回
宿泊形態
学校施設内の寮
入退寮日
土曜入寮→土曜退寮 または
日曜入寮→日曜退寮

土曜入寮→日曜退寮も可能ですが、延泊料(1,000ペソ/1泊)が必要です。
レンタル可能品
ポケットWi-Fi:100ペソ/1週、別途SIM代:60ペソ
※ご利用の際のロードのチャージは自己負担となります。
ドライヤー:200ペソ/4週※4週間未満でも200ペソとなります。台数に限りあり。
その他
ハンガー:無料

口コミ

Moe Noguchi8週間2017年03月17日
日本人のオーナーに変わったと聞いて、日本人が少ない事を期待してきたのに、日本人多かったという少し残念になりましたが、でも日本人のオーナーに変わってからより施設内やシステム(ルール)が良くなったと先生も言っていますし、自分も実感しましたので、すごく良い時に来たと思いました。立地もすごくいいし、ショッピングやスーパーが近くにあり、非常に便利でした。日本人マネージャーも柔軟に対応してくれました。
ダッシャー16週間2018年02月02日
【総評コメント】 当初は波乱の留学で、入院・盗難などの目に遭いました。 ですが、それ以上に様々な人々との出会いや、 UVスタッフの方々のお力添えもいただき、 非常に満足のいく、実りある留学になりました。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 University of Visayaの併設校ということもあり、フィリピン人の認知度は高いです。 例えば、タクシーの運ちゃんに「Please go to UV Gullas(ユーブイグリアス)」と言えば かなりの確率で分かってもらえます。今度、校名は変わりますが... この学校がある、Banilad(バニラッド)という場所は、 徒歩圏内にBTC(ショッピングセンター)、カントリーモール(ショッピングモール)などの 様々な商業施設が点在しており、それだけでなく ジプニー一本でアヤラモール(地域最大級のショッピングモール)に行けることから かなり利便性が高い場所です。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 何事も自分次第です。 私は、フィリピンで様々な災難に遭いました。 留学当初は、帰りたくて仕方がなかったのですが、 様々な経験や、学校内外で友人・知り合いが増えていくにしたがって、 留学生活がとても楽しくなっていきました。 今ではセブが大好きで、むしろ戻りたいとさえ思っています。 この学校やセブという場所は、自分で積極的に行動し、 慣れない土地でも、何かしら自分の好きなことを積極的に発見することが出来る人や、 違った文化を受け入れることが出来る人には、大変お勧めできます。 しかし、受け身でサービスを求める人や、 日本と同じような環境を求める人には、あまりお勧めはできません。 また、あまり最初から勉強...勉強と無理しようとすると、 留学がつまらなくなり、後半の方で息切れしてしまうかもしれません。 適度にバランスよく勉強と、その成果としての英語の会話や、 学校外でのアトラクションや遊び、食事などを楽しめれば、 より良く、楽しい留学になるかと思います。
nakamuta6週間2018年02月05日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む