Monol

★★★★★
★★★★★
4.14
73
日本語可

フィリピン
バギオ
----
8.5万円〜
「しっかり勉強するならフィリピンバギオ留学。」 バギオ地域にてMONOLは2003年より「復習重視教育」を徹底しています。 授業後の復習こそ第一に考えられた独自のカリキュラムと教材によって、その日習ったことはその日のうちに消化する、授業の科目同士、授業と授業以外の学習が連携する、総合学習の仕組みが整った貴重な学校です。 講師共同生活の3+1部屋から価格重視の元祖6人部屋まで、学生のためだけを思った工夫が随所に施された充実の施設サービス、Wi-Fi環境は群を抜き、質重視、価格重視の多国籍の学生様より高い支持を得る老舗セミスパルタ校です。

授業風景

基本情報

正式名称
Monol International Education Institute
通称
Monol
フィリピン
都市
バギオ
住所
Purok9,Tacay Road,Pinsao Proper,Baguio City,Philippines,2600
設立年度
2003年
規模
300人
認可
SSP認定学校 TESDA登録学校
オーナー
韓国人
学べる言語
英語
滞在方法
学校敷地内寮(2人、3人、4人、3+1人部屋)
設備
体育施設、洗濯室、ジム、サウナ、ヨガ、ピラティス
門限
平日:21時 (4週目の金曜日のみ17時から24時まで外出可能) 土曜日:24時 日曜・祝日:21時(祝前日は24時まで外出可能)
立地・周辺環境
モノールは静かで安全な住宅街に位置していてタウンまではタクシーで約10分(約75ペソ)程度かかります。
祝日
フィリピンの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
学習机(照明付き)、クローゼット(ハンガー・洗濯籠付き)、物干しラック、カーペット敷、冷蔵庫、除湿機、施錠可能キャビネット
洗濯
週5回(週末以外)
掃除
週5回(週末以外)
宿泊形態
学校敷地内寮(2人、3人、4人、3+1人部屋)
入退寮日
土曜日入寮、土曜日退寮
レンタル可能品
なし
その他
到着日用にトイレットペーパーをお部屋に配布

口コミ

じじ4週間2018年05月11日
今回が初めての語学留学で、英語の授業を英語で教わることや慣れない土地での生活に不安を抱えていました。 しかし、実際は良い意味で期待を裏切られました。 先生は親切で面白い人が多く、MONOLでは先生の指導教育にも力を入れているのでフィリピン独自の訛りもそこまで感じることがありませんでした。 食事に関しても、料理の味は似たようなものが多かったですが、野菜や果物も充実しており不満もそんなに感じませんでした。 部屋に関してはリノベーションが済んでいる部屋とそうでない部屋がありますが、リノベーション前の部屋でも十分納得のいくものでした。 授業を受ける階にはWi-Fiは飛んでいませんが、自分の部屋には問題なく快適なWi-Fi環境が整っていますので、それも心配をする必要はないです。 リノベーションに関しては現在も進行中で朝から夕方までその作業音が聞こえます(笑) ただ授業を受けるフロアは地下にあるのでその音が授業の妨げになることは無いので安心してください。 肝心な授業についてですが、先生に不満がある場合は変更をしてもらうことも可能です。先生の授業の熱心さはやはり人それぞれなので、当たりと外れは正直あると思います。 ただ先生方は僕達のニーズに沿って授業を進めてくれるので、こんなことを勉強したいということを伝えればそれについて教えてもらえます。 スーパーやモールもタクシーで15分のところにあって100ペソ前後で行けます。 小さな商店も学校の前にあるので非常食等も買うことが出来ます。 体調が悪い際には保健室のようなものが学校にありそこで面倒を見てもらえますし、一緒に病院に付き添ってくれるのでそういった意味でも安心できます。 自分の意見をちゃんと伝えることと、本来の目的さえブレなければ必ず留学生活は意味のあるものになります。 またフィリピンは日本では無いため、食事や部屋に少し不満があったり、Wi-Fi環境も雨の日では電波が弱い時があることなどを理解した上で留学することをオススメします。 わずか1ヶ月でしたが僕にとってこの留学はとてもとても満足のいくもので、友だちにも先生にも環境にも恵まれてかけがえのない思い出になりました!
mochika5218週間2018年05月30日
2ヶ月間モノルに滞在し、英語の勉強をさせていただきました。 元々の語学力はほぼなかったため、悪戦苦闘することもありました。 すべて英語で行われる授業では、文法などの特殊な用語の勉強がまず必要になるため、知っている簡単な文法でも簡単に気付かない時が多々あったので、文法用語の勉強もある程度していくと良いかと思います。 私は2人部屋の選択をしたのですが、もっと大人数のドミトリーにすべきだったなと感じました。 私が滞在している間に一番メリットだと感じたのは、授業の内容云々ではなく、英語を話す環境に身を置けることでした。 その点ドミトリーでは、多国籍なメンバーで日常の何気ない会話ができることで、英語を話す機会が自然と増えると思います。 私の場合は夫婦二人で二人部屋だったので、日本語に頼る機会も自然と生まれてしまいました。 3+1(先生1名と生徒3名)の部屋では、1日1時間必ずルームメイト同士で話をする時間があるということで、先生を交えれば正しい表現も知ることができてとても魅力的に感じました。 数ヶ月間と滞在を考えてある方は、その期間大人数で過ごすことに抵抗を感じることもあるかと思いますが、たった数ヶ月、思っている以上に目まぐるしく日々は過ぎていくので是非ドミトリーをお勧めします。 また、日本人比率は予想よりもかなり高く感じました。 英語が話せずに不安なことも多いかと思いますが、日本人マネージャーがとっても親切なのでその点がとても心強いと思います。 学校に滞在しているだけでは英語は伸びないので、どれだけ自分で日本語にどれだけ依存せずに過ごせるかが成長の鍵だと思います。 私は、英語に対する意識は変えることができたけど、英語力はまだまだ上がっていないので、これから伸ばしていきたいと思います。
daisuke0305098週間2018年06月05日

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む