サリナ ルッソ インスティテュート オブ テクノロジー

★★★★★
★★★★★
3.07
2
日本語可
オーストラリア
ブリスベン
----
----

基本情報

正式名称
Sarina Russo Institute
通称
サリナ ルッソ インスティテュート オブ テクノロジー
オーストラリア
都市
ブリスベン
住所
349 Queen St Brisbane QLD 4000 Australia
設立年度
規模
認可
オーナー
学べる言語
英語
滞在方法
設備
門限
立地・周辺環境
祝日
オーストラリアの祝日情報はこちらをご覧ください。 ※祝日授業有無はお問い合わせください。

滞在先/宿泊先

設備
洗濯
掃除
宿泊形態
入退寮日
レンタル可能品
なし
その他

口コミ

Reina Hirai36週間2015年12月16日
【総評コメント】 校内は母国語禁止で、日本人同士であっても英語で話すルールになっています。 専門学校付属なので、同じビルの中には、オーストラリア人学生もたくさんいるので、現地の人とかかわれる可能性は高い語学学校だと思います。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 もともと運営している会社がオーストラリアで有名な人材会社であり、その専門学校付属の語学コースです。そのため、一般英語コースを修了した後にそのまま専門学校のディプロマコースに進学したり、TAFEや大学へ進学する生徒が多い印象でした。 専門学校のほうに入ると、ワークプレイスメントも充実しているので、現地で仕事をする体験などもできます。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 せっかくの留学期間なので、現地で体験できることはできるだけやってみるといいと思います。 特に、入国してすぐのころは、わけがわからない状態ですが、留学生同士でも何か誘われることがあればとりあえずかかわってみると、語学の上達も早いです。 私は、自己資金にも限りがあったので、どうしても勉強&バイト中心でケチケチしてしまっていましたが、旅行などの娯楽も含めて、資金に余裕があればよかったなー・・・とも思います。
chrotanu40週間2017年08月22日
【総評コメント】 オーストラリアのブリスベンは気候も温暖で過ごしやすく、田舎過ぎず都会過ぎず、快適に過ごせる町でした。そんな中心地にあるサリーナルッソは交通アクセスも良く、周りには商業施設もあったので立地が最高の学校でした。講師もおおらかな人が多く細かいことは気しない感じで冗談を言い合ったり、友達のような関係が気づけるフランクな風潮です。国際都市ブリスベンならでは、学生も現地オーストラリア人をはじめ、いろんな国の人たちが一緒に学んでいます。 【その他、この学校について特筆すべき点は?】 語学学校でもあり、専門学校でもあるので、語学だけでなく専門のコースを選択すれば+αのことが学べる環境です。私はホスピタリティーコースを選択したので、ビジネス英語のクラスを終了した後、ホテル業務についての授業を受け、コースの最後に1か月間ブリスベンヒルトンホテルでのインターンシップに参加しました。またビジネス英語のクラスで担任だった先生の紹介もあり、日本食レストランでアルバイトを始めました。学校に行きながら、アルバイトをしている学生はたくさんいました。学校の授業では使わない接客英語を使うことができたのでとても良い経験になりました。またアルバイトを通じて出会った人もいますし、チップの文化を肌で感じることができました。アルバイトで貯めたお金は最後帰国前にシドニーやメルボルンに旅行に行った費用にしました。 【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】 まず、日本人の留学生が多いができるだけ日本人以外の友達を作ることが大事だと思います。日本人同士で仲良くなってしまうと会話が必然的に日本語になってしまうので、英語が早く上達したいなら英語漬けの時間になれた方が良いと思います。そして週末はBBQやいろいろなイベントに誘われるので、積極的に参加して交流を深めることが語学上達のポイントになると思います。 また最初はホームステイでその国の文化をいろいろ教えてもらえるし安全で良いと思うのですが、長期滞在となると費用がかかるので、ある程度慣れてきたらシェアハウスに住んでみるのもとても貴重な経験になると思います。インターネットでも探せますが、学校が斡旋しているものもあるので、安全面なども考慮しつつシェアハウスに住んでみるのも英語上達の鍵になると思います。私はネーティブのオーストラリア人とノルウェーから来ていた留学生と5人くらいで約7ヵ月ほどシェアハウスに住みましたが、コストも削減でき、楽しい思い出を作ることができました。

満足度の高かった人気学校ランキング

学校の特徴で絞り込む

エリアを絞り込む