エバコナ エデュケーション フィティアンガ

★★★★★
★★★★★
0.00
3
日本語可
ニュージーランド
フィティアンガ
----
----

基本情報

正式名称
Evakona Education Whitianga
通称
エバコナ エデュケーション フィティアンガ
ニュージーランド
都市
フィティアンガ
住所
Whitianga Campus & Main Office - 18 South Highway, Whitianga 3510 New Zealand / Thames Campus - 415 Mackay Street, Thames 3600 New Zealand
設立年度
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
ホームステイ、民間寮
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
ニュージーランドの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
ホームステイ、民間寮
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

liam liam1週間2017年09月27日
【総評コメント】 日本人が多いのでそこは気をつけたほうがいいです。 全生徒を見ていると9割ぐらいいる気がします。 そうなるとどうしても授業中とか授業中以外も日本語を使う時間が増えてしまうので 伸びるのが少し遅くなってしまう気がします。 (これは意識して変えるってのはほぼ100%無理な話です。 大人でも難しいです。) 授業に関しては基本的に文法がメインって感じです。 午前が文法系 中間の授業が会話系 って感じです。 でも自分はライティングとリスニングが少し少ない気がしましたね。 どちらかと言うと英語力を伸ばしたいなら文法より会話の方が優先な気がするのに 会話の授業は短いので 会話力をつけたいならプラスでホームステイファミリーと毎日話してると 身につくと思います。 後、携帯とか辞書、電子辞書を授業中に使ってるとすげー怒られます。 (電子辞書必要なものリストに入ってたのに使っちゃダメみたいです。) それ以外はバッチリです。 アクティビティーは結構楽しいですし 授業も内容だけ考えればまあ普通ですね。 ただアクティビティーもたまにハードなのをやったりするので インドア派とか運動が苦手な人は考えた方がいいですね。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 とにかく英語力をつけたいなら 日本人と少しだけ距離を置いて 日本語をあまり使わないようにするといいですね。 後、ホームステイファミリーと毎日少しでもいいから話すと 一気に伸びると思います。
qwertyz1週間2017年10月22日
【総評コメント】 この学校は日本人率が5割6割と書かれていますが、 正直9割強はいます。  だから英語を習得するのはどうしても時間がかかってしまいますね。 それとこの学校はなぜか電子辞書が使うなと言われます。 あと最近できたルールのようですが 日本語3回しゃべったり9時5分までに学校にこれないと授業に参加させてもらえません。 (日本人ばかり入れるのが問題な気もしますが…) (日本人が多いから日本語を使ってしまうと言うことに運営は気づいていないようです。) さらに居残りをさせられます。 あとなぜか携帯を取り上げられますw (無理やり押さえつけてる感がすごいです。) (電子辞書は必要なものリストにあるのですが使ってはいけないみたいです。) 授業については基本的に文法が重点的にやってますね。 レベルも分けられていますが会話系のクラスが短いので 喋れるようになりたいなら 口コミにあるようにホームステイ先の人と喋るのがいいですね。 周りの環境は非常にいいです。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 アクティビディーが充実してるのでアウトドア派にはとてもいいですね。 たまにハードなのをやったりするのでそこは注意です。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 とにかく英語力をつけたいなら ここに書いている人がいますが 日本人とあまり喋らないようにしてステイ先の人とたくさん喋るのが一番いいですね。
Sammi44週間2019年12月15日
私が2016年にお世話になった語学学校です。 そして現在、私の妹が通っています。校長先生は日本人の方で、一人一人の英語学習の状況から、ホームステイ先でのことまで、しっかり面倒を見てくれました。 ホームステイ先もEvakona Educationさんのほうでコーディネートしていただきました。長年の実績があるため、それぞれのホームステイ先の情報もしっかり把握しており、最高のホストマザーに出会うことができました。 授業は、レベル分けテストによりレベル別で受講しました。ボキャブラリークラス、リーディング、スピーキング、のように1日にお昼を挟んで2時間程ずつの受講でした。1週間に一度アクティビティに参加する日があり、乗馬、川、ビーチ、ピクニック、遊園地、オークランドの博物館等様々な場所を訪れることができました。ホストファミリーも授業の進行具合を把握しており、また、英語学習にも協力的でした。ボキャブラリークラスでは毎日ボキャブラリー(20単語程度)のミニテストがあったため、授業後はホストファミリーと勉強をすることが日課になっていました。 留学は、英語力はもちろん、日本にいる両親と離れて生活することで精神的にも成長することができます。私が行ったときは、wifi環境のあるところでしかケータイを使わない、とルールを決めて行ったため、日本にいたらケータイを触っている時間に、単語の勉強や、テレビ、映画を見ることで英語力の向上をはかることができました。語学学校でのルールがある(English Only等)ところもありますが、自分の中で何かを決めて成し遂げるということも大切だと思います。 全ての人が得られるチャンスではない留学に行けることは、とても幸せで恵まれていることです。何年も留学していても、英語を話せないという人もいますが、短期の留学で、多くのことを得てくる人もいます。自分次第で色々な方向に道があるので色々なことにチャレンジすることがおすすめです。

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む