キャストレイニングインターナショナルカレッジ

★★★★★
★★★★★
4.76
1
日本語可
オーストラリア
シドニー
----
----

基本情報

正式名称
Cass Training International College
通称
キャストレイニングインターナショナルカレッジ
オーストラリア
都市
シドニー
住所
Level 1, 53-55 Liverpool St Sydney, 2000
設立年度
1989年
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
ホームステイ、学生寮
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
オーストラリアの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
ホームステイ、学生寮
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

mym8週間2019年05月18日
"学校を決めるとなった時に、紹介された幾つかの学校があったのですが、最終的に学費を抑えること、学生の国籍バランスを重視し、選んだのがCass Training International Collegeです。聞いたこともない学校だったので心配はしましたが、最終的に私はこの学校に入ったことに満足しています。 まず入学して分かったことは、立地は交通の便がよいシティの中心近くにあり、学校自体のスケールもマンモス校のように大きすぎず、学校に慣れてきたころには、クラスの違う生徒も喋ったことはなくても顔は知っているというという感じです。私が通っていたころは日本人生徒の割合も思っていたより少なかった印象を受けました。クラスはレベルごとに4つか5つにわかれており、Intermediateの生徒が多かったです。私のレベルは15人ほどだったと思います。その内日本人は私ともう1人いたかいないかという感じです。ヨーロピアン、南米からの生徒、アジア人とバランスはよかったです。学校全体でみても、これは言えることだと思います。先生の教え方についてですが、これは人によると思うので、ここでは割愛します。 語学学校を卒業した後、大学進学をする人や専門職のカレッジに行く生徒は比較的まじめに参加していたと思います。ただそうでないような感じの人も見受けられたのは事実です。 とにかく、こっちの語学学校でやることと言ったら、私はスピーキングだと思います。スピーキングといっても、正確な英文法でしゃべることを目標にするわけではありません。英語で話す時のミスを恥じらったり、自分はまだ話せないしといったようなネガティブな気持ちを忘れることが、まず必要だと思います。語学学校以外で会う人でも、正直言っていることがめちゃくちゃな人もいます。それでも、会話の瞬発力やコミュニケーション力の高い人は、何の不自由なく会話しているように見えます。 まずは、こういった殻から抜け出すキッカケを学校でみつけてみるのも、英語が上達する一つの要因ではないでしょうか?"

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む