Billy Blue English School

★★★★★
★★★★★
4.00
1
日本語可
オーストラリア
シドニー
----
----

基本情報

正式名称
Billy Blue English School
通称
Billy Blue English School
オーストラリア
都市
シドニー
住所
Level 24, 680 george Street Sydney NSW 2000
設立年度
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
オーストラリアの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

booboo705348週間2017年08月16日
高校卒業後に1年間語学留学をしました。 もともと英語が得意だったわけでもなく、初めての飛行機で初めての海外、おまけに人見知りという、今考えるとまったく留学に不向きな私でしたが、親の後押しもあり、気付けばシドニー空港で迎えのスタッフを待っていました。 緊張しすぎてその時の記憶はあまりありませんが、覚えていることは、迎えのスタッフに頑張って話しかけていた自分、ホームステイ先に着いた時に出迎えてくれたお父さんとお母さんが優しそうで安心したこと、案内された部屋がとても素敵で感動したことです。 それから入学式までの数日間、ホームステイ先の家族に街を案内してもらったり、ボートに乗せてもらったり、シドニー観光を楽しみました。 英語でコミュニケーションが取れるか心配だったのですが、辞書を片手に身振り手振りでなんとか伝わるものなんだとその時に感じました。 ただ、急に英語しか話せない世界へ飛び込んだからか、シドニーに着いて数日後に英語の文字が飛び交う夢にうなされました(笑) そして入学式当日。 韓国、台湾、タイなどアジア人が多く、もちろん日本人も数名いたのですが、全く面識がない日本人なのに、なぜか古くからの友達に会ったような不思議な感覚を覚えました。 きっと右も左もわからない海外で、同じような状況の仲間を見つけたからだと思います。自然と仲良くなりました。 クラスは語学レベルによって分かれていて、レベルが上がるごとにクラスも上がっていくシステムでした。 もちろん私は一番下のクラスから始まり、最終的には一番上のクラスまで上がることができました。 先生は現地に住む方々が中心で、皆さんフレンドリーに接してくれました。日本が好きで日本語を少し話せる先生もいました。 授業も流行りの曲や人気のテレビ番組を使うなど飽きない工夫がされていて、とても楽しかったです。 休み時間にはみんな教室の外に出て、他国の生徒たちとの交流を楽しみました。 私は韓国人と特に仲良くしていたのですが、先生に「あなたは英語より韓国語のほうが上手に話せるようになったんじゃない?」とからかわれたりしたものです。 とにかくみんなが仲良しで、毎日楽しく通うことができました。 1年間、良いことばかりではなく悩むこともありましたが、いま思い返しても、あの1年間はとても短かったけど内容の濃い、私の人生に無くてはならないかけがえのない時間だったと思います。

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む