A&J

★★★★★
★★★★★
4.40
56
日本語可

フィリピン
バギオ
5.4万円〜
13.5万円〜
A&Jは学生を主役として、講師、スタッフと3人4脚で共に歩むことをコンセプトにした学校です。学校で決められたカリキュラムを受け身的に取り組むのではなく、学生が主体的に学べる環境を用意し、学習の効率と効果を高めています。韓国資本の学校でありながら、他国籍学生への配慮を欠かさない学校で、特に日本人学生へのケアには力を入れています。日本人向け初心者クラスは大好評で、元俳優の名物講師Josephによる「伝わる音読」指導を受けられるのはA&Jだけ。英語に関することだけでなく、入学初日のカウンセリングで目的を明確にし、技能別勉強法、海外での生活、バギオについてなど、学生の留学や将来への不安を最小限にし、学習に集中できる環境を提供しています。A&Jはまるで家族のように、あなたの留学を応援します。

授業風景

基本情報

正式名称
A&J Baguio
通称
A&J
フィリピン
都市
バギオ
住所
Camp 7, Baguio City, the Philippines
設立年度
2008年
規模
50人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校寮
設備
Free Wi-Fi、ウォータサーバー、マンツーマン教室、グループクラス教室、ジム、バスケットボールコート、バーベキューエリア、ダイニングルーム、自習エリア、監視カメラ(20台)
門限
(日-木)21:30 (金土祝前日) 門限無し
立地・周辺環境
中心地から少し離れたのどかな通りに面しており、車通りの多い通りから外れているので、静かで気持ちの良い学習に適した環境。賑やかな街まではタクシーで約10分。街までのA&J生徒専用定期シャトルジプニーが運行しているので、生活必需品の買い足し、カフェでのくつろぎなどは平日も楽しめます。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
Free Wi-fi (各フロア、各お部屋でWi-Fi利用化)、ウォーターサーバー、冷蔵庫(各部屋)、
共有電子レンジ、クローゼット、温水ヒーター(各部屋)、机、イス、クローゼット、ハンガー
洗濯
週2回、専門業者によるピックアップ・デリバリーのサービス(P25/kg)
月・木曜日
掃除
週3回(シーツ交換は申告制)
害虫対策の駆除を外部業者に委託予定(頻度未定)
宿泊形態
学校寮
入退寮日
土曜入寮、土曜15時までに退寮
レンタル可能品
ポケットWIFI貸出し可(機材貸出無料、但し通信費は学生負担)
その他

口コミ

Yoshimi Fujita6週間2018年05月22日
授業内容:最初にテストと日本人マネージャーとの面談があるので、自分のなりたいレベルを伝えると一緒に考えてくれます。私は簡単な日常で使えるイディオムがたくさん入っているテキストを勧めてもらってそれにとても満足しています。先生ですが、古くからいる先生は、特に教え方が上手いと思います。私は語彙力がないので、簡単な英単語を使ってもらえて助かっています。マネージャーや先生との相談で、途中からでもある程度の授業内容変更は融通が利きます! 生活面:ごはんは、韓国系の辛いものが多いです。1日3食、日曜日だけ2食です。フィリピンなので、当然虫が多いです。慣れます。エアコンなどはありませんが、基本涼しいので全く必要ありません。洗濯は学校のランドリーサービスがありますが、使っている人を聞いたことはありません。徒歩3分程の所にスーパーマーケットとランドリーがあるので、そこを利用するか、手洗いしてます。手洗いの場合、干す場所が室内しかないので、乾きやすい洋服を持っていくことをお勧めします。長袖の上着は必須です。日本人率は時期にもよりますが、3-4割くらいです。ルームメイトは、できるだけ国籍が被らない様にしてくれているのだと思います。大きなショッピングモールが車で10-15分くらいのところにあるので大抵のものはそこで揃います。wifiは、いい時もありますが、繋がらない時もあります。時々不便でしたが、私はSIMなしで2ヶ月弱を過ごしました。 休日:毎週アクティビティに行ってました。先生も相談に乗ってくれました!大人数で行くなら、運転手付きバンチャーターがおススメです。 まとめ:本当に先生と友達に恵まれていました!友達のように話せる先生も沢山いるので、授業も楽しかったです。
つんと20週間2018年06月05日
A&Jを見た当初とても小さい建物だと思いました。その分、人も他の学校より少ないのですぐに仲良くなることができます。マンツーマン授業の部屋は狭いです。まぁ2人なら十分なスペースだと思います。先生の質は人それぞれですが高く、親身になって教えてくれます。 私はワーキングホリデーコースでしたが、グループクラスでは教科書に沿って授業を進めていきます。このクラスはワーキングホリデーに関したものではなく、普通の教科書を進めていく授業だと感じました。英語初心者の私では内容が難しく、周りのレベルも高かったのでついていけませんでした。単語を調べるのが精一杯で、質問に答えられないことがざらにありました。単に私の勉強不足だとは思いますが、このクラスは私には不必要だと感じました。ただ、本場の発音を聞けることができます。 マンツーマンのOJTの授業では英語ではなくCafe willのメニューを覚えるのに必死でした。英語での挨拶やロールプレイングは簡単でいつも使うものなのですぐに覚えましたが、メニューはたくさんあり、最後のインタビュー時に「これはどういった料理なのか」などランダムに聞かれると言われたので2ヶ月間毎日繰り返しメニューを覚えました。全部は覚えなくて読むだけでいいと言われましたが、読むだけでは答えられないのでひたすら英文を覚えました。実際には聞かれませんでしたが…。インタビューの内容も暗記すると1つの質問の答えを忘れた時に頭が真っ白になりその後答えられなくなる可能性があると言われましたが、そもそも暗記しないと私の英語初級レベルでは何もでてきません。全部とは言いませんが要所要所で覚えているといいでしょう。今後、カフェやレストランで働こうと考えている人には向いているかもしれませんが断言はできません。私には向いてませんでした。ただオーダーを取り、無給で接客をこなしている感じでしたので他の国で給料を貰いながら接客する方が得だと思います。例え英語力が足りなく、他の国のジャパニーズレストランで働いてそこが違法賃金でも、少なくとも給料はもらえるのでCafe willと同じ事をして給料を貰えるのならそちらの方が良いと思います。もちろんそれと比べることはお門違いかもしれませんが。英語初級者の私にはお客様の会話をあまり聞き取れることができなかったので、5ヶ月間Power ESLコースにしておけば良かったと思いました。たぶん私にはそちらの方が向いていたということと勉強不足だったということ、それだけです。 OJTではお客様と英語で会話する機会があまりありませんでしたが、時々英語で話しかけてきてくれました。金、土曜の夜は死ぬほど忙しく、土曜の昼は死ぬほど暇です。OJTの現地スタッフはとても優しく例えミスをしても助けてくれます。私は最後までミスしてました。申し訳ないです。 フィリピンに来たからには日本と同等レベルの生活が得られると思わない方が良いです。外の犬の鳴き声や子供達の声は尋常じゃないです。特に犬の鳴き声は夜中まで続くことがあり、何人もの方が最初の方は寝られなかったと言っていました。朝早くには(5〜6時ごろ)子供達のバスケの音と声で目が覚めます。アラーム無しで起きることができます。^ ^ 何でもかんでも「これがフィリピンだから」と思っていた方が気が楽です。神経質な方は向いてなさそう。虫もしょっちゅうですし、部屋によってはシャワーがよく使えなくなることがあります。しかし事あるごとににマネージャーさんが対応してくれます。その点では何度も親切にしていただきました。
SY12週間2018年06月06日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む