BECI メインキャンパス

★★★★★
★★★★★
3.95
42
日本語可

フィリピン
バギオ
4万円〜
9.9万円〜
BECIは 『実際に使える英語を身につけることで、人生を変えるきっかけを作る。』をコンセプトに、学生様へよりよい環境と授業をご提供しています。ただ英語を学ぶだけではなく、実際に話せるようになりたい方へお勧めです! ・美しい自然の中にある最高の施設と設備が整った語学学校 ・日本人スタッフが常勤しているので、学習面、生活面での全面的なサポートを提供 ・学習スペースとして絶景を望めるラウンジを24時間開放 ・TESLA成績上位10%の講師によるクオリティの高い授業 ・EDUCAREシステムによって学生自らテスト結果やスピーキングテストの動画をいつでも確認できる もし、あなたが本気で英語を習得したいと思っているなら、ぜひBECIにお越しください! 優秀な講師・学習に適した環境・他国籍といった、英語を習得する為に必要な全てをご用意してお待ちしています!!

授業風景

基本情報

正式名称
Baguio English Communication Institute
通称
BECI メインキャンパス
フィリピン
都市
バギオ
住所
Green Valley Hotel,Brgy,Dontoga,Baguio City,2600,Philippines
設立年度
2003年
規模
180人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校寮
設備
学習ラウンジ、売店、 各種スポーツ場(卓球,ビリヤード,バスケット,バレーボール)、マッサージ店等
門限
(日-木)22:00、(金曜・土曜・祝日前日)門限なし
立地・周辺環境
学校周辺に大型商業施設はありません。交通制限のあるビレッジ内ですので排気ガスや騒音の問題がありません。最寄りスーパーマーケットまで車で5分、SMバギオまで車で10〜15分、総合病院まで車で10分
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
勉強机、クローゼット、冷蔵庫、Wi-Fi、希望者のみブランケット無料貸出、電気毛布有料貸出
洗濯
出張洗濯屋利用(平日毎日営業中 月•水•金回収、土曜は半日営業•日曜定休)
掃除
週1回
宿泊形態
学校寮
入退寮日
入寮日:日曜日(ピックアップ日同様)、退寮日:土曜日
※延泊は1,000ペソ/泊(食費つき)
レンタル可能品
なし
その他
ウェルカム品:水、ティッシュペーパー1ロール、歯ブラシ、くし、歯磨き粉

口コミ

hikaru371114週間2017年03月19日
【総評コメント】 2月末から1か月間BECIに留学しました。結論としては非常に満足しています。BECIに決めたきっかけは正直なところ学費の安さが一番でしたが、ほんとにこの選択は正解だったと思います。韓国人経営の学校なので日本人は多くてもせいぜい2~3割ほどですし、ベトナムや中東の学生もいて大変楽しめました。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 BECIのスパルタコースは1日11時間の授業で構成されています。自分の場合は1か月のみの留学ということでもう少し詰め込もうと1コマ追加し1日12コマの授業をとっていました。この授業数はまず日本では実現不可能ですし、本当に有意義な1か月間になりました 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 BECIは非常に自由度の高いカリキュラムをもっています。これを最大限に生かすには自分がどの点にフォーカスしてどのようなスタイルで勉強したいのかを先生に伝えられることが重要です。留学に行く方は事前に自分の弱点をしっかり振り返るべきだと思います。
tp_link8週間2017年06月10日
【総評コメント】 BECI卒業後に他のフィリピンの学校へ数週間通いました。在学中はBECIしか知らないこともあり不満に思う点もありましたが、比較するとBECIの方が良かったと思うことが多いです。 特に生活面でそう思いました。 部屋によってはシャワーからチョロっとしたぬるま湯しか出ない、ネットが繋がりにくい、突然の断水など不満に思うこともありましたが、どれもフィリピンということを考えれば許容範囲です。 また、停電になっても次の瞬間に電気が復旧する(発電機があるため)、まともな食事が土日祝と3食提供される(もちろん食事が合わないという生徒もいましたが…)、週3でランドリーサービス(洗濯・乾燥・たたみ)がある、息抜きできる場所がある(ラウンジ)、徒歩圏内にコンビニ的なものがある等、生活において不安な面はほぼないので、勉強に集中できる環境だと思います。 勉強面では、私は日本にいた時もあまり勉強をせず、中学レベルの英語も怪しいため、入学したての頃は「本当にこれで伸びるのか?」と日々不安に思いながらも必死で予習復習をしていました。その甲斐あってか、入学1ヶ月後のリーディングテストで「なんか読めてる?しかも読むの早くなってる?」と実感できました。 (ただ毎日、授業の予習復習で手一杯で自習をすることができませんでした…。) ただ、3ヶ月以上の留学向けの学校だと思います。 理由は、4週間ごとに全生徒一斉にグループクラスの登録をし直さなければならないのですが、そのシステムを覚えたり、登録するのが非常に面倒臭いです。 登録会は授業中にあり、またクラスも先着順のため、募集クラスの一覧が発表されてから本登録が終了するまで、ずっとそわそわしていなければなりません。 私は短期留学だったので、授業以外のことに無駄に意識と労力を持っていかれるのなら、いっそクラスはこのままでいいから授業に集中させてくれ、と思いました。 ただ、長期留学の場合は、同じメンバーでずっと授業をしていてもダレると思うので、このシステムは有効なのかもしれません。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 ・日本人生徒数が少なく、授業以外で英語を話す機会に恵まれている ・自習スペースが確保されている ・比較的、清掃が行き届いており設備が綺麗に保たれている ・先生、日頃接するスタッフがフレンドリーで話しやすい ・WI-FIがあまり繋がらない ・大学生〜20代の生徒が多く、良くも悪くも「学校」という印象 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 他国籍の友人をつくることです。 もともと日本人の割合が少ないため、授業以外でも他国籍生徒(韓国人、中国人、台湾人、ベトナム人等)と英語を話す機会に恵まれています。彼らは母国である程度の文法をマスターしているため、一緒に話したり、話すことができなくても会話に参加するだけでも勉強になります。 そしてBECIは生徒の人数が多いため、気の合う生徒、友人を見つけやすいと思います。 私は英語が得意ではなく、他生徒(特に日本人)からバカにされることもありましたが、逆に英語が堪能な他国の生徒たちが根気よく練習に付き合ってくれ、もっと英語を勉強したいというモチベーションに繋がりました。 私は人見知りで自分から声をかけられないタイプですが、グループクラス等で顔見知りになった生徒に話しかける(Hi!+相手の名前の挨拶だけで十分です)ようにし、そこから輪が広がっていきました。英語を勉強しているだけあり、みんな本当に他国に興味を持っていてフレンドリーです。
なぱちゃっと12週間2017年07月06日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む