BCIT (ISEP)

★★★★★
★★★★★
4.22
3
日本語可
カナダ
バンクーバー
----
----

基本情報

正式名称
British Columbia Institute of Technology(International Student Entry Program)
通称
BCIT (ISEP)
カナダ
都市
バンクーバー
住所
3700 Willingdon Ave. Burnby, BC Canada V5G 3H2 (バーナビーメインキャンパス)555 Seymour St. Vancouver, BC Canada V6B 3H6 (ダウンタウンキャンパス)
設立年度
1964年
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
ホームステイ、学校寮
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
カナダの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
ホームステイ、学校寮
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

Leo Tohyama24週間2015年12月15日
【総評コメント】 書いてきた通り、BCITのISEPコースの特徴は「かなりスパルタ」「アカデミックイングリッシュ」「環境・設備良し」の3つです! 初めの学力試験でレベル100から600までの内のいずれかに配され、各レベル50%の点数を獲得すれば次のレベルへ進級でき、必要に応じて最高の600レベルまで受講することができるというこの学校のシステムですが、特にレベル400〜600に関しては適当に授業を受けていると進級できない人も出てきます(点数が悪ければ、シビアに落とされます) ただ、しっかりと授業を受講していればある程度ちゃんと合格できるようなレベル設定になっているようにも感じています。 必死で大量の宿題をこなしていけば、僕の場合は約半年通ったことでだいぶ英文を読む速度が速くなりましたし、ライティングでの文法ミスもだいぶ減ってきました。留学に来て最初の授業では全然先生の言っていることがわからなくて困りましたが、今ではだいたいついていけるようになりました。確かな成長を感じています。 英語を頑張るぞ!という気がある方には自信を持ってオススメできる学校です。もしもっと詳しく知りたいという方がいれば、自分のブログにも詳しくまとめましたのでそちらもご覧ください。 http://unique-experience.xyz/?p=1047 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 ISEPは、中国からの留学生が非常に多いコースです。すぐに慣れますが、初めは「バンクーバーに来たのか中国に来たのかわからん!」という気持ちになったこともありました。 ただ、僕の場合は沢山の中国人のクラスメイトと話すことで世界が広がって、結果とっても良かったと思っています。 カナダはグローバライゼーションの国です。そしてバンクーバーには沢山のアジアからの移民が住んでいます。この街には、カナダ人だけでなくいろんな国の人がいて、それだけ異国の文化を学べる機会も多く、そういうことをプラスに捉えられる方にはとっても魅力的なんじゃないかなと思います! 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 クラスを見ていると、一度社会人になってから留学に来ている学生は、やはり意欲が高く、授業を真面目に受講し、一発でしっかりとクリアしている人が多いように思います。ポイントは、いかに自分をコントロールして、時には誘惑を断ち切って勉強に集中できるか!そして、バランスよくバンクーバーを満喫できるかです! なんとなく楽しみたくてくる人にはオススメしません!「すごく勉強したい!」っていう方や「BCIT本科に通いたいコースがある」という方「バンクーバーで働きたい」という方に強くオススメします!
canada_s44週間2017年08月02日
【Total 】 基本的には、きちんと授業を受けていれば、落ちることなく100~600までストレートに卒業できます。(ただ、何度も落ちている人、いなくなる生徒もかなりの数います。)なのでお金はかかりますが、英語にあまり自信がなくBCIT本科に入学したい人には、IELTSよりISEPのほうがおすすめです。 アカデミック学校でリーディングとライティングにフォーカスを置いています。逆に言えばスピーキングとリスニングにフォーカスを置いていません。(BCIT本科で、スピーキングとリスニングの足りなさを痛感しました。) カリキュラムは先生ごとに異なり、評価指標も先生によって異なります。 生徒は80%が10代20代の中国人で、日本人は少ないです。 またインターナショナルスチューデントのためのアクティビティなどは提供していません。 【What are recommended points?】 授業数も多く、宿題もあるので、英語に集中できます。人間的にいい先生もたくさんいます。 【What are your valuable experiences?】 この学校で4人ほど日本人の女性と仲良くなったのですが、みんな30代前後で、同世代の女性と仲良くなれたことが嬉しかったです。
武田明子2週間2017年12月13日
【総評コメント】 夏にどうしてもグループツアーでカナダに行きたかったために、その手段として留学をしてみようと思いました。カナダのなかでも特にバンクーバーの治安は良いらしいので、日程と照らし合わせてカナダへと留学しました。 海外旅行へは結構頻繁に訪れているのですが、半月ほども滞在するようなことは未経験でしたね。でも、特に心配よりもカナダを満喫したいという思いのほうが優先していました。 授業で多かったのが、大勢の前で出し物をするという類のものでした。その出し物を成功させるために、同じグループのなかでディスカッションを重ねたりしたのですが、このディスカッション自体が私の英語力を磨いていったのだと思います。 それ以外では、日本の英語の授業のような感じのものもありました。私はカナダでも日本のように文法を学習するとは思っていなかったのですが、ほかのクラスメートが読んだ英単語を講師が修正している状況は、とても参考になります。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 授業の合間には、スポーツを楽しみました。バスケットボールやバレーボールなど、多くのスポーツを通じてより仲間を獲得できたように思います。また、英語のみならず、ポルトガル語やイタリア語などを教えてもらったことも新鮮でした。英語を喋ることによって、感情移入できたことが、私の英語力をアップさせているのだなと感じました。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 私は滞在していたのですが、家族は両親と娘2人の4人家族でした。家族の皆さん優しく、ドライブにも連れて行ってくれたほどです。私以外にも4人の留学生がいたのですが、皆英語が上手いのです。まるで、カナダの人かと思わせるほどでした。 カナダは夜の9時時点でも暗くならないのです。これがまた衝撃的でした。英語だけでなく、そのような生活習慣についても触れることが可能なので、いい思い出になることは明らかです。

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む